縄文人に学ぶ信じられない素材と味の関係

[2011.09.03] Posted By
sekki03.jpg
前回のブログでは縄文人が使っていた縄文土器は水やお茶の味を美味しくする事について説明しました。
今回は、「石器」について色々調べてみました。
石器は縄文人がナイフ代わりにしていた道具で、縄文土器と共に出土します。私の家の畑からは、その昔、縄文遺跡が丸ごと出土したこともあり、畑の周辺を探し回ると土器の破片やら石器、ヤジリなどを見つけ出すことが出来ます。注意してみると、私の家の周辺で出土する石器の殆どが黄緑色の石で作られております。。
私の家の周辺には天竜川の支流も何本も流れておりますが、それらどの川も花崗岩を中心とする石で構成されており、緑系の石は全く見あたりません。唯一黄緑色の石が豊富にあるのは天竜川の河原です。ここから天竜川までは3-4kmもあるにも関わらず、縄文人が石器を作る際には、常に特定の石を使用している点に興味を持ちました。縄文人には石の材質にこだわりがあったのでしょうか?子供の頃から、石器は硬くないと駄目だから、天竜川の石が使われたと聞かされておりました。家の周りには探せば石英を多く含む石もあり、硬さに関してはこちらの方が上です。但し、石英は硬すぎるので加工に不向きだった為、石英を使って、緑の石を削っていたのかも知れません。
今回は石の材質と味との関係に着目してみました。石器に使われている石をお茶や水に触れ、味の変化を評価しました。
その結果、石器を触れたお茶はどれも味がまろやかになることが判明しました。石器をオレンジジュースにも触れてみました。味が一気に濃くなり、まろやかで、まるで採れたてのジュースのように変化しました。ビールに触れたら、まるで高級ドイツビールのようになりました。
通常、緑や青系の石の場合、亜鉛や銅を多く含むために、茶や水の味をフラットにしたり、渋くしてしまいます。
良い例が、宜興の緑泥茶壺です。緑泥茶壺の場合、どんなに有名の作家が作った作品でも決してお茶の味を良くすることはありません。
このことからも、縄文人が石器に用いていた石で味が良くなるというのは、緑の石としては極めて例外的です。縄文人は石器が味を良くすると言うことを知っていて、この石を選んでいるのでしょうか?昔の調理法と言えば、食材をチョップしたり、磨り潰してたわけですので、石の材質がよい場合、素材の水分と触れ、味が確実に良くなるはずです。
これは偶然の出来事なのでしょうか?
私は縄文人は非常に感性が高く、この様な事実を把握した上で材質を注意深く選んでいたのではないかと考えております。
今後も更に縄文人の研究をしてみたいと思います。
sekki01-2.jpg
自宅から天竜川を臨む:望遠レンズで撮影
sekki02.jpg
石器

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP