• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化

銀歯(金属の歯)に使われる材料と味の関係について検証を行いました。以前にも類似の内容で記事にしたことがありますが、今回はより詳しく味の変化を検証してみました。

銀歯は味に影響する

私の歯には割と多くの銀歯や金属の詰め物が入っております。保険適応の関係もあり、学生の頃に治した歯の多くには金属が被せてあったり、金属が部分的に入っております。マレーシアで生活していた頃も時々虫歯になりました。その際にも銀歯以外殆ど選択肢がなかったこともあり、結果的に私の歯には沢山の金属が埋め込まれました。実は数年前に、銀歯の1つを樹脂製の白い材料に変更したことがあります。その時は「歯にいれた金属が味に影響する」という仮説を検証する為に意図的に歯を入れ換えてみたのでした。実際、銀歯を外す前と後とでは味がかなり変化しておりました。

銀歯の除去前と後で味を詳細に検証

今回まとまった通院時間がとれそうだったので、下側の歯に使われている金属を全て樹脂製の材料に変更することにしました。
味を検証するまたとないチャンスと言うこともあり、歯医者に行く直前に、念入りにお茶のテイスティングをし、その日の味の感覚をしっかり記憶した状態で歯医者に臨んだのでした。
今回は3つの歯に使用されていた金属を除去したのですが、どれも異なる歯医者で入れた物で、そのうちの2つはマレーシア製の銀歯でした。

金属を除去することで透明感ある味わいに

銀歯を除去した後、味は顕著に変化しました。ボディが弱まり、コクが強まりました。同時に渋味が無くなり、透明感ある味へと変化しました。ある意味、多少雑味があっても、ボディを重視する人には銀歯は良いのかもしれません。因みに、歯医者でいれた金属を除去するごとに、段階的に味が変化しました。

除去した金属は持ち帰り味のテストに使用

除去した金属は歯科医にお願いして譲って貰いました。もちろん、後ほど、味への影響を再検証するためです。非常にマニアックな患者と思われがちですが、事情を説明したところ、「今度、味の違いを報告して欲しい」と歯科医も興味津々でした。除去した金属を持ち帰り、お茶を試飲する際に、お茶に浸したところ、銀歯が入っていたときと同じ味がしました。まさに、治療前までに味わっていた味がそのまま再現されたのでした。

金属と陶器のハイブリッド:金属だけでなく陶器も味に影響する

同じお茶を飲んでも味の感じ方は人それぞれ

義歯に使用されている材料は味に対して多大な影響を与えます。同じお茶を皆で飲んでいても、皆それぞれに味わっている味が異なる事は多々あるのです。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

PAGETOP