食品やお茶の味を変える縄文人御用達の石

[2012.01.04] Posted By

green_stone.jpg

私の家の周りには縄文遺跡が沢山出土します。縄文人というと、原始的な人たちを想像するかも知れませんが、縄文時代と言えば中国は漢の時代でした。史記にでてくる時代であり、とうぜん縄文人も現代の私達と同じレベルの知能をゆうしていたはずです。
違いと言えば、現代のように、あらゆる分野を勉強する必要が無く、むしろ限られた分野、特に自然科学に知識が特化していたのだと思います。したがって昔の人がやっていたことは意外に合理的で、本質を突いた内容が多いことに驚かされます。

 


私の家の畑ではその昔縄文人の遺跡が発見されたこともあり、今でも歩き回ると、ヤジリ、縄文土器、石器が見つかります。
縄文人は素材へのこだわりがかなり強かったと見え、ヤジリなどは近隣でとれる石ではなく、黒曜石が使われております。長野県でも黒曜石がとれる地域は極限られているため、当時も他の地域と石の貿易(物々交換)が行われていたのでしょう。
最も注目すべきは石器なのですが、その殆どが緑の石で作られております。石器に切る事だけを求めた場合、石英でも作れるはずですが、不思議と緑の石だけが使われております。
この石は天竜川に割と豊富に落ちている石から加工されております。他にも青い石もありますが、縄文人は青い石は選ばずに緑の石を好んで選んでおります。私の仮説ですが、縄文人の石器には「切断する」という目的とは別に、素材の味を改善するという目的があったと推察しております。
天竜川には色んな種類の石がゴロゴロとしておりますが、この特定の石のみが特に味を良くします。例えば、この石をジュースに触れたり、漬け物に入れたり、ヨーグルトに触れたり、果物に触れるだけで味が劇的に変わります。

 
ご飯を炊くときに炊飯ジャーに入れると、お米の味が強烈に変わります。また、ご飯を炊いている時点で違いに気がつくと思います。
私はこれは偶然ではなく、縄文人はこの事実を知っていて、敢えてこの素材の石を使用していたのかもしれません。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP