蒙頂甘露の買い付け

[2012.06.12] Posted By

四川省初日は成都からバスで数時間走り、名山という街に行きました。
名山は四川省を代表する緑茶の産地として知られております。
四川省の緑茶と言われて、直ぐに名前が浮かぶ人は、かなりの中国茶マニアだと思います。
実は四川省は中国最古の緑茶の生産地として知られております。(少なくとも、四川の人はそう思っております。)
四川省における緑茶の生産の歴史は、2000年以上前から続いており、緑茶が生産されていた記録は四川省の寺などに絵や文字として残っているそうです。
R0010931.jpg
蒙頂山でも最も古いお寺:その昔、お茶は僧侶達により作られていたそうです。

お茶の歴史の話になると必ず登場する陸羽ですら、7世紀の人ですから、彼が茶経を書く700-800年前から四川では緑茶が作られていたことになります。
現地の人の話によると、四川にも野生茶があるようで、四川のお茶は他地域から入ってきたと言うより、四川のあった野生茶を栽培したところから始まったようです。
名山で最も有名なお茶と言えば、蒙山で採れる蒙頂甘露という緑茶です。
このお茶はちょうど蘇州のピーローチュンにそっくりのお茶で、若い芽から作られます。
今回は蒙頂山周辺の生産者を訪問し、同時に蒙頂山を1日がかりで周り、茶園の様子を視察しました。
名山地区に到着して気がついた点は、お茶屋が異常に多いことです。バスで走っていると、道沿いのあちらこちらにお茶屋さんがありました。
2000年もの歴史を持つ地域なので無理もない話ですが、余りに観光地化していると言うのが第一印象でした。
先ずは蒙頂甘露の生産でとても有名な工場を訪問しました。
この工場の社長は、蒙頂甘露に関する本なども執筆しており、この地域でも大変有名な方です。
ただ出して頂いたお茶を見ると、芽の色が非常に緑色をしていることが気になりました。
R0010892.jpg
蒙頂甘露の歴史に関して色々教えて頂きました。

今の季節、外に出て土手の草の色を見てみてください。
土手に生えているハルジオンも、ススキも、黄緑色をしております。
これが本来の自然な色なのです。
ただ、このような土手草も一旦肥料が入ると、色が濃い緑色へと変化し、急激に成長します。
私にとって緑色は不自然な色であり、窒素経の肥料や深刈り剪定を示しております。
見た瞬間に、このお茶は買うことが出来ないと感じました。
実際に香りを評価してみても、やはり喉越しが殆ど有りません。
肥料が入ったお茶にはミネラルが蓄積されないため、喉越しは殆ど感じられません。
何故これほどの有名工場でも、この程度の品質なのか茶園管理がどうなっているのか興味があったため、午後はタクシーをチャーターし蒙頂山のあちこちを視察しました。実際に蒙頂山に登ってみると、山の上にも観光客が溢れており、どこの茶園も「青々」というのが相応しい、濃い緑色の茶葉を付けておりました。
殆どの茶園では窒素経の肥料が使われており、また、殆どのお茶の木は深く剪定が行われておりました。
その昔、蒙頂甘露は自然栽培でじっくりと作られたからこそ美味しいお茶が出来たはずなのです。
今では蒙頂甘露の殆どは現代農法で作られており、生産量重視の育て方ゆえに成長が早すぎて感動するようなレベルのお茶が出来ません。
IMG_2146.jpg
蒙頂山の茶園:一見、黄緑に見えますが、実際は緑色。葉のサイズも非常に大きい。

R0010934.jpg
剪定が毎年行われ、肥料が施肥されているために、葉は大きく艶がある。
あれだけ観光客が次から次へと来るとなると、生産量が低い自然栽培ではなく、高生産量が期待できる現代農業に傾くのも無理有りません。
私が蒙頂甘露を買ったかどうかですが、勿論買いました。
但し、私が購入した先は、無肥料農法を徹底した生産者です。
続く、、、

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP