• ホーム >
  • 味覚の感度・テイスティング能力

ナイロン製のテトラバックの問題点

[2006.04.16] Posted By
超高価なアイテムを除いては、殆どのお茶に対してもティーバック商品も紹介していきたいと考えております。
ティーバックと言うと、やや品質が劣り、高級感がないというイメージがあります。実際、ティーバックだと品質が劣るのでしょうか?ティーバック故に茶葉より品質が劣る原因を推察してみました。
    ティーバックの体積が非常に小さいため、茶葉の間に十分な熱水が浸透せず、結果として味や香りが十分に抽出されない。
    ①の理由を解消するために、茶葉の合計表面積を大きくするため、より小さなサイズの茶葉が用いられている。但し、細かくなれば細かくなるほど、ユーザーによる品質の見極めが難しくなる。それが理由かどうかは別として、ティーバック用として流通している茶葉は概して低い品質の物が多い。
    ティーバック、特に紙製の場合、その材質そのもの由来の成分が溶出するため、お茶を飲んだときに、夾雑臭が感じられる。
 
以上の問題を解消するために最近流行しているティーバックに、テトラバックというタイプがあります。このティーバックには以下のメリットが有ります。
    ピラミッド型をしているため、従来のティバックと比べ飛躍的に大きな体積が確保できる。その為、茶葉に熱水が十分に行き渡り、香りや味を効率的に抽出することが出来る。
    ①の理由により、小さな茶葉を用いる必要が無く、リーフティー用の大きな茶葉をそのまま用いることが出来る。更に、透明な素材のテトラバックを用いることにより、ティバックのメッシュ越しに茶葉を見ることが出来、素人目にも品質の善し悪しを観察出来る。
以上の理由からテトラバックは非常に優れたティーバックだと思います。しかし、トラバックにはある問題がありました。現在、市場で最も流通しているテトラバックの材質は、ナイロンです。ナイロン製のティーバックを高温で淹れた場合、プラスチック臭が感じられました。私の勘違いと思い、何度もテストをしたのですが、やはり結果は同じでした。
テトラバックの生産業者に確認をしたところ、「ナイロン製のものからはどうしても低分子の物質が溶出されやすく、臭いは必ず生じる」との回答でした。特に、高温で煎れる、紅茶や烏龍茶の場合臭いが顕著に感じられます。
20060416225131.jpg
写真:テトラバック(フラッシュの効果でメッシュが半透明に見えているが、肉眼では非常に透明。)
この問題を解決すべく、ナイロンに代わる材質を探索した結果、ポリエステル製であれば香りは全く生じないことが分かりました。更に、より環境や健康に配慮し、トウモロコシ澱粉から作られた生分解性ブラスチック製の物も入手可能であり、使用を検討しております。
正しい、規格のティーバックを選択することにより、多くの人に手軽に本格的な味を堪能して貰いたいと考えております。
20060416225146.jpg

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP