• ホーム >
  • お茶ビジネスの運営・記録

展示会参加: 香港ー中国間の移動

[2006.05.04] Posted By
シンガポールで展示会に参加後、香港に移動しました。翌日から広州のカントンフェア(広州交易会)に参加するためです。今は新茶の時期なのでいたるところで展示会に出席しなければなりません。
この展示会は年に2回開かれる、中国最大級の展示会です。食品だけでなく、ありとあらゆる分野が含まれ、2会場でしかも業種により2つの異なる日程にて開催されます。この展示会の開催期間中は、広州のホテルは軒並み3-6倍に値上げされます。普段3スターのホテルが、内容は据え置きのまま5-6スター並みの値段になってしまうのです。私は出来るだけコストを削減したいため、超郊外のホテルに泊まるか、香港に宿泊し広州へ日帰り出張するかの2択しか有りませんでした。前回、11月に同展示会に参加した際には展示会場からバスで1時間半の超郊外に宿泊しました。ホテルのサービスは非常に素晴らしく、また、会場までの無料シャトルバスもアレンジされており、大変に満足のいく内容でした。しかしながら、シャトルバスの会場到着時間が遅めであることと、逆に会場を出発する時間が非常に早いため、展示会場で過ごせる時間が極めて少なく、それ故今回は香港からの日帰り往復を計画しました。基本的に開場時間に到着し、最後まで展示会場に残るつもりでした。
20060504221049.jpg20060504221037.jpg
写真左:昼間の香港島 写真右:夜の九龍
実際には香港ではなく、九龍からKCRという特急が出ており、通常1時間半から2時間で広州東駅に到着します。展示会期間中のKCRのチケットは事前にインターネットで予約しない限り取得はほぼ不可能です。行きのチケットは予約できた物の、帰りのチケットは予約できませんでした。仕方がないので、帰りはKCRではなく深圳経由の特急で戻ろうと考えました。深圳経由の特急であれば毎20分おきに出ているためチケットが取得できないと言うことは先ず無いだろうと判断したのです。
KCR.jpgKCR1.jpg
写真左右:KCR
広州内での移動にはタクシーを利用したのですが、非常に運転が荒く、1度「完全にぶつかるっ」と思う瞬間がありましたが、ドライバーのスーパーテクニックにより辛うじて切り抜けました。中国の友人曰く、中国での事故発生率は非常に高く、事故による死者や流血状態の現場を目撃するのは殆ど毎日だそうです。
20060504221149.jpg
写真:広州市内
広州東駅のタクシー乗り場では、長蛇の列が出来ており、なかなか私の順番が回ってきませんでした。それらの客を狙って、指し値で交渉してくるタクシー運転手が沢山おりました。自分たちの値段は非常に安いとの前置きで、100元(1600円)を提示してきました。結局、メータータクシーに乗ったところ40元だけでした。それでも、中国国内の物価を考えたら高いと思います。運転手に50元渡し、おつりを貰いました。彼は1元ばかりで細かいおつりを渡し、にこやかに私を見送ってくれました。因みに、受け取ったおつりは10元ではなく、8元だけだと言うことに後になってから気が付きました。中国はお金に関してはトリックが多く、非常に油断ならないと言うことを思い知らされました。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP