鳳凰単叢の紅茶を入手

[2012.01.26] Posted By

現在マレーシアのKLに来ております。
昨日からこちらは中華正月となり、店の従業員が皆実家に戻ってしまっているために、店番をしております。
来月まではこちらマレーシアのオペレーションに携わり、3月以降は茶園を巡り仕入れが始まります。
日本の寒い季候から突然トロピカルな季候へと来たため、体が中々順応できません。
体の周りにもう一層の膜があるかのような変な感触が暫く続いております。
今日久しぶりに様々な紅茶のテイスティングを行いました。
2010年に鳳凰山を訪問した際、鳳凰単叢を原料に作られた紅茶を仕入れました。
業者の方が趣味半分に作った紅茶で、今後は製造する予定はないとのことだったので、「これは逃してはいかん!」と思い、少量だけ仕入れました。
喉越しが非常にやわらかく、独特の味が特徴の紅茶です。
欲を言うと、鳳凰烏龍の作り方で萎凋を行い、最後に少しだけ発酵を加える作り方で仕上げて欲しかったです。この方法で作った紅茶は鳳凰単叢の烏龍のような完熟フルーツの香りがする、伝統的な正山小種とかなり近いお茶になると思います。
私が仕入れた紅茶は、どちらかというとオーソドックスな紅茶の作り方で作られております。このお茶は鳳凰山の中でも烏崠山産で、茶葉の見た目は鳳凰単叢烏龍そのものです。
味ですが、非常に深く柔らかな喉越しが特徴です。喉をスルスルと伝わるように落ちてゆきます。例えるならば、30年以上熟成されたウイスキーかコニャックのような感じです。この表現が適切か分かりませんが、フレッシュなブランデーでとは異なるように感じます。
華やかな香りを放つわけではなく、落ち着いた味わいと、仄かに立ち上る香りを楽しむタイプのお茶です。また、飲むと心地よい苦みが感じられます。この苦みは、夏摘み茶の不快な苦みでもなく、また、野生茶のような朝鮮人参的な苦みでもありません。
カルアーの原液を飲んだときのような、コヒーゼリーのような好ましい感じの苦みです。おそらく、鳳凰単叢特有のポリフェノールが発酵した際に形成された特殊なタンニンの味ではないかと思います。
これまでにない香りと味のお茶で、紅茶好きの人には是非飲んで頂きたいお茶です。淹れ方は蓋碗を用いて、工夫茶方式で淹れてみました。蒸らす時間は数秒ですが、毎回濃い水色が得られ、20煎近く淹れることが出来ました。
今の状態で発売しても良いのですが、私としてはもう少し個性的なお茶に仕上げたいと考えております。
そこで、現在脱酸素状態にて常温下で保存し、熟成を行っております。もう一夏くらい超せばフルーティな香が強くなってくると思います。
今年の夏過ぎに試飲してみて未だ個性が弱いようでしたら、発売は来年の秋になるかも知れません。
写真を取り忘れてしまったので、数日内に写真を撮影しアップしたいと思います。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP