有機栽培でも全く健康に寄与しない場合も?有機栽培の盲点

[2012.08.25] Posted By


世の中、有機栽培だから健康に良い、有機栽培だから美味しいという考えが蔓延しております。確かに、有機栽培は農薬の点では安全であり、安心です。だからといって「安全」と「体に良い」「美味しい」とは同一ではありません。

時間をかけてゆっくり育ってこそ美味しくなる

本来美味しい野菜、果物、お茶を作り上げようと思った場合、植物に時間をかけて成長さなければなりません。
時間をかけて生長した植物の葉は細胞密度が高く、それに伴いポリフェノールとミネラルが高密度に含まれます。その結果として、味わい深く、コクのある味が感じられるのです。

植物にとっては、有機でも無機でも、肥料には変わりなし

有機肥料でも、堆肥のような窒素肥料を与えた場合、結果的に植物が受ける影響は、硝酸塩のような化学肥料を与えるのと同じです。
野生の植物を想像してみてください。野生の植物の場合、動物の糞や堆肥のような窒素肥料が集中的に与えられることはありません。突然、窒素肥料が与えらると植物は勢い良く成長します。窒素が入ることで成長のスイッチが入るためです。その結果、細胞は大きくなり、1つの茶葉を構成する細胞の数は、ゆっくりと育った植物と比べ非常に少なくなります。細胞が大きく少ないと言うことは壊れ脆いと言うことを意味しており。お茶の場合、細胞壁が折れてしまうために、湯を加えても茶葉の戻りが遅くなります。私も多くの有機栽培茶を飲んだことがありますが、多くは言われなければ有機と分からない品質でした。
g32_03.jpg
写真のお茶の木は、「有機の堆肥」の脇に生えておりました。このお茶の木は完全有機栽培ですが、超過保護に育っており、巨大な葉が青々と光っておりました。

有機窒素肥料で成長スイッチがオンになる

有機肥料であっても窒素肥料が与えられると、植物は生長のスイッチが入ります。成長過程にある茶葉は、自身の成長のために必要な細胞壁の合成などに忙しく、ポリフェノールの合成をしている暇がないのでしょう。テアニンのようなアミノ酸は豊富に合成されるものの、その次段階であるポリフェノールが作られません。ポリフェノールとはカテキンなどの抗酸化物質の総称です。ポリフェノールが少ないお茶と言うことは、つまり、健康への影響もあまり期待できそうにありません。

私の実家はリンゴ農家ですが、窒素肥料を与えると、リンゴの葉は深い緑色になり、葉のサイズも肥大し、リンゴも大きくなります。但し、リンゴを食べると一目瞭然。味に濃さが無く、水っぽくて美味しくありません。

重要なのはできるだけ自然の状態で育つこと

私は有機・無機に関係無く、お茶を自然の山野草に近い形で、時間をかけてゆっくりとお茶を育て上げることが重要だと考えております。厳しい環境下で時間をかけて育ったお茶は、そのお茶の苦労が品質として感じられるものです。
有機栽培は非常に良い取り組みだと思いますが、それだけでは十分ではないと言うことです。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP