お茶の保存容器とお茶の品質との深い関係

[2015.09.24] Posted By


お茶を紫砂の壺に保管すると良い、錫の茶筒に保管すると良い等々、お茶愛好家の間ではお茶の保管容器に関しても強いこだわりがあり、それについての効果の程は常に議論の対象です。
本コラムでは茶を保管する容器によってお茶の質がどう影響するのか説明したいと思います。

お茶の品質は保存容器の材質によって影響を受ける

まず、結論から言うと、お茶は保存する容器の材質により質が顕著に変化します。私はこれまで様々な材質の入れ物にお茶をいれては保存実験をしてきましたが、保管する材料によりお茶の質は全く別方向に変化します。急須でお茶の味が変化するのと同じく、保存容器に水やお茶などの液体を入れると味は良くも悪くも変化します。材料により、コクを増す、ボディを増す、コクを消す、ボディを消す、コクもボディもなくなる、渋味を呈する等々、変化は様々です。注目すべき点は、乾燥した茶葉を保存容器に入れて数週間以上保管したのちにお茶を飲んでみると、同じ材質の保存容器に水やお茶を通したときに感じられた変化と全く同じ方向性の変化が観察されます。例えば、錫製の急須でお茶をいれた場合、ボディを高めずに、コクを高める性質があります。新潟燕の槌器銅器、マレーシアのピューターウェアなどにお茶をいれると、滑らかで透き通るような味わいへと変化します。乾燥茶葉を錫の容器で保管した場合、同じくボディは増えず、コクが増します。同じ期間、袋に入れて保存したお茶と比べると明らかな差が感じられます。

新潟槌器銅器

新潟槌器銅器(外側は銅、内側は錫)

保存容器の材質によってはお茶が駄目になる事も

槌起銅器の茶筒の場合、表面は銅で出来ておりますが、内面は錫で鍍金されております。ただし、量産品など茶筒の中にはクロムメッキなどのものもあり、このような茶筒でお茶を保管すると、渋味が増すなど非常にマイナス面が増強されます。先日、私のスタッフの1人が、茶筒を通信販売で購入したのですが、内面の材質が錫ではなく、何らかのメッキになっておりました。彼女は「安かったから良いんだ」と言いはり、自分のお気に入りのプーアル生茶をいれておきました。その2週間ほど後に皆でそのお茶を飲んだところ、同じお茶とは思えないほど強い渋味が感じられ、コクも顕著に弱くなっておりました。内面の材質が不確かな茶筒で保管すると、大切なお茶が駄目になるという良い例です。

清雅堂の手作り茶筒

紫砂の壺でお茶を保存する場合

紫砂の壺にてプーアル茶や烏龍茶を保管するというのは中国や台湾では昔から良く行われている方法です。ただし、紫砂と言ってもいろんな種類があります。紫砂と言うのは「宜興産の土」を指す総称であり、紫泥とは意味が異なります。紫砂の中には、朱泥、段泥、紅泥、紫泥、緑泥等々様々な種類があります。
宜興の土で相対的に優れた性能を発揮する土は朱泥です。それに対し、茶色や紫色〜エンジ色系の土(紫泥)の場合、銅や亜鉛が多く含まれている事が多く、茶壺(急須)に使われた場、お茶のコクが無くなったり、舌に残る強い渋味を呈する土が大多数です。
壺にお茶を保管する場合も同様に、壺の材質が重要です。多くの場合、壺に朱泥のような良い土が使われていることは希で、あまり良い効果が期待できないのが実情かと思います。勿論、お茶をビニールに入れた状態であれば、問題ないでしょうが、その場合、わざわざ紫砂の壺で保管する意味が見あたりません。

なぜ、保存容器の材質がお茶の品質に影響するのか

なぜ、お茶を保管する入れ物の材質がお茶の味に影響をするかという理由ですが、おそらく、容器内に含まれる水分やお茶に含まれる水分を介して、お茶の成分の立体構造が変化するものと思われます。保存中のお茶の品質を変化させようと思った場合、容器の材質を考慮する以外に、例えば、貝殻や石灰岩のようなカルシウムを密封した袋にお茶と一緒に入れておくと、ボディが顕著に増します。また、コクが非常に強い自然栽培茶と凍頂烏龍茶を一緒に包装し、数週間おくと、凍頂烏龍のコクがまるで梨山茶のように強く変化します。勿論、自然栽培茶については新しめのプーアル生茶など、あまり個性が強すぎないお茶を選ぶ必要があります。炭を一緒に入れて保管する人もおりますが、これも炭に含まれるミネラルの作用によりお茶の質の変化を期待しての方法です。ただし、炭と言っても、様々な木から作られるため、木によってはお茶のミネラルとの相性が悪く、むしろお茶の質が悪化することもあるため、炭を使った保存法は無理にお勧めはしません。

まとめると、お茶を保管する場合、容器(直接お茶に触れる部分)の材質を意識することが重要です。同じ材料が急須に使われたとき、お茶が美味しくなる、または無変化であれば問題有りませんが、コクをカットするような素材の場合、長期保存により折角のお茶の品質が駄目になります。これらのことを考慮すると、無難な材料としては、ポリラミネートの袋、錫などではないかと思います。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

PAGETOP