お茶の作り方-製法

[2006.08.09]
「非常識」なフレーバー茶の開発

以前にも述べましたが、一般的なフレーバーティは、①香料の噴霧、②非常に低級グレードの茶葉の使用が常識でした。フレーバーティは英語に直すと、Flavored Teaです。edは、「フレーバーを付けた」を意味します。 私とし …

[2006.08.04]
意外と知られていないプーアル熟茶の製法

プーアル茶には2種類あり、「微生物による発酵」が関与するのがプーアル熟茶、酵素発酵のみで作られるのがプーアル生茶と呼ばれます。プーアル熟茶茶は黒くて、固まっていて、何だか古~い家具のような臭いがします。雲南省にてプーアル …

白牡丹
[2006.06.03]
白茶と緑茶と干し草の違い

白茶の生産量は非常に少なく、中国茶全生産量の0.1%しか有りません。白茶の生産工程は非常にシンプルです。 ①萎凋→②乾燥→③選別 つまり、白茶は摘んだ茶葉を室内でゆっくりと萎れさせて作ります。日陰でゆっくりと萎れていく課 …

[2006.05.16]
街で密かに人気の工芸茶 Flower Art Tea

工芸茶と呼ばれるお茶があります。この工芸茶は最近密かに世界中でブームになっております。アジアでも日本でも可愛らしいとの理由で女性に大人気です。 この工芸茶ですが私も製品のラインアップに加える予定で、現在様々な調査を行って …

[2006.04.14]
ラプサンスーチョンは本当は煙臭くない?!

紅茶と言えばスリランカやインドを連想しがちですが、紅茶は中国が元祖です。中国紅茶は手作業による非常に複雑な工程により作られ、味香りとも非常に洗練されておりストレートで飲んでも美味しく味わうことが出来ます。 イギリスもその …

[2006.02.22]
玉露と煎茶の違い

日本を代表する高級茶と言えば玉露です。玉露という言葉が一人歩きしておりますが、意外に玉露を飲んだことのある人は少ないように思います。 玉露と煎茶は何が違うかというと、その決定的な違いは、栽培方法です。煎茶用の茶葉は太陽光 …

PAGE 11 OF 11

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …

人気記事ランキングお茶の作り方-製法

PAGETOP