雲南省珍料理

[2012.05.16] Posted By

今回、重点的に訪問した雲南省大雪山周辺地域ですが、中国国内のバイヤーで訪れる人も少なく、まして、外国人が来ることは殆ど無い街でした。
ニュースなどを見ていると、中国人は日本人が嫌いという錯覚を持ちますが、それはメディアや政治家が煽っているだけです。
ビジネスで中国を訪れると、温かく歓迎してくれます。また、付き合いを増すにつれ、お互いが理解でき、そうなると人と人の関係に発展します。
国土の広い中国には、当然悪い人もおりますが、優秀で信頼できる人もおります。「中国だから、、、」と国のイメージだけで偏見的な見方をするのは正しくありません。
中国奥地で信頼できる人と出会え、親しくなれるのは、この仕事をする喜びでもあります。
さて、話は変わりますが、中国でもあまりに田舎地帯へ行くと、私はまるでセレブ(パンダ?)のような扱いを受けることがあります。
どういう事かというと、生産者は私を色んな人に紹介したり、食事に親戚、兄弟、同業者、有人等、色んな人が飛び入りで参加します。
皆、「自分の所には日本から遙々お客さんが来たんですよ!凄いでしょ?」と言うことを「さり気なく」人に見せたいのです。
私はその都度、新しい面々と打ち解けないといけないので、結構疲れます。ただ、最近はこういった状況にはかなり慣れました。
レストランなどに行くと、「開業以来初めての外国人のお客さんなんだから失礼がないように」と生産者の人がレストランのオーナーと話をしております。
そして、食事をしているとレストランのオーナーが挨拶に来たりします。
中でも最も印象的だったのは、烏木龍という大雪山と雲県の中間にある街に行ったときのことでした。
標高2000Mにある、小さな街だったのですが、夕食になったらいきなり、その町の町長さん、副町長さん、更に、レストランに着いたら、共産党の街の責任者が全員集合しておりました。(汗)
共産党の責任者と町長の関係は、会社で言う所の、会長と社長の関係、或いは、株主と社長の関係と似ております。共産党の責任者は、実効支配をしている物の、公的な場には顔を出しません。
どうやらそのお茶会社の人が招集をかけたようです。気がつけば、少数民族イー族の生産者はスーツを着ておりました・・・・。
R0010308.jpg
烏木龍の町並み
R0010300.jpg
烏木龍へ向かう途中、沢山の山羊の群れに出会いました。

そして、その日に出てきた食事が最高でした。
メイン料理は烏木龍の脇を流れる川で採れた野生のカエルのスープでした。
私にとってカエル料理は普通に楽しむことが出来る食材です。
東南アジアではカエル料理はごく当たり前で、鶏肉を更に軟らかくした感じの食感です。
多分、雛を食べたら同じような味がするのでしょうね。
そんな私を唸らせたカエル料理がこちら↓でした。
R0010304.jpg
手が見えますよ、、、、
R0010307.jpg
カエルは好きだけど、皮は向いて欲しいです。頭と手も出来れば除去して頂けると・・・・。
しかし、この非常に「政治的」な夕食の場では、私はひたすら笑みを絶やさず、カエルも喜んで食べました。
本当はビデオ撮影をしたかったのですが、さすがにそれが出来る雰囲気ではありませんでしたので、写真のみです。
それにしても、見た目に反して非常に柔らかく、臭みも全く無く、美味しいカエルでした。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP