伊賀天然朱泥急須もうすぐ販売できそうです!

[2015.11.08] Posted By

伊賀の土
伊賀の山の天然の朱泥を使った急須製作の進捗状況を報告したいと思います。

8月に伊賀の原土を精製し、粘土に加工

6−8月にかけ、土の精製方法について見直しをしてきました。伊賀の土は山の表層部から回収された土であり、掘ってきたばかりの原土の状態です。したがって、植物片や砂などが混ざっており、作家が使用できる粘度の状態へ加工する必要がありました。
一通り、大きな異物を除去した後、更に土を細かくするためには、ボールミルという粉砕器で天然の土をより細かく粉砕する方法、地味に篩を使ってふるう方法、水簸といって、水煮分散した各粒子の沈降速度の違いを利用して分離する方法があります。
土の性質に対して不適切な方法で精製をすると、焼き上がった後の作品にひび割れがあったり、窯キズが生じやすくなります。また、精製方法によって、舌への渋味の感じられ方や、土の性能自体が変わります。
私としては、舌でのざらつきがなく、味を引き立てる茶器を理想としており、以下3点を重点的に検討しました。因みに、粒子を細かくした場合、焼成温度を下げるなどの工夫が必要になります。

  1. 精製方法
  2. 粒子の細かさ
  3. 焼成温度

一通り、精製方法の見直しが終わったことで、8月に土を全て買とり、精製を委託しました。非常に稀少な土と言うこと、精製で不純物を除去したことで1.5トンプラスが粘度として手元に残りました。今後、必要量ずつ土を作家に供給することで、土の品質管理をしつつ、作品を作っていただこうと思っております。

伊賀の土

精製が完了し、作家が使用できる粘土状に加工され、包装された伊賀朱泥

伊賀の朱泥

精製中に除去された砂の一部

11月中旬には最初の作品群が完成予定

9月の頭に、村田益規氏と会い、希望の形状やその他私が希望する規格に関する打ち合わせを行いました。当初の予定では10月には仕上がってくるはずだったのですが、予定に遅れが生じたことから、先週ようやく、焼成前の作品が出来上がりました。予定では11月の中旬くらいには作品が完成してくる予定です。今回は数量を抑え気味に注文してあります。今回納品された作品を検品し、それを叩き台にして、更なる修正箇所や希望を村田益規氏に伝えることで、12月を目処にある程度の量を生産したいと考えております。村田氏は後手タイプの急須(茶壺)の形状を比較的得意とされているので、今後、後手の作品を中心に紹介していきたいと考えております。

以下、焼成前の作品

伊賀の土

朱泥の原土は黄色い色をしております。焼成することで、30%程収縮し、朱色へと変化します。

伊賀の朱泥

 

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

PAGETOP