佐渡の朱泥で宜興の朱泥と同等の性能の茶器をプロデュース

[2011.10.26] Posted By
sado new clay
渡辺陶三氏の作品

私はこれまで日本の土で、中国宜興並みの優れた性能の急須を作れないか様々な試行錯誤を繰り返してきました。

 

優れた急須に求められるもう一つの機能

急須には2つの役割があります。1つめは言わずとしれた、お茶を淹れる役割です。
2つめですが、土と触れることでお茶が美味しくなります。美味しくなるとは、喉越しが増し、コクのある余韻の強いお茶になることを指します。但し、この様な土は非常に限られております。その理由として:

  1. 日本の場合、轆轤を使用することから、轆轤でひきやすいように土が予めブレンドする習慣がある。各土に含まれるミネラル間で性能が相殺されている。
  2. 焼成温度が高すぎるために、土の粒子が溶けてしまい、多孔性が失われる。
  3. 作家は急須を作る専門家だが、お茶の味を評価する専門家ではないため、昔から使われている土を使い続けており、味に着目した土選びをしていない。
  4. 鉄分以外に、マグネシウムや亜鉛などが含まれると、味を悪くする場合がある。
  5. 最近では土作りをせず、土業者がブレンドした土を購入し、利用する作家が多い。

伝統的に2種類の土をブレンドして作られる無用異焼

私は数年前より佐渡の焼き物を日本及び世界に紹介してきました。佐渡には、(旧)相川町にある相川金山周辺から採取される赤土を使い、無名異焼という焼き物を作っております。無名異焼には、赤い土と黄色い土が混ぜて使用されます。赤土は粘土が低く、サラサラしているために、粘性を出すために野坂という黄土を加えることで轆轤での成形を可能にしております。

 

宜興の朱泥とは色が異なる佐渡の無名異土

2種類の土がブレンドされて作られる無名異焼ですすが、地元では赤土が重要視されており、急須作家も良質な赤土を入手するために大変な苦労をされております。しかし、、宜興における朱泥は、もともと黄色の土です。黄土色をした原土を焼くことで、朱色になります。朱色というのは、習字で修正したりするのに用いるオレンジ色かかった艶のある赤色です。朱泥の場合、鉄分の純度が非常に高く、亜鉛、マンガン、マグネシウム、銅などのミネラルが非常に低い土と言われております。

 

灯台下暗し!実は優れた性能の野坂土

じゅうらい野坂土は粘性を高めるだけに用いられており、不思議にも野坂100%の茶器は作られておりませんでした。そこで、2種類の土、赤土、野坂の原土を焼成し、それぞれの土がお茶へどう影響するか確認しました。作家さんに野坂土100%でテストピースを作ってもらい、味の評価をしました。

評価して吃驚!何と、野坂土の方がお茶の味を遙かにまろやかにすることが分かりました。

 

野坂土100%を使い急須を試作

上記結果に基づき、清水謙氏と渡辺陶三氏に野坂土100%による茶器の製作を依頼し、最近になり遂に作品が完成しました。両作家共に野坂土を使っておりますが、同じ佐渡島内でも土を取得する場所がそれぞれ異なるため、性質が多少異なります。

両氏の作品共に、これまで私が体験したことのある日本の急須とは性能のレベルが違います。正直、信じられない位に味が変わります。
私は文化大革命前に制作された宜興製の朱泥茶壺を所有しており、この性能を宜興最高レベルと定義して、これまで日本製の茶器づくりを行う際の目標にしておりました。今回制作した茶器はその性能を遙かに上回る物でした。

これら茶器の販売は年末から開始し、制作状況に基づき徐々に展示品を増やしていく予定です。
来月には佐渡に出張するため、更に詳しい情報をお伝えできると思います。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP