• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化

お茶の学名から見るお茶の品種の由来

[2014.10.14] Posted By

アッサム種
お茶にはアッサム種、ヤブキタ種、中国種など様々な品種名がありますが、実際にはどのような規則に基づいて分類されているのか詳しく説明したいと思います。

種と品種は異なる事を理解することが重要

お茶は正式には、以下の様な分類になります。

Family (科)  Theaceae
Genus(属)   Camellia(カメリア)
Species (種)  Sinensis(シナンシス/シネンシス)

一般にお茶はCamellia Sinensisと表記されます。これはカメリア属のシナンシス種という意味です。
因みに、Species (種)に相当するシナンシス種はアッサム種やヤブキタ種の「種」とは同じ属性ではありません。
Speciesは直訳すると種であるのに対し、アッサム種やヤブキタ種の「種」は「品種」をさします。ただし、この品種という日本語(中国語)がまたくせものです。学名の場合、品種を指す言葉は2つあります。一つは、Variety、もう一つはCultivarと言う言葉です。

Varietyとは自然に作られた特異的な形質

varietyは人の手が加えられてないにもかかわらず、自然淘汰や突然変異などによって形質が固定され、群れが単一の形質を示す場合に用いられます。
例えば、インドのアッサム地方で発見されたお茶は、そのどれもが熱帯の気候に強く、葉が大きく、ポリフェノール量が多いという特徴を備えていました。特定の一本だけのお茶がこの特徴を有していたのではなく、アッサム地方で発見されたお茶の集団が皆同じような形質を有していたことから、アッサム種の「種は」= varietyと定義されております。
したがって、学名表記をする際にはCamellia sinensis var. assamicaと記載されます。varieryは表記上はvar.と省略して書かれます。var.がついていることで、アッサム種は人の手による選抜種ではなく自然に形成された品種であることをさしております。

アッサム種

アッサム種の茶園

Cultivarとは人の手で作られた選抜種

Varietyに対し、Cultivarですが、これは選抜種を指す言葉です。選抜種とは人の手により特定の形質を保存するために作り上げられたクローンです。

お茶は有性生殖であるため、お茶の花のめしべに、他の品種のお茶の花粉がつくことで自然交配されます。この為、例えば、ヤブキタの種をまいても生えてくるお茶はヤブキタではありません。
同様の事は果物などでも言えることで、例えば、ふじりんごの種をまいてもふりじんごは生えてきません。この為、ヤブキタやふじりんごは種まいて増やすのではなく、枝を切っては挿し木によって増やしてゆきます。このように、クローンによって育成された品種はCultivarと呼ばれ、学名ではcv.と書くか、’Yabukita’のようにシングルコーテーションでくくられます。

ヤブキタを具体的に学名表記すると、以下の様になります。

Camellia sinensis var. sinensis cv. Yabukita
Camellia sinensis var. sinensis ‘Yabukita’

Camellia sinensis var. sinensisとは?

ここである疑問が生じます。ヤブキタの名称にあるCamellia sinensis var. sinensisって何だろうと思われたのではないでしょうか?Sinensisが2回繰り返し用いられております。Camellia sinensis var. sinensis ですが、これはいわゆる中国種を指す言葉です。お茶が世界で最初に見つかったのが中国で有ることから、中国の小葉種のお茶と言う意味でvaerietyと分類されております。ダージリンでも標高の高い地域には、中国種と呼ばれるお茶が植えられておりますが、これらも学名表記するとCamellia sinensis var. sinensisとなります。

ダージリン

学名が曖昧なお茶、クローナル種

紅茶品種など紅茶用にアッサム種から育種したお茶の品種が沢山あります。これらはCamellia sinensis var. assamica cv. xxxxxというような学名になります。つまり、アッサム種系のクローン品種ということです。ダージリンに植えられているクローナルがこれに相当するように思います。クローナルの場合、実生(種から撒くこと)ではなく、挿し木によって増やした「選抜種」という意味ですが、実際にはアッサム種と中国種の交配選抜種が作られ、形質的に優れているものを挿し木によって増やしたものと思われます。実際、中国種とアッサム種を交配させてた場合、どういう名前になるのか想像が付きません。きっとイギリス人も学名をあきらめて、ただ「クローナル」と呼ぶ事にしたのかもしれません。

矛盾だらけの中国小葉種

17-18世紀にイギリス人がお茶の貿易をはじめるようになった頃には、中国では育種の技術が既に開発されていたはずです。鳳凰単叢烏龍の各品種は500年以上前から作られていた点を考えると、イギリス人が小葉種と呼んでいたお茶は、すでに育種によって作られたお茶であり、実際は選抜種を中心とするcultivarである可能性も大いに考えられます。当時、イギリスと貿易をしていたのは中国の福建省だったことを考慮すると、水仙種を中心とした小葉種の選抜種を中国種(Camellia sinensis var. sinensis)と呼んでいたのかもしれません。実際の所、中国には大葉種、中葉種、小葉種とあることから、中国におけるお茶のvarieryは実際には1つに絞ることが出来ないように思います。今となってはCamellia sinensis var. sinensisという学名は矛盾だらけの名称となっております。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

PAGETOP