• ホーム >
  • お茶ビジネスの運営・記録
お茶の値段というものは同じ銘柄でも数百倍の開きがあるのはごく一般的です。例えば、台湾の高山茶で品評会にて高く評価された茶葉などは1kg数十万円で取引されます。ところが、世の中には凄い人もいるもので、豊かな人は品評会で入賞したロットをそのまま全量買い取ってしまい、自宅で1年間飲む事を一種のステイタスとしております。1ロット数十キロになる訳なので、1千万円を超える金額になります。
但し、全ての優れたお茶が品評会に出るわけではありません。品評会で賞を取れば良い値段が付きますが、その農家が作っているお茶の全てが入賞・入選する訳ではありません。また、毎年良いお茶が出来るわけでもありません。その為、入賞クラスの腕の良い農家になると、お茶会社からオファーがあります。つまり、品評会に出さない代わりに、お茶会社が「どのお茶も市場価格より高めの、ある一定の値段で買い取るという契約」を締結するのです。農家で生産されたお茶は、最高級品からダストに至るまで契約先のお茶会社へ売り渡されます。農家にとってはこの方が計画的な生産が出来、また、翌年の生活が保障されるためとても嬉しい話しなのです。勿論、年間を通じ、茶園からは良いお茶も悪いお茶もできます。当然、春冬には良いお茶が、夏場には低品質のおお茶が出来ます。それらの要素を考慮に入れ、値段設定が行われます。つまり、それぞれのグレードのお茶がどの程度の数量、生産されるか事前にシュミレーションすることで価格が計算され、オファーされるのです。ただ、値段交渉は前年度に行われます。実際に作ってみたら、前年度よりも品質が劣る場合もあるし、逆に品質が良い場合もあります。品質が良ければ、お茶会社は嬉しく思い、逆に品質が目標より低い場合、農家では翌年の契約解消の不安に曝されます。
これは台湾の典型的なお茶の委託栽培のシステムですが、他の国々でも類似の仕組みがあります。腕に自信のある職人は、品評会で名を売り、その後、安定的な契約を実現するという点でとても合理的な仕組みです。
時々、お茶の専門店を覗くと、品評会グレード、入賞品と賞する製品を見かけます。勿論、それらは高い品質であることは間違いありませんが、それらがベストとは限りません。上記の契約の仕組みがあることで、実際には、市場に流通しているお茶でもそれ以上に良いお茶が山のようにあると言う事実を理解することが重要です。
次に重要になるのが、買い手側のお茶を評価する能力です。品評会(オークション)で順位や価格がついたお茶の場合、客観的にグレードが評価されているため、買い手が品質評価の能力が無くても、お金さえ出せば、ある程度高い品質を買うことが出来ます。但し、非常に割高な買い物となります。私の場合、極めて高級なお茶を、「少し高いですねえ」と言われる程度の価格で市場に提供するため、オークションを通さず、直接品質を評価する方法を採用しております。その為、自分自身の持つ品質の評価能力はブランドの品質を維持する上で重要な要素です。私がどの様に品質を評価しているか、その方法は随時改善され、変わっております。ただ、徐々に自分の標準的な方法を確立しつつあります。次回はその方法に関し説明します。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

餅茶で楽しむ個性的な香り、大雪山野生白茶2022と白鶯山古樹白茶2016を発売
大雪山野生白茶2022の200g餅茶と白鶯山古樹白茶 2016年産の200g餅茶を発売しました。 餅茶に加工した餅茶は熟成に向いており、今回発売した2種のお茶についても、熟成による個性的な香りをお楽しみ頂けます。 餅茶製 …
宮廷滇紅、待望の再入荷!紅茶とプーアル熟茶の魅力が凝縮された一杯
新しくなった「宮廷滇紅」が入荷しました。このお茶は、プーアル熟茶の宮廷金毫と、雲南紅茶をブレンドすることで、豊かで多層的な香りが楽しめます。 なお、雲南紅茶は生産地である雲南省を表す漢字「滇」と、紅茶を表す「紅」の合わせ …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国のお茶愛好家に人気!実生の獅峰龍井茶の新茶を発売!
2023年産の獅峰龍井茶を発売いたしました。 https://hojotea.com/item/g06.htm 龍井茶は、釜に茶葉を押しつけるようにして、釜炒りをする事で作られます。この為、茶葉が扁平な形状をしている点が …
餅茶で楽しむ個性的な香り、大雪山野生白茶2022と白鶯山古樹白茶2016を発売
大雪山野生白茶2022の200g餅茶と白鶯山古樹白茶 2016年産の200g餅茶を発売しました。 餅茶に加工した餅茶は熟成に向いており、今回発売した2種のお茶についても、熟成による個性的な香りをお楽しみ頂けます。 餅茶製 …
宮廷滇紅、待望の再入荷!紅茶とプーアル熟茶の魅力が凝縮された一杯
新しくなった「宮廷滇紅」が入荷しました。このお茶は、プーアル熟茶の宮廷金毫と、雲南紅茶をブレンドすることで、豊かで多層的な香りが楽しめます。 なお、雲南紅茶は生産地である雲南省を表す漢字「滇」と、紅茶を表す「紅」の合わせ …
お茶の老木の値段高騰が引き起こす思わぬ弊害
ここ10年くらい、中国のお茶業界においては、鳳凰単叢烏龍茶、武夷岩茶、プーアル茶を含む雲南省のお茶を中心に、老木から摘まれたお茶が大きなブームとなっています。しかしながら、老木が希少性を持つようになり、雲南省や鳳凰鎮での …
野生のプーアル生茶、大雪山野生生茶 2022年産を発売
大雪山野生茶2022年の餅茶(200g) を発売しました。 野生茶とは山に自生しているお茶で、現地の人々は山菜を収穫するような感覚で、山に入り、お茶を収穫します。 https://hojotea.com/item/d27 …
ジャスミン茶の常識を覆す!プーアル熟茶を使った斬新な味わいの黒ジャスミン茶(黒茉莉茶)
私たちは完成したジャスミン茶を仕入れるのではなく、自分たちで選んだ原料をジャスミン工場に持ち込むことで、オリジナルのジャスミン茶を特注生産しています。これまでにも、プーアル生茶を原料としたプーアルジャスミン茶、古樹銀針( …
中国でもレアな薫香の高級正山小種、奇種伝統式が登場!
正山小種には、松の木を燃やしてお茶の乾燥を行うことで薫香を呈するタイプと、甘く華やかなフルーツ香が特徴のタイプの2系統のお茶があります。それぞれ全く異なる香りがするお茶ですが、一般的にフルーツの香りがする正山小種は高価な …
プーアル生茶は発酵茶?それとも緑茶?という議論
プーアル茶というと、発酵茶の代表格のように各書籍には書かれております。 プーアル茶は分類的には、黒茶に分類されることから、後発酵茶と定義されている事が一般的です。 しかし、プーアル茶と言ってもプーアル生茶とプーアル熟茶の …
武家寨古樹生茶 2022 秋茶 散茶を発売
  武家寨古樹生茶 散茶 2022の秋摘み茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/d116.htm 秋のお茶は、個性がはっきりしており、春茶とはまた違った美味しさがあります。 高山 …
お茶で絶対にやってはいけない2つの保存法
お茶を保存する上で絶対に避けるべき保存方法を2つ紹介します。 冷蔵庫・冷凍庫での保存が劣化に寄与 お茶は冷蔵庫にいれておけば新鮮という印象がありますが、実は冷蔵庫はお茶を急速に劣化する大きな原因の1つです。 冷蔵庫がなぜ …

PAGETOP