イギリス人も吃驚の紅茶のおいしいいれかた

[2013.01.24] Posted By

紅茶の美味しいいれ方を紹介したいと思います。イギリス流のゴールデンルールには全く基づいておりません。

紅茶をいれるときに重要なのは、1. 湯の温度が下がらないようにすること、そしてもう一つ重要なのが 2.茶葉が煮えないようにすることです。2つの要素は矛盾しているように感じられるかもしれませんが、方法によっては両方の要素を満たすことが出来ます。

 

新鮮な茶葉を熱水に暫く浸けたら煮えてしまう

紅茶は発酵されてはいるものの、新鮮でデリケートです。上質茶のように新芽だけから作られた紅茶であればなおさらデリケートです。この茶葉を沸騰水に数分つけこんだらどうなるでしょう?茶葉を新鮮なレタスに置き換えて考えてみてください。シャキシャキして新鮮だったレタスは、1分どころか、30秒も熱水につければトロンと煮えてしまいます。煮えたレタスは香りも味も変化します。これと同様のことを茶葉にもあてはまります。

「1煎目は美味しかったけど、2煎目、3煎目と進むにつれて、色はでても香りの鮮度がいまいち」という経験はございませんか?もちろん茶葉の質によってもいれられる回数は左右されますが、実はそれだけではありません。長くむらしすぎるために茶葉が「煮えて」しまっていることも香りが変化する原因の1つです。

 

では、理想的ないれ方は?

 

紅茶は発酵茶ゆえに、その成分を引き出すには高い温度の湯が必要です。そしてお茶の成分を引き出しつつも、茶葉が火傷をしないようにしなければなりません。

じつは理想的ないれかたに工夫式という方法があります。この方法ですが、重要なポイントは茶葉と使用する湯の比を変えることです。

 

例えば、従来の方法では2gの茶葉を200mlの湯で2分むらしていたとしましょう。論理的には、以下のいれかたをすれば同じように香りが引きだせるはずです。

 

4g / 200ml 1分 (茶葉の量が倍になったので抽出時間を半分にする。)

4g   / 100ml  30秒 (湯の量が半分になったので、抽出時間をさらに半分にする。)

4g / 50ml 15秒 (湯の量がさらに半分になったので、抽出時間をさらに半分にする。)

 

この論理に基づくと、4gの茶葉を50mlの熱水でいれれば15秒蒸らすだけで 2gを200mlで2分蒸らすのと同じ結果が得られると言うことになります。

 

洗茶をおこなうメリット

さらに、工夫式の場合、茶葉をいちど湯どおし(洗茶)します。紅茶の場合、湯を注ぎ入れたら即出すくらいで十分でしょう。これには2つの目的があり、茶葉の温度を高めること、茶葉をふやかすことで次に湯をいれたさいに香りや味がすぐに出るようにするためです。

湯通しをすることで、15秒よりもさらに短い時間でいれることが可能になります。実際、茶葉に湯を注いだら一呼吸おいてすぐに出すくらいで十分です。湯通しをすることを考慮すると、5g位の茶葉でも十分です。

茶葉と湯の割合は好みや茶葉のサイズに応じて変えください。重要なのは、茶葉が火傷しないように素早くいれるという大局的な考え方です。この方法ですと、お茶が何煎も淹れることが出来ます。毎回むらす時間が数秒以内と言うこともあり、安定した香りのお茶を何煎もいれることが出来ます。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP