岐阜県、春日煎茶の仕入れ

[2012.06.15] Posted By

昨日、春日に出張し、緑茶の仕入れをしてきました。春日は大垣から北上します。長野からですと、車で2時間半、ドライブにもちょうど良い距離です。
kasuga.jpg
今年はシーズン前の雨が少なかったことから、お茶の出来が良かったです。ミネラルとポリフェノールが豊富で味の濃いお茶に仕上がっておりました。また、昨年と比べると、製茶技術、茶摘み技術も向上しており、雑味のないスッキリとした香りに仕上がっておりました。
味が濃く、中国、台湾、インドで高品質と言われるようなお茶を作るためには、茶園管理がとても重要です。窒素肥料を全く与えず、また、お茶摘みが終わったら出来るだけ早い時期に、極浅く枝刈りを行うことが理想です。
枝刈りとは、お茶の木の高さを揃えることで、機械によるお茶摘みをやり易くするのが目的です。ただ、枝刈りの一番大切な目的は、枝の形成です。味の濃いミネラルの豊富なお茶を作るためには、出来るだけ高い位置で枝刈りをすることで、爪楊枝のような極細の枝が出来ます。逆に深く枝を切ると、その語勢いよく芽が出てくるために、太い枝と大きく、ごわごわした茶葉が出来ます。このようなお茶は味が薄く、余韻がありません。
R0011281.jpg
現在は黄色の葉と緑の葉の割合が3:7くらいです。これが将来7:3になってくると品質が劇的に上がります。

このような栽培法は宇治茶の生産地域でも見られ、逆に静岡では殆ど見られません。春日のお茶は京都の影響を強く受けているように思います。
極めて細い枝が揃ってくると、お茶の成長はとても遅くなり、茶葉のサイズも小さくなり、そして葉の色が黄色くなります。このようなお茶は触ると、茎が丈夫で、弾力があり、茶葉を構成する細胞が小さく密であるため、揉んでも茶葉が折れません。お茶を淹れた際には、茶葉は素早く膨らみ、まるで摘みたての葉のような質感に戻ります。
逆に、窒素肥料を多く与え、深く剪定して育てたお茶の場合、成長が早すぎるために細胞のサイズが大きくなり、その結果、水分が少なく、揉んだときに細胞壁が折れるため、お茶を淹れた際に茶葉の戻りが悪く、茶葉のシワが何時までも目立ちます。日本にあるお茶の殆どがこの方法で作られております。
R0011273.jpg
喉越しが強くて美味しいお茶は、右のように黄色い葉をしております。
私のお茶は春日の特定の農家からのみ、購入しております。今回は今後のお茶の栽培方針についても、時間をかけて話し合うことが出来ました。私が理想とするような黄色く・小さな茶葉、極細の枝になるような作りかた、そして窒素肥料を決して入れない点等、色々な管理項目について茶園で打ち合わせを行いました。
今年のお茶は出来が良いため、異物だけ除去した上で販売しても良いのですが、梅雨の時期と言うこともあるので念には念を入れて、極僅かな火を入れようと思います。今から静岡の製茶会社に送り仕上げを行う予定ですので、多分今月中には発売できそうです。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP