• ホーム >
  • メールマガジンバックナンバー

工夫式のお茶のいれかた
今回のメルマガでは茶葉に優しいお茶の淹れ方を紹介したいと思います。

茶葉を生野菜だと思って茶葉を扱う事が重要

茶葉はデリケートです。鮮度の高い茶葉は生の野菜に限りなく近いと想像してみてください。生の野菜、例えばレタスを熱湯に入れたら瞬時に煮立ってしまいます。煮えたレタスは、香りが変化し、生の時の香りは失われます。お茶を淹れる際、これは非常に重要なポイントです。

茶葉のダメージを防ぐには理想は高温短時間抽出

私達の指をぐらぐらと煮え立った熱湯に入れたら大やけどをします。しかし、0.01秒一瞬入れて、瞬間的に即抜いたらどうでしょう?熱いと思うでしょうが、火傷はしません。因みに、1分間入れたら指は100%失われます。お茶を淹れる際もこれの応用です。香りは抽出したいが、煮だしてはいけないのです。長く熱湯に浸かると、指に限らず、新鮮な茶葉だって大やけどをするという点を覚えておきましょう。

何煎も淹れても茶葉の鮮度を保つには

茶葉に含まれる抗酸化物質も当然、変化し、減少します。では、どうしたらよいのでしょうか?私は湯に対する茶葉の割合を高めます。
例えば、元々、300mlに対して3gの茶葉を使って1分淹れていたとすると

  1. 3g/100mlにすれば20秒
  2. 6g/100mlにすれば10秒
  3. 6g/50mlにすれば5秒

と、比率を変えることで、短時間でも同じように香りと味を楽しむことが出来ます。この淹れ方は中国広東省の潮州で開発された、工夫式という淹れ方と同じ考え方を踏襲しております。このように超短時間で淹れる方法をマスターすると、何煎淹れても、お茶の香りが変化しません。1煎目の鮮度の高い香りが何煎も持続します。また、茶葉の割合が高いために、何度も淹れることが可能です。

その他、お茶を美味しく淹れるための注意点

重要な点として、淹れる度に、蓋を取り、蒸気を逃がすことで茶葉を冷やす必要があります。また、1煎目~2煎目を茶海に注ぎ入れて混ぜることで、お茶の濃淡を緩衝してください。

緑茶の場合、温度は低めに

但し、以上のような方法でお茶を淹れたとしても、緑茶の場合、余熱により茶葉が煮えてしまいます。殆ど酸化してない緑茶に関しては、発酵茶と異なり茶葉はよりデリケートに出来ています。例え、2煎目以降の蒸らす時間を1秒以内にしたとしても、余熱で茶葉が蒸し上がってしまうのです。この為、緑茶を上記方法で淹れる際には予め湯の温度を下げておく必要があります。あまり下げすぎると、香りが楽しめなくなるため、80℃ぐらいが適切です。湯は淹れたら即出すことが重要です。上記方法では最低10煎は淹れることが出来ます。加えて、蓋を取ったときに茶葉が拡散して冷えやすいように、平べったい形の茶器が理想です。上手に入れると、10煎淹れても、茶葉は黄色に変色することなく、緑の色を維持することが出来ます。
以下の動画では上記概念に基づく緑茶の淹れ方を説明しております。
Japanese teapot
参考までに、鳳凰烏龍茶の工夫式での淹れ方のリンクも掲載しておきます。
Japanese teapot

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

PAGETOP