家でいれたお茶を職場でも楽しむ方法

[2013.12.05] Posted By

職場でお茶を美味しく飲む方法

お茶を魔法瓶や水筒にいれておいたら、色が茶色に変色し、味が渋くなったというご経験はありませんか?この解決方法をツイッターで呟いたところ、1日のリツイート数が5000回、お気に入りへの登録を7000人の方にして頂けました。想像以上に多くの人がこの方法に興味を持っている事が分かり、私も驚きました。多くの人がとても注目しているテーマゆえ、この方法について更に具体的に説明したいと思います。

 

魔法瓶にお茶をいれておくと、熱によりお茶は酸化する

お茶には豊富な抗酸化物質が含まれております。抗酸化物質は自らが盾になって酸化することで、他の物質の酸化を防ぐことから抗酸化物質と呼ばれます。それだけにお茶に含まれる抗酸化物質はとても酸化しやすい性質を持っております。温かいお茶を水筒にいれておくと、酸化が進むことから緑茶が紅茶のような色になり、渋味が強く感じられます。具体的にはお茶に含まれるカテキンが酸化し、お互いに結合することでタンニンが生じております。このタンニンこそが茶色い色をした渋味の原因物質です。いったんタンニンが出来てしまうと、元に戻すことは出来ません。いれたての緑茶だったはずが、紅茶のできそこないのような茶色のお茶になってしまうわけです。

手間無く職場で美味しいお茶を飲むには?

お茶を熱い温度のまま保存すると、お茶が酸化して茶色になります。しかし同じようにいれたお茶でも冷やしておけば、お茶は殆ど酸化することなく新鮮な状態を保つことが出来ます。
そこでお薦めするのが、お茶を通常の数倍の濃度になるように濃くいれ、それを冷やしたものを水筒にいれて会社へ持参します。この濃いお茶を原液として、カルピスの要領にて熱湯で割ってみてください。

このとき大事なポイントは、以下の3点です。

  1. 極力少量の湯を使用する。目安は5gの茶葉に対して200mlくらい。
  2. いれ終わったお茶は急速に、そしてしっかりと冷却する。
  3. 10分近くいれることで出来る限り濃くお茶を出す。

 

10分以上放置して、5倍濃縮のお茶を出す

具体的ないれかた

日本茶・紅茶・烏龍茶など様々な種類のお茶がありますが、基本的に同じ方法で対応できます。
予め予熱した急須に5gの茶葉と200mlの熱湯をいれます。蓋をして10分ほど蒸らしてください。お茶の種類によっては20-30分位蒸らしても大丈夫です。原液となるお茶については、とにかく濃くいれます。職場でお茶を飲むときは原液を熱水で5倍くらいに薄めるとちょうど良いと思います。つまり、200mlの原液を準備すれば、最低でも1リットル相当のお茶を楽しむことができます。この方法をマスターすれば、職場でも手間をかけることなく美味しいお茶を楽しむことができます。

職場で手軽に美味しお茶を飲む方法

分かりやすいようにグラスでいれてみました。茶海に入っているのは原液

追記

職場に持って行くお茶ですが、必ずしも当日にいれる必要はありません。前日にお茶をいれて、冷蔵庫にいれておけば新鮮な状態が維持されます。重要なのは、時間をかけず、速く冷やすことです。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …
伊賀天然朱泥と佐渡の無名異上赤急須が入荷!
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の急須と、佐渡島の渡辺陶三氏作の無名異上赤急須が入荷しました。 村田益規作の伊賀天然 …
森の中の茶園と日当たりの良い茶園はどちらが理想?
お茶の品質に影響する重要な要素の1つに「日当たり」があります。一般的に日本や台湾では日当たりの良い茶園が好まれ …
中国現地でも入手が困難な高山紫紅茶を発売
高山紫紅茶を発売しました。このお茶は紫茶という野生種系のお茶から作られた非常に珍しい紅茶です。 雲南省でも珍し …
馬鞍山古樹熟茶2016を発売
馬鞍山古樹熟茶を発売しました。このお茶は2016年産の生茶を原料に発酵された毛茶(粗茶)を2017年に仕入れ、 …
プロでも分かり難い鉄観音の値段の謎
お茶のプロでも分かり難い安渓鉄観音の値段を決める要素について、私の仕入経験に基づき説明したいと思います。 鉄観 …
ミルクティーにもお勧め!雲南古樹紅茶入荷
暫く商品が切れておりました雲南古樹紅茶が入荷しました。農薬はもちろん、肥料も一切使用せずに作られた自然栽培茶で …
水出し茶やミルクティに相性抜群!黒鉄観音発売
安渓産の黒鉄観音を発売しました。 鉄観音を特殊な方法で炭焙して作り上げたお茶 このお茶は安渓の鉄観音種から作ら …
日本の農薬基準を満たす安渓鉄観音の仕入
中国の安渓を訪問しお茶の仕入を行いました。今回は鉄観音の仕上げ方法の打ち合わせと茶園、工場の訪問が主な目的でし …

PAGETOP