布朗山でのプーアル生茶の買い付け

[2011.04.22] Posted By

今回の雲南省の旅で最初に訪れたのは布朗山という地域です。
布朗山は四双版納郡の南部に位置しており、その昔から良質のプーアル茶が作られることでよく知られている地域です。この地域は完全に少数民族で構成されており、今回お茶を購入したのは布朗族とハニー族でした。
布朗山のような超田舎地帯での買い付けをする場合、基本的にお茶を試飲する機会はありません。お茶を飲めるような環境ではなく、農家で大切に保管されているお茶を検品して買う買わないを決めます。
基本的に、農家の人々はお茶に関する知識は非常に乏しく、値段は木の樹齢で決まります。木の樹齢が古いほどに値段が高くなり、若い木ほど安くなります。
但し、実際には品質は樹齢だけでなく、土壌の質、肥料の種類、お茶の品種、標高などの様々な要素により決まるため、樹齢による値段の設定は、お茶の品質とは相関しておりません。
この為、お茶が飲めなくても品質評価をしなければなりません。プロの間で用いられる品質評価は、香りによる判断です。乾燥した茶葉を鼻に近づけ、一気に香りを嗅ぐことで香りの質量を評価します。
品質の高いお茶は、香りが下、つまり、胸に流れ、品質の低いお茶の場合、上、つまり鼻から抜けてゆきます。香りの種類がどうのこうのではなく、まずは、香りの流れ方を評価します。
例え香りの良いお茶があったとしても、香りが軽い(上に抜ける)場合、香りが豊かさに欠けるため購入はしません。つまり、香りの質量が一定条件を満たした時点で初めて香りの質を評価します。
香りの質量は、ミネラルを反映しており、香りの種類は有機化合物を反映しております。
私の役目は、片っ端から香りを嗅ぎ、品質を振り分け、値段を見た上で買う買わないを決めることです。
但し、次ぎ次と訪れた村や山で、様々なお茶を数十キロ、数百キロ単位で買うため、それに対する支払いやその後の輸送方法が重要なポイントになります。
私の場合は、既に5-6年一緒に働いている、ロジスティック担当の中国人青年がおります。彼は私について色んな場所へ行き、私が買ったお茶の支払いをし、中国国内で脱酸素パックし、運び出す役目を担っております。長いこと一緒に仕事をしており、私が信頼している人物です。彼にはお互いに取り決めした割合のコミッションを支払うことで、私と持ちつ持たれつの関係になっております。この仕組みは非常に効率的に機能し、人に頼らないで直接お茶を買うことが出来ます。
毎年雲南省を訪れることで、様々な村や生産者と信頼関係を築きあげております。非常に効率的な買い付けを行っているため、将来は国内卸などの原料供給もしたいと願うところです。
B01.jpg
作りたてのプーアル生茶:この様な状態で出されます。この香りを嗅ぎ、品質の評価をします。
b04.jpg
茶摘みをするハニー族の女性:この人の家に泊めてもらったのですが、翌日は1日中農作業を手伝わされました。少数民族の男性は概して怠けており、殆どの農作業と重労働は女性が担当します。
b05.jpg
b06.jpg
茶摘みをする布朗族(プラン族)の女性
b07.jpg
同じく茶摘みをするプラン族の女性
B02.jpg
少数民族の典型的な家:家は村の人々が協働して作られます。
b03.jpg
少数民族の庭作では、プーアル生茶が作られておりました。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP