プーアル茶の仕入れのため中国雲南省に半月間滞在 (2012)

[2012.05.11] Posted By

IMG_1457.jpg

半月に及ぶプーアル茶仕入れの旅から戻りました。
今回の旅で感じたこと発見したことを何回かに分けてブログで紹介したいと思います。
プーアル茶の産地を紹介するとき、多くの本は茶馬古道を中心にストーリーを展開します。これは台湾の書籍による影響が大きく、台湾人のコレクターが茶馬古道を煽りに煽った結果と言えます。その結果、茶馬古道の起点となる四双版納のお茶は非常にブームとなりました。

ブームにより崩れるプーアル茶の伝統農法

その昔、お茶の木は少数民族の手で伝統的な方法で維持管理されておりました。つまり、無剪定、無肥料、無農薬で文字通り放置されたお茶は、自然の雑木のようにゆっくりと成長し、それゆえに大変味が濃く香り高いお茶が作られました。まさにエコフレンドリーな方法で作られていたのです。ゆえに、今から数十年前に作られたプーアル茶は、非常に品質が良く、マニアが夢中になるのも分かります。
ところがプーアル茶でお金儲けが出来ると分かった今、農家に大きな変かが生じております。1000年以上続けてきた、伝統的な農業、エコフレンドリーな自然農法から現代的な農業へとシフトしてしまったのです。特に、剪定や施肥が積極的に行われるようになり、茶葉の成長速度が人工的に速められるようになりました。この結果、収量が劇的に増し、品質は劇的に落ちました。但し、多くの人はお茶の鑑定能力がないことから、有名な産地産であれば未だに飛ぶように売れております。
R0010633.jpg
巨大なお茶の老木
IMG_1506.jpg
イー族の生産者と老木

臨滄に残る1000年前と同じ農法

私は今回半月間の殆どを雲南省西部の臨滄市で過ごしました。この地域のお茶はあまり知られておらず、場所によっては未だに昔ながらの自然農法が行われております。自然農法によりお茶が作られているかどうかは、茶園を見ればお茶の葉の形状、色から一目で分かります。特に今回の出張では、交通の便を検証し、主要な街から5時間以上かからないと行けないような僻地のみを目的地として選びました。街から近い地域には多くのバイヤーが足を運ぶために、農家が欲を出し、現代農法へシフトしている可能性が高いためです。僻地の場合、お茶があまり売れないため、また、管理する人がいないことから、茶園が放置されていることが多く、私からすると理想的な状態になっております。

コストパフォーマンスに優れたお茶を入手

結論ですが、予想通り今回訪れた山奥の地域には宝の山が眠っておりました。これまでの私の常識では想像することの出来なかったレベルの喉越しを有する茶葉を非常にフレンドリーな値段で買い付けをすることが出来ました。詳しくは徐々にブログで紹介いたします。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP