• ホーム >
  • マレーシアニュース・文化

マレーシアの象徴 パサールマラム

[2006.07.17] Posted By

ブログでは湖南省の事を書き続けておりますが、私自身は既にペナンに戻ってきました。湖南省と比べると、ここマレーシアの方が遙かに涼しいです。

 
何時もコメントを下さっている、Manggiskさんが今度ペナンに旅行に来られるそうですので、ペナンで私が最もお勧めするPasar Malamについて紹介させていただきます。Manggiskさんには是非ともPasar Malam行っていただきたいと思います。Pasar Malamを見ずして、マレーシアを語ることは出来ません。
Pasar Malamとはマレー語でナイトマーケットを意味します。ペナンに住んでいても、Pasar Malamを知らない中国人が大勢おります。まして、外国人には殆ど知られておりません。
それもそのはず、Pasar Malamは決まった曜日に決まった場所に、夕方だけ出現するのです。普段は普通の道路が突如巨大マーケットに変貌します。Pasar Malamは毎日開催される場所が変わります。つまり、ペナン島のあちこちを曜日を変えながら移動していくのです。但し、最も大きな規模のものは土曜の夜のPasar Malamです。
Pasar Malamは基本的にマレー人のみにより運営されております。決まった場所に、大量の出店が出現するのですが、それぞれの店を運営しているのは、普段は工場で働いていたり、その奥さんだったり、中には専門にPasar Malamでの商売をやっている人もおります。
売られているのは、果物・野菜・魚・肉・怪しい薬・服・調味料・食べ物・デザートを初め、マレー人の生活に必要な物は全てあります。しかも、中国人により運営されているマーケットと異なり、野菜や果物は殆どが自家製故、非常に新鮮で時として見たことのない様な不思議な果物にも出会うことが出来ます。
私も私の家族もPasar Malamが大好きで、毎週のように行っておりました。Pasar Malamに行く日は、夕食を準備せず、全ての夕食をPasar Malamで調達するのが習慣でした。
Pasar Malamはマレー人により運営されているので、ぼったくられたり、スリに遭うことは殆どありません。非常に安全ですので、安心して行ってみてください。
私が最もお勧めする、ペナン最大のPasar Malamは、ペナン空港の道(大きな道)を挟んで向かい側にあります。土曜日に出現するPasar Malamで500m位の道路両側に何百もの店が並びます。次にお勧めなのは、ペナンブリッジの近くにあるペスタという場所で日曜日に運営されているPasar Malamです。
Pasar Malamは6時がベストです。通常は5時半くらいから8-9時くらいまでやっているのですが、時間が遅くなると猛烈に混み合います。
先週末に行った際の写真を幾つか添付いたします。今は果物が最盛期を迎えているため、非常に華やかでした。
20060717120729.jpg20060717120758.jpg
写真右:ジャックフルーツのばら売り風景。
20060717120830.jpg20060717120849.jpg
写真左:マンゴスチンやランブータン屋、写真右:豆腐を使ったデザート
20060717120952.jpg20060717121018.jpg
写真左:淡水魚屋、右:ムータバ
20060717121049.jpg20060717121129.jpg

20060717121151.jpg20060717121218.jpg
写真左:私のお気に入りのココナッツシェイク、写真右:Asam Gelgur

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

无量山古樹生茶2018(プーアル茶)販売開始
人気のプーアル生茶无量山古樹生茶2018の餅茶 200gを発売しました。今年は餅茶に加工した際に、乾燥方法を一 …
中国安渓産の鉄観音 中焙火の販売を開始
中国安渓の鉄観音の中焙を発売しました。品質と日本の農薬基準の両方を満たす商品が見つからず、これまで長年にわたり …

最新の記事 NEW ARTICLES

屋台食べ歩きと烏龍茶ファンの聖地、潮州
潮州の鳳凰鎮に仕入れに行ってきました。潮州と言えば鳳凰単叢烏龍茶の産地です。潮州へは必ず毎年行き、現地にて仕入 …
无量山古樹生茶2018(プーアル茶)販売開始
人気のプーアル生茶无量山古樹生茶2018の餅茶 200gを発売しました。今年は餅茶に加工した際に、乾燥方法を一 …
意外に知られていないジャスミン茶の加工方法
これまで数回に分けてジャスミン茶について特集してきましたが、今回はジャスミン茶がジャスミンの花の産地である広西 …
嘘のようにお茶が美味しくなる工夫式のいれ方
工夫式のいれ方について、よく質問を戴くため、あらためて、工夫式で美味しくお茶をいれる方法を紹介したいと思います …
中国安渓産の鉄観音 中焙火の販売を開始
中国安渓の鉄観音の中焙を発売しました。品質と日本の農薬基準の両方を満たす商品が見つからず、これまで長年にわたり …
新しいジャスミンパールを2種類販売開始
ジャスミンパールの商品構成を刷新しました。これまでHOJOのジャスミンパールは1種類だけでしたが、廉価バージョ …
美味しいジャスミン茶に使われる高品質なジャスミンの花とは?
ジャスミン茶は緑茶とジャスミンの花を混ぜ、ジャスミンの香りを緑茶に吸わせることで作られます。ジャスミン茶の味を …
ジャスミン茶はどうやって作られる?
ジャスミン茶の仕入で広西壮族自治区に行きました。何回かに分けて、ジャスミン茶の作り方、どのような要素が品質に影 …
火草山産の茶頭磚(プーアル熟茶)2017の販売開始
2017年産の火草山古樹熟茶から作られた茶頭磚250g(ブロック)プーアル熟茶の販売を開始しました。商品は茶頭 …
外出先で簡単に美味しいお茶をいれる方法
お茶が好きな人にとって、外出時に美味しいお茶が飲めないのはとても悲しいことです。お茶が大好きな私としても旅行中 …

PAGETOP