野生の山椒採り

[2008.08.16] Posted By

鉄瓶の英語サイトを作成していた際、漆の説明の箇所がありました。
漆は鉄瓶の内外をコーティングするための大切な材料であり、きちんと説明しなければなりません。
でも、漆を和英辞書で調べると、英語では「ラッカー」となっております。
ラッカーというと、いわゆる、合成品のラッカーと混同され、外国人からすると、漆=合成樹脂と勘違いされてしまいます。
そこで、近所の山に漆の写真を撮りに行ってきました。ここ長野は山が豊富で、私の家から数分で山があります。
私は子供の頃から山菜採り、キノコ採り、渓流釣りが大好きなアウトドア少年というより、狩猟少年だったのですが、常に恐れていたのが他でもない漆の木でした。
漆の木は枝が赤色をしており、葉が放射状に広がっていることから意識していれば一目で分かります。でも狩猟・採集中だとついつい無意識に触ってしまい、その後、手足顔のかぶれに悩まされるのでした。
伝統工芸で使われる漆の木は、全く同じ品種かどうかは定かではありませんが、木の特徴等を写真見る限り、かなり近い品種であることは確かです。
漆の木は一旦木が切り払われブッシュ地帯になったような日当たりのよい場所に好んで自生しております。ただ、なかなか大きな漆の木を探し出すのは困難で、今回写真撮影出来た漆の木も随分小さなサイズでした。
blog1.jpg
漆の木
blog2.jpg
漆の木を撮影しようと山に入ったところ、様々な山菜類が目に入りました。
特に私が好きなのは「こしあぶら」と呼ばれる山菜です。これはタラの芽ににておりますが、味はタラの芽とウドを足して二で割ったような感じで香が特徴的でとても美味しい山菜です。タラの芽と異なり、木にトゲがないためこしあぶらの木を見分けるには「慣れ」が必用です。夏に見ると、葉が大きく育っており、逆に見つけやすい気がしました。場所を覚えておいて、春にリベンジをしなければなりません。
blog6.jpg

こしあぶらの木。5月の上旬が旬です。
近所の山には野生の山椒の木が大量に生えておりました。
山椒の木って日本であれば何処にでもあるのでしょうか?
他の地域のことは良く分からないのですが、うちの周りには大量にあります。
山椒には、実のなる木とならない木があるため、実が欲しい場合は山を暫く歩き回り探しまわります。
中華料理でも四川料理でよく利用されますが、四川料理の場合花椒といって、花の部分が利用されることが多いようです。
花の部分は実よりも原価が安いため、欲を言えば実のほうが良いのだと思います。
私が以前努めていた香辛料会社でも山椒を扱っておりました。私は粉砕工程とかの設計をし、試運転等に何度か立ち会いましたが、それはそれは「痛い」仕事でした。
私は個人的に春先の若芽が大好きです。みそ汁や煮物にいれると良いアクセントになります。
若芽は実程辛くなく、また、青々強い香りがあるため、みそ汁にいれたり、煮物などのアクセントに適しております。
私の地元では五平餅を作るのですが、その味噌には山椒は絶対に欠かせません。味噌に葉をすり込んだ場合、実を使用した場合と異なり辛みが抑えられるため、相対的に沢山の山椒を入れることが出来、香りが抜群です。
早速、我が家の息子を動員して山椒の実を採りに行きました。
今の家に沢山採り、冷凍しておけば一年中使えます。
また、もしかして採れすぎた場合は→佃煮になります!
因みに、適当に作った麻婆豆腐に新鮮な山椒を入れると、瞬時に本格麻婆豆腐に早変わりするのです。
blog3.jpg

こちらは実がならないタイプの山椒
blog4.jpg

丁度食べ頃の実がなっておりました。
blog5.jpg

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

无量山古樹生茶2018(プーアル茶)販売開始
人気のプーアル生茶无量山古樹生茶2018の餅茶 200gを発売しました。今年は餅茶に加工した際に、乾燥方法を一 …
中国安渓産の鉄観音 中焙火の販売を開始
中国安渓の鉄観音の中焙を発売しました。品質と日本の農薬基準の両方を満たす商品が見つからず、これまで長年にわたり …

最新の記事 NEW ARTICLES

屋台食べ歩きと烏龍茶ファンの聖地、潮州
潮州の鳳凰鎮に仕入れに行ってきました。潮州と言えば鳳凰単叢烏龍茶の産地です。潮州へは必ず毎年行き、現地にて仕入 …
无量山古樹生茶2018(プーアル茶)販売開始
人気のプーアル生茶无量山古樹生茶2018の餅茶 200gを発売しました。今年は餅茶に加工した際に、乾燥方法を一 …
意外に知られていないジャスミン茶の加工方法
これまで数回に分けてジャスミン茶について特集してきましたが、今回はジャスミン茶がジャスミンの花の産地である広西 …
嘘のようにお茶が美味しくなる工夫式のいれ方
工夫式のいれ方について、よく質問を戴くため、あらためて、工夫式で美味しくお茶をいれる方法を紹介したいと思います …
中国安渓産の鉄観音 中焙火の販売を開始
中国安渓の鉄観音の中焙を発売しました。品質と日本の農薬基準の両方を満たす商品が見つからず、これまで長年にわたり …
新しいジャスミンパールを2種類販売開始
ジャスミンパールの商品構成を刷新しました。これまでHOJOのジャスミンパールは1種類だけでしたが、廉価バージョ …
美味しいジャスミン茶に使われる高品質なジャスミンの花とは?
ジャスミン茶は緑茶とジャスミンの花を混ぜ、ジャスミンの香りを緑茶に吸わせることで作られます。ジャスミン茶の味を …
ジャスミン茶はどうやって作られる?
ジャスミン茶の仕入で広西壮族自治区に行きました。何回かに分けて、ジャスミン茶の作り方、どのような要素が品質に影 …
火草山産の茶頭磚(プーアル熟茶)2017の販売開始
2017年産の火草山古樹熟茶から作られた茶頭磚250g(ブロック)プーアル熟茶の販売を開始しました。商品は茶頭 …
外出先で簡単に美味しいお茶をいれる方法
お茶が好きな人にとって、外出時に美味しいお茶が飲めないのはとても悲しいことです。お茶が大好きな私としても旅行中 …

PAGETOP