日本の農薬基準を満たした安渓鉄観音の探索

[2016.07.29] Posted By

 

IMG_2470
中国福建省の安渓に数日間滞在し、安渓烏龍の仕入を行いました。安渓と言えば鉄観音の産地として非常に有名なお茶の生産地域です。また、安渓はミン南地方と呼ばれ、東南アジアの華僑、台湾人の故郷としても知られております。

安渓鉄観音は中国でもトップクラスの農薬使用量

安渓に出張した一番の目的は日本の農薬基準を満たす鉄観音を仕入れることです。安渓のお茶は中国国内での人気が高く、他産地のお茶と比べると、国内需要がその殆どを占めます。中国では未だ消費者の間での農薬に対する意識があまり高くなく、ゆえに、国内販売を主力としている安渓鉄観音に関しては、農薬が多種多様に使われております。特に、他のお茶よりもやや遅くに摘まれる鉄観音の場合、虫害を受けやすく、中国のお茶の中でも鉄観音ほど突出して農薬使われるお茶は他に類を見ません。このような状況により、安渓で無農薬、或いは日本の農薬基準に合致したお茶を探すのは非常に難易度が高いのが実情です。

IMG_3371

品質的に不満足な有機栽培茶

安渓にも有機茶園は存在します。もちろん、有機茶園から購入すれば、農薬問題は問題ありません。ただ、私にとって有機茶園から鉄観音を購入するという選択肢はありません。それは、特に中国の場合、有機茶園産の品質が極めて良くないためです。一般に、中国で有機認証を取得するためには、審査や諸々で日本円にして数百万円の費用がかかると言われております。また、数年毎に認証を更新するわけですが、そのたびに再び100万以上の費用がかかります。このような重い投資ゆえに、有機認証を取得している茶園は大手の経営が殆どです。有機認証取得のために、非常に多くのお金を費やしているために、肥料(有機ですが)を大量に施し、成長を極限まで高めている茶園が殆どです。結果的に農業の点でも、製茶の点でも「量産」になりがちで、これまで有機茶園の鉄観音で満足の行く品質に出会ったことがありません。

IMG_2560

大手工場での鉄観音の手選別風景

茶園を所有する農家に日本基準の作り方を依頼

このような事情から、日本の規準に合致し、かつ、質の高いお茶を仕入れるためには、有機栽培企業を数当たるよりも小規模で質の良い鉄観音を作っている生産農家を指導することで、日本基準に合致した農薬プログラムに準じてお茶の生産をして貰う方が現実的と考えております。このような事情から今年は鉄観音の仕入は行わず、来年以降を見据え、農薬の使用基準等にかんする話し合いに終始しました。今年生産した鉄管音は仕入れませんでしたが、生産者が今年作った鉄観音の農薬370種類を私が分析することで、実際に検出される農薬とその量を再評価し、具体的に農薬を見直すことにしました。来年以降、良い鉄観音が仕入れられることを祈っております。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …
伊賀天然朱泥と佐渡の無名異上赤急須が入荷!
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の急須と、佐渡島の渡辺陶三氏作の無名異上赤急須が入荷しました。 村田益規作の伊賀天然 …
森の中の茶園と日当たりの良い茶園はどちらが理想?
お茶の品質に影響する重要な要素の1つに「日当たり」があります。一般的に日本や台湾では日当たりの良い茶園が好まれ …
中国現地でも入手が困難な高山紫紅茶を発売
高山紫紅茶を発売しました。このお茶は紫茶という野生種系のお茶から作られた非常に珍しい紅茶です。 雲南省でも珍し …
馬鞍山古樹熟茶2016を発売
馬鞍山古樹熟茶を発売しました。このお茶は2016年産の生茶を原料に発酵された毛茶(粗茶)を2017年に仕入れ、 …
プロでも分かり難い鉄観音の値段の謎
お茶のプロでも分かり難い安渓鉄観音の値段を決める要素について、私の仕入経験に基づき説明したいと思います。 鉄観 …
ミルクティーにもお勧め!雲南古樹紅茶入荷
暫く商品が切れておりました雲南古樹紅茶が入荷しました。農薬はもちろん、肥料も一切使用せずに作られた自然栽培茶で …
水出し茶やミルクティに相性抜群!黒鉄観音発売
安渓産の黒鉄観音を発売しました。 鉄観音を特殊な方法で炭焙して作り上げたお茶 このお茶は安渓の鉄観音種から作ら …
日本の農薬基準を満たす安渓鉄観音の仕入
中国の安渓を訪問しお茶の仕入を行いました。今回は鉄観音の仕上げ方法の打ち合わせと茶園、工場の訪問が主な目的でし …

PAGETOP