• ホーム >
  • メールマガジンバックナンバー

白鶯山古樹白茶 2016入荷

[2016.08.25] Posted By

メールマガジン第76号 : 2016年08月21日発行
w08_13

白鶯山と言えば、HOJOの人気プーアル生茶の1つです。今年は白鶯山産のプーアル生茶は仕入れられませんでした。製茶段階に問題があり仕上がりが満足できない内容だったためです。白鶯山の生産者は非常に質の良い白茶も生産しており、今年は白鶯山からは白茶を仕入れる事にしました。

短期間の熟成でダージリンファーストフラッシュのような香り

白鶯山産の白茶は是非今年仕入れたいと昨年から決めておりました。昨年生産者が試作したお茶を入手し、一年間寝かしておいたところ、ダージリンファーストフラッシュのように華やかな香りに熟成されました。しかも、完全自然栽培茶を原料としているためダージリンとは比にならないレベルの深い余韻が感じられ、奥行きのある深い香りに感動しました。

w08_12

w08_11

w08_10

自然栽培茶による深い余韻

白鶯山は臨滄の雲県位置する地域です。白鶯山は臨滄界隈では非常に有名な産地であり、近年では空港などにも白鶯山の看板が見られます。ただし、白鳳山産のお茶の全てが一定の品質傾向を示すわけではありません。白鶯山のお茶と言っても、産地はかなり広く、多くは肥料を用いており、それがお茶の品質に影響を与えております。私はストイックに無肥料の茶園産の原料を求めており、余韻の強さをお茶の選定基準の1つとして挙げております。ここで紹介する白鶯山古樹白茶は無肥料・無農薬で、かつ、平均樹齢が100歳以上の古樹茶から作られております。お茶の特徴は強烈に深い余韻です。そのため、飲んだときに喉の奥に染みこむような深いコクが感じられます。香りはまとまりがあり、馬鞍山古樹白茶とは対照的に、ボディは軽めです。軽めのボディのお茶は普段飲みに適しており、強い余韻も相まって一日中飲んでいても飽きが来ないお茶ではないかと思います。花のような香りと甘い香りが特徴で、紅茶や烏龍茶が好きな人にも支持されるお茶ではないかと思います。

w08_09

w08_08

w08_07

w08_02

w08_03

w08_01

特注生産により花のような香りに加工

今回入手した白鶯山古樹白茶ですが、私が希望する生産パラメーターを事前に打ち合わせ、特注生産にて希望する内容に仕上げて貰いました。特に萎凋時間を短めに管理することで花のような香りを重要視しました。この為、萎凋は約2日間行い、茶葉の色合いが未だ緑色くらいの状態で乾燥し、仕上げました。毛茶(粗茶)の状態で確認した所、非常に爽やかでフローラルな香りが感じられ、また、ほのかに蜜のような甘い香りが漂っておりました。毛茶(粗茶)を仕入れた際、毛茶のまま発売するか、緊圧するか非常に悩みましたが、茶葉の嵩密度が軽く非常にかさばること、また、輸送中に破損のリスクが高いことから、熟成もし易いように餅茶の形状に加工して販売することにしました。

w08_04

w08_05

w08_06

数年の熟成で味わえるマスカットのような香り

このお茶のもう一つの面白い特徴は、熟成による変化です。白茶の場合、プーアル茶以上に熟成で香りが変化します。初年度は薄クリーム色だった水色も、1-2年が経過すると、黄色〜オレンジへと変化し、更に長期の熟成をした場合、水色は紅茶の様な濃い色へと変化します。それに伴い、香りも大きく変化し、最初はダージリンファーストフラッシュのような花の香りから、蜜のような、杏のような甘い香りが徐々に形成され、水色が濃くなるにつれ、濃厚なマスカットの香りへと変化します。プーアル茶も熟成により甘い香りを形成しますが、白茶はより短期間で「変化」が楽しめるため、現在中国でも、また、HOJOのお客様の間でも静かなブームになりつつ有ります。保存をされる際には、無酸素状態を維持するために未開封のまま保管ください。なお、年間平均気温が高い場所の方が熟成が早く進みます。事実、マレーシアの倉庫で保管したお茶は日本の2倍以上の熟成速度です。

w08_14

新茶発売!

老黒塞古樹生茶 2016

http://hojotea.com/item/d84.htm

仄かに花の香りがし、クリアーで喉の奥に広がる強い余韻が特徴です。HOJOのプーアル生茶の中でも上位に入る強力な余韻をお楽しみ頂けます。ボディは軽めで、ゆえに味は落ち着いてまとまりがあり、普段飲み用としてもお勧めのお茶です。ポリフェノールが豊富に含まれ、ミネラルが濃厚なお茶ゆえに、熟成した際にフルーティな甘い香りが形成され、また、数十年レベルの長期熟成にも耐えられるお茶です。
本商品は、極めて品質が高いため、どちらかというとマニアが好む銘柄ですが、初心者の方にも是非試して頂きたい商品です。

b29_06

岩鳴山古樹生茶 2016

http://hojotea.com/item/d64.htm

今年の岩鳴山古樹生茶は余韻とボディのバランスが良く、また、非常に滑らかな口当たりに仕上がっております。このお茶の収穫時期に雨が殆ど降らなかったことが良い品質の形成に繋がりました。

IMG_3241

野生春芽 2016

http://hojotea.com/item/d35.htm

例年通りの安定した質に仕上がっております。今年は原料に占める老木の割合がやや増えていることから、味の透明感がより高められております。

IMG_3241

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …
伊賀天然朱泥と佐渡の無名異上赤急須が入荷!
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の急須と、佐渡島の渡辺陶三氏作の無名異上赤急須が入荷しました。 村田益規作の伊賀天然 …
森の中の茶園と日当たりの良い茶園はどちらが理想?
お茶の品質に影響する重要な要素の1つに「日当たり」があります。一般的に日本や台湾では日当たりの良い茶園が好まれ …
中国現地でも入手が困難な高山紫紅茶を発売
高山紫紅茶を発売しました。このお茶は紫茶という野生種系のお茶から作られた非常に珍しい紅茶です。 雲南省でも珍し …
馬鞍山古樹熟茶2016を発売
馬鞍山古樹熟茶を発売しました。このお茶は2016年産の生茶を原料に発酵された毛茶(粗茶)を2017年に仕入れ、 …
プロでも分かり難い鉄観音の値段の謎
お茶のプロでも分かり難い安渓鉄観音の値段を決める要素について、私の仕入経験に基づき説明したいと思います。 鉄観 …
ミルクティーにもお勧め!雲南古樹紅茶入荷
暫く商品が切れておりました雲南古樹紅茶が入荷しました。農薬はもちろん、肥料も一切使用せずに作られた自然栽培茶で …
水出し茶やミルクティに相性抜群!黒鉄観音発売
安渓産の黒鉄観音を発売しました。 鉄観音を特殊な方法で炭焙して作り上げたお茶 このお茶は安渓の鉄観音種から作ら …
日本の農薬基準を満たす安渓鉄観音の仕入
中国の安渓を訪問しお茶の仕入を行いました。今回は鉄観音の仕上げ方法の打ち合わせと茶園、工場の訪問が主な目的でし …

PAGETOP