• ホーム >
  • アジアでの起業とビジネス運営

今私が宿泊しているのは、中華系マレーシア人(華僑)の友人の家です。彼とは既に7年の付き合いになります。
東南アジアで仕事をする上で、信頼できる中華系の友人がいることは非常に重要な要素です。彼らは親友のためであれば、ありとあらゆる事に骨を折ってくれ、私も何度助けられたか分かりません。以前にも書きましたが、会社との付き合いを重視する日本の文化と異なり、個人対個人の付き合いを重要視するアジアでは、友人が起業するとなれば本人はもとより、家族や親戚までもが応援をしてくれます。
本当の意味での「親友」になるためには、知っておかねばならない付き合い方があります。その心得に関し簡単に説明させていただきます。

様々な出会いの場

先ず、出会いは色んな場で有ります。友人の紹介、仕事関係、飛行機で隣だった、買い物中に話があった等々・・・・です。私の変わった友人に、マレーシア航空のチーフパーサーがおります。彼は私が飛行機に乗ったときに知り合いました。彼らはどのようなTPOで出会ったかに関係なく、その後も比較的まめに連絡をしてくれます。時には食事やパーティーに誘ってくれることがあります。日本的な考え方だと、社交辞令と受け止めがちですが、実は彼らは本気で誘ってくれていることが多いのが実情です。ただ、ここで断ったら、関係の更なる発展はありません。日本人は概して興味を持たれがちなので、多くの人々から声がかかりますが、やはり付き合う相手を十分に選ぶ必要があります。当然異なる文化圏の人たちなのだから日本の価値観を求めても無理です。私が付き合う相手を選ぶ最低の基準は金銭感覚とモラルです。金銭感覚が極端に異なる場合、お互いに気を遣うことが極めて多く、性格的に一致していてもなかなか上手くいかないことが多いように思います。

親友になるには家族ぐるみの付き合いが大切

夕食や旅行等々様々な企画で誘いを受けることがありますが、彼らに本当の友人として認めて貰うためには「家族ぐるみの付き合い」が絶対に条件となります。お互いの家族が親しくつきあえて初めて親友なのです。幾ら本人同士の仲が良くても、それでは不十分なのです。
一端家族ぐるみの付き合いが始まると、今度は親戚や友人ともつきあわねばなりません。私の場合、クアラルンプールの友人宅に遊びに行くと、必ず1晩は親戚全員との大ディナーに参加しなければなりません。最初は私も尻込みします。一度に10-20人と付きあわねばならないわけですから。友人の親戚筋だけでなく、友人の奥さんの親戚筋とも付き合わねばなりません。本当は顔見知りである友人宅でゆっくりとくつろげたらどれだけ良いかと思いました。でも、今ではそのような付き合いも慣れてしまい、全親戚の子供達の名前まで覚えてしまいました。
彼らには友人の友人は友人、友人の親戚も友人という感覚があります。例えば、私の友人がペナンに遊びに来ていたときのことですが、「今からクアラルンプールに帰るのでシャワーを借りたいと電話がありました。」その後、簡単なお茶菓子を準備して待っていると、友人だけでなく、親戚達も大挙して私の家にやってきました。彼らは自由に我が家でくつろぎ、色んな部屋を見て回り、我が家のシャワーは20人くらいにより代わる代わる使用されました。日本人の感覚からしたら非常に失礼な話ですが、ここはマレーシアであり日本ではありません。そう言うものなのだと思わねばなりません。その代わり、私が困ったことがあると、友人本人だけでなく、彼の親戚友人が大挙して助けてくれ、その機動力たるや凄まじい物があります。

華僑ネット-ワークの凄さ

私が華僑ネットワークのすごさを実感したのは、次の出来事でした。私はマレーシアのキャメロンハイランド産の茶葉を使いOEMで独自の品質の紅茶を作ろうと考えておりました。最初はキャメロンハイランドへ行き各茶プランテーションの事務所に行きました。しかしながら、相手をしてくれる下端には到底そのような決断が出来るわけでもなく、盥回しにされたあげく、全く気の利いた結論が得られませんでした。社長と話が出来ない限り進展がないと判断しましたが、どうしたら社長に話が聞いてもらえるか分かりませんでした。ペナンに戻った後、友人と相談したのですが、こんな時、彼らのネットワークは予想を超越した活躍をしました。友人の友人、親戚の友人を初め、様々な方面に連絡が取られ、最終的には社長を紹介して貰えてしまったのです。
マレーシアの社会は強力な人間関係により支えられている面が強く、それは個人対個人の点の付き合いではなく、家族や友人単位で付き合う網目状の付き合い方をします。まさしくネットワークと呼ぶにふさわしい人間関係です。
アジアでの人間関係は日本の田舎の付き合いと非常に似ており、社会の中での助け合いが徹底しております。面倒な部分と大変有益な部分の2極性がありますが、社会の仕組みや組織に対する信用が不完全な発展途上国では必要不可欠だと思います。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP