• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化

お茶をブレンドする本当の意味

[2015.09.30] Posted By

お茶のブレンド
お茶に限った話ではありませんが、お茶をブレンドするというと、香りを組み合わせることで新たな香りを生み出すことを想像される人が多いのではないかと思います。しかし、私がブレンドを行う場合は香りだけでなく味を非常に重要視します。

お茶の個性を理解して組み合わせることで味の再設計

お茶をブレンドする際には、個々のお茶の味の特徴を把握する必要があります。例えば、お茶ごとに、ボディが強いお茶、コクが非常に強いお茶、ボディもコクも強いお茶、逆に、ボディもコクも弱いお茶の4種に大別することが出来ると思います。(勿論中間もありますがそれはここでは省略します。)お茶に精通したプロがブレンドをする場合、異なる味のお茶を組み合わせることで、味を再設計することがブレンドの主たる目的です。

コクが強いお茶

例えば、コクの強いお茶、つまり、余韻の強いお茶と言うのは素材の質が非常に良いお茶と定義することが出来ますが、コクが強くてもボディが弱い場合、一般受けしにくい傾向があります。私のラインアップで言うならば、周新強古樹生茶、月ヶ瀬在来煎茶、野生春芽2014、宮廷金毫、天池梨山茶などが思い浮かびます。これらのお茶は自然栽培や準自然栽培で作られており、味の余韻がとても深くて極めて品質の良いお茶なのですが、ボディが弱い為に、香りや味の華やかさには欠けます。事実、中国ではお茶がある一定レベルのコクを満たしていた場合、値段はボデイの強さに比例して高くなる傾向があります。ボディが強いと、香りの広がりが増すため、同じ香りでもより豊で華やかに感じられ、より多くの人、あまりお茶に詳しくない人にも受け入れられやすいのです。
野生春芽

ボディが強いお茶

これに対し、ボディが非常に強い反面、相対的にコクが弱いお茶もあります。例えば、高山紫茶2014年、独木春古樹生茶2012年、雁が音などがそれにあたります。これらのお茶は香りに広がりがあり、味も香りも非常に華やかに感じられる反面、余韻は軽めゆえ、サッパリしたのみ心地に感じられます。

コクとボディを互いに補う

コクが強いがボディの弱いお茶と逆にボディが強いがコクが弱めのお茶をブレンドした場合、コクとボディがお互いに補われ、味の相乗効果により奥行きがあり豊かな飲み心地のお茶に変化します。
例えば、コクが非常に強い反面、ボディが軽めの月ヶ瀬在来煎茶と、ボディが強い雁が音や朝宮煎茶をブレンドすると、香りや味の広がりも奥行きもバランスが良くなり、飲んだときの満足感が増します。
このように、ボディとコクのバランスを考慮しつつブレンドを行うと、お茶の個性が豊になり、お茶がとても楽しくなります。

3種類のお茶を使いより経済的なブレンド

私の場合、客様からの依頼で実際にお茶のブレンドを行う場合、①香りのみを純粋に担当するお茶、②コクを担当するお茶、③ボディを担当するお茶と、それぞれの役割を明確に切り分けます。一つのお茶に多くを求めないようにすることで、低いコストで万人に受けるお茶を生み出すことが出来ます。例えば、ダージリン、東方美人、鳳凰単叢烏龍茶、ローズ、ジャスミンパールに、コクとボディを高める為に自然栽培系のプーアル生茶を2種類ほど組み合わせると、まるで超高級茶のような味わいになったりして面白いです。

急須選びもお茶のブレンドと同じ考え方

実は、急須も同様の考え方で選択することが出来ます。例えば、ボディは非常に強いもののコクが弱めの高山紫茶や雁が音と、コクは高める物のボディを高めない野坂土を組み合わせた場合、ボディとコクのバランスが取れた味わいのお茶をいれることができます。また、コクは非常に強い物のボディが軽めである、月ヶ瀬在来煎茶、天池梨山茶、宮廷金毫のようなお茶を、ボディを高める土である、渡辺陶三氏の秋津無名異土や清水謙氏の無名異土と組み合わせた場合、ボディが広がり、お茶にもともとあったコクと相成って、非常に豊で「分かりやすく美味しい」お茶になります。

なお、HOJOでは現在ブレンドした製品は殆ど扱っておりませんが、今後、徐々にブレンド茶も紹介していきたいと思っております。また、業務用のお茶については、要望に応じてブレンドを行ないます。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

PAGETOP