お茶の知識が無くても簡単。紅茶を自宅で手作りする方法

[2011.06.09] Posted By

black tea-8

先日、自分でお茶摘みをし、自分で紅茶作りをしました。
私の住む長野県では、その昔は多くの家にお茶の木があり、自家用のお茶が作られておりました。
現在はリンゴを初めとする果樹が盛んとなっておりますが、標高が高く昼夜の温度差が大きい事から、果樹に限らずお茶も極めて高い品質の原料が作られます。
但し、いつの間にかお茶を作る文化そのものが衰退し、今ではお茶の木は土手に数本残っている(放置されている)程度となってしまいました。
私の家にも数本のお茶の木が大昔からありますが、これまでは完全に放置されておりました。これらは雑種で、いわゆる在来種と呼ばれるお茶です。
今年は雨が続いたことから茶摘みのタイミングが合わず、芽がやや大きくなってしまいました。
そこで、緑茶ではなく、紅茶にすることにしました。
紅茶作りで重要になるのは、他でもない萎凋です。紅茶作りは萎凋に始まり、萎凋に終わると言うほど萎凋が重要です。揉捻後の発酵は、正直どうでも良い程度に重要ではありません。
萎凋とはただ単に水分を除くだけではなく、最も重要なのは、脱水ストレスと外部ダメージを与えることで発酵を促すことです。
萎凋と言っても色んなやり方があり、この萎凋のやり方で香りの質が決定します。
スリランカ、インドネシア、マレーシアなどのように最近に開発された紅茶工場の場合、萎凋はただ単に茶葉を堆積し、下から空気を送っているだけです。
非常に効率的で大量生産に向く方法ですが、この方法で萎凋された茶葉の場合、花のような、或いはフルーツのような香りは期待できません。
紅茶の発祥の地は中国であり、世界トップクラスの紅茶が作られているのもやはり中国です。
中国における紅茶の作り方は、烏龍茶の作り方と非常に似ております。
萎凋は時間をかけ極めて少量ずつ行われ、様々な方法で攪拌を行うことで、萎凋中の発酵を促します。
一晩萎凋(攪拌)&発酵した時点で火を入れて、発酵を止め、その後揉んだのが烏龍茶ですが、中国の紅茶(高級な)の場合、ここで火を入れずに揉み、更に静置することで発酵を促します。
つまり、高級な紅茶作りをする場合、作り方は極めて烏龍茶のそれに近く、違いは萎凋により花のような香りを引き出した後に火を入れてしまうか、或いは、更に揉んで追加的に発酵を行うかと言ったところです。
東方美人などは、烏龍茶なので萎凋後に火を入れますが、火入れを完全に行わずに酵素を何割か残しておき、更に発酵が行われます。このことから東方美人は紅茶と言っても良いお茶です。
私の紅茶作りでも、中国紅茶のように烏龍茶の萎凋を取り入れ、攪拌と静置を何度も繰り返しました。
ただこの過程で、茶葉の酸化が完全に制御できなかったため、やや黒褐色の色が出てしまいました。
これに関しては、更なる萎凋技術の改善が必要と感じました。
黒褐色の色が出てしまった場合、いわゆる蒸れ臭がします。この香りは普通は殆ど気になりませんし、お茶に深く関わってないと中々気づかないレベルかも知れませんが、2煎目以降はより気になります。
ただ、一連の作業を通じて多くを学ぶことが出来満足しました。
今回特に学んだ点は、

1.お茶を摘むときに均一な状態の茶葉を摘まないと水分量が異なるため、萎凋時にさっさと乾燥してしまう葉と、何時までもみずみずしい葉に分かれてしまい、均一な結果が得られない。萎凋を伴う紅茶作りの場合、摘み方が特に重要であり、機械で摘まれた茶葉の場合、萎凋を大きな葉、つまり水分の少ない葉に合わせるしかないため、当然品質は落ちてしまう。

2.萎凋を行う際には、水分量と攪拌の頻度と程度が重要である点。未だ水分量が高い状態で、攪拌をしてしまうと、酵素反応が一気に進んでしまい、暗褐色の茶葉が生じてしまう。
とは言うものの、自分で作った紅茶はとても貴重です。
今回は1kgくらいの茶葉を収穫したのですが、実際に出来たのは200g以下でした。
2番茶では、プーアル生茶を作ってみたいと思います。
black tea-2
こちらが土手に生えているお茶の木:写真は収穫後に撮影しました。
black tea-5
収穫後の写真:ちゃんと手で摘みました!
black tea-4
最初に30分~1時間の日光萎凋
black tea-3
室内萎凋の初期の状態の茶葉
black tea-7
翌日、手揉み完了後の茶葉:完全に手で揉むのって想像以上に大変でした。息子も動員して揉みまくりました!
black tea-6
完成後の紅茶 (北城紅茶)

完成後の紅茶

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP