• ホーム >
  • お茶ビジネスの運営・記録
いよいよ今日で今年最後の日です。
1年間を振り返り、来年への課題を考えてみたいと思います。
お茶に関しては、台湾茶、プーアル茶、鳳凰単叢烏龍の3カテゴリーに関しては、極めて高いレベルのお茶をラインアップできるようになりました。
これらの産地へは毎年定期的に訪問していることから、産地の事情に詳しくなり、大局的な視点から品質が見られるようになりました。
2005年にHOJOを立ち上げた当時は、お金もなく、また、顧客も少なかったことから、1年分のお茶を買い占めることが出来ませんでした。
当時は、少量ずつ原料を買い、無くなったら再び仕入れるという方法をとっておりましたが、良いお茶は値段に関係無く直ぐになくなるのが世の常です。
最近では春に1年分のお茶を買えるようになり、この買い方ゆえに、生産者と直接お付き合いすることが出来るようになり、品質を飛躍的に向上することが出来ました。
来年も引き続き春には各産地を訪問し、1年分のお茶を買い付ける予定です。
今年は茶器に関しては革命的な結果を残すことが出来ました。
佐渡の作家さんとのコラボレーションで生まれた野坂朱泥100%の茶器が私の想像を超えた高性能に仕上がりました。
この茶器は私が所有する30以上あるどの宜興製の茶器よりも優れた性能を発揮します。「もうこれ以上優れた性能の茶器は必要ないだろう」と思えるレベルの性能が実現でき、大変満足しております。
現在、岐阜、愛知県、奈良、三重、長野県周辺の朱泥の探索も行っておりますので、これらの結果も楽しみです。
以下、来年の課題です。
まず日本茶ですが、今年は春日在来、月ヶ瀬在来のような喉越しが深く、お茶としての味わいが極めて深いお茶を継続して探索したいと思います。
今後、同様の品質を有し、且つ、個性的なお茶を更に5-6種類は増やしたいと考えております。
特に注目している地域としては、滋賀県、奈良県、京都府、三重県、岐阜県です。
更に、静岡でも、山奥のお茶に興味を感じております。
次に、武夷岩茶の仕入れは来年の重要テーマです。
春には武夷山を訪問予定ですが、鳳凰単叢烏龍と並べても引けを取らない品質の武夷岩茶を見つけたいと思っております。
私の個人的な考えでは、鳳凰単叢烏龍が武夷岩茶のルーツであり、良質な鳳凰単叢烏龍があれば武夷岩茶は不要と思いますが、そんなことを言っていても始まらないので、来年は努力します。
武夷山のお茶の中でも、もう一つ何としても入手したいのが、正山小種の超高級品です。こちらは、会社のスタッフが生産会社を過去に訪問し品質の評価などもしたのですが、あまりに値段が安定しないことから販売を躊躇しておりました。
来年は広西壮族自治区へも行きたいと計画中です。
現在もこの地域からは金芽と雲峰を購入しております。
広西は非常に良質な緑茶と紅茶が生産される地域で、他の産地にはない花のような甘い香りが特徴です。
広西には金芽以外に、金螺という超個性的な紅茶があり、この紅茶を春の内に買い付けるのが重要な目標の1つです。
先日のブログにも書きましたが、ダージリンティーに関しても来年は更に強化したいと考えております。
本当はダージリンにも行きたいのですが、色んな茶園と連絡をとっても、いつの間にか連絡が途絶える、約束しても、破られる、嘘も平気でつくと言った、インド特有のユニークな文化事情ゆえに、四苦八苦しております。
実際、ブローカーを通じて買えばすんなり買えるのですが、その場合、ブローカーが選んだサンプルの中からしか選ぶことが出来ませんし、割高になります。
やはり、現地に赴き、その場で選びたいものです。
もう一つ、来年行きたい産地は、四川です。
四川には極めて良質な緑茶が沢山あります。
その代表格が、蒙頂甘露という緑茶です。HOJOのスノージャスミンの原料でもあります。
ただ、これらの有名茶以外にも、四川には沢山の面白いお茶があり、新しいお茶が見つけられることを願っております。
上記に加え、WEBサイトのリニューアルを計画中です。
海外向けの販売ページシステムを制作し、より海外向けの小売を強化したいと考えております。
これまでは自分でサイトの制作・維持・管理を行ってきましたが、今後はWEBプログラマーの力を借りたいと思っております。
この計画は来年中に実行に移す予定で現在準備を進めております。
最後になりましたが、今年一年間どうも有り難うございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆で良い年を迎えましょう!

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

個性的なダージリンファーストフラッシュを3種類発売
ダージリン1st Flushを3種類発売しました。 3種とも肥料を制限した自然に近い栽培方法ゆえに、余韻が非常に長く、素材の味がしっかりと感じられます。 また、細胞密度が高く、ミネラルが濃厚ゆえに、プーアル茶や白茶のよう …
奈良県大和高原産の無農薬無肥料の自然栽培茶、都祁在来煎茶を発売
奈良県奈良市の都祁白石町(旧)産、無農薬無肥料の実生春摘み茶から作られた煎茶、都祁在来煎茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/g48.htm 古代日本の中心地との説もある都祁 都祁(つげ) …

最新の記事 NEW ARTICLES

個性的なダージリンファーストフラッシュを3種類発売
ダージリン1st Flushを3種類発売しました。 3種とも肥料を制限した自然に近い栽培方法ゆえに、余韻が非常に長く、素材の味がしっかりと感じられます。 また、細胞密度が高く、ミネラルが濃厚ゆえに、プーアル茶や白茶のよう …
2種類の全く異なるプーアル茶、生茶と熟茶とは?
プーアル茶(普洱茶)には、「生茶」と「熟茶」の2種類があることをご存じでしょうか? 生茶と熟茶はどちらもプーアル茶との名称が付いておりますが、製法からして、全く異なる種類のお茶になります。 実際、プーアル生茶と熟茶は、緑 …
奈良県大和高原産の無農薬無肥料の自然栽培茶、都祁在来煎茶を発売
奈良県奈良市の都祁白石町(旧)産、無農薬無肥料の実生春摘み茶から作られた煎茶、都祁在来煎茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/g48.htm 古代日本の中心地との説もある都祁 都祁(つげ) …
コスパ重視で仕入れた鳳凰単叢烏龍茶(2021年重焙)を3種類発売
鳳凰単叢烏龍茶を3種発売しました。 今回は比較的安価な単叢を発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm 但し、HOJOで取り扱っている鳳凰単叢は安価であっても、ガーデン産ではあり …
舘正規氏作の信楽粗土急須の新作をリリース
三重県四日市市の無形文化財である、舘正規氏による信楽粗土急須の新作をリリースしました。 https://hojotea.com/item/shigraki.htm 舘氏は萬古焼を専門とする急須作家ですが、HOJOでは舘正 …
三次火と四次火の濃香型の鳳凰単叢・水仙を3種発売
三次火と四次火で仕上げた鳳凰単叢烏龍茶と鳳凰水仙烏龍茶を合計3種類発売しました。 これまでHOJOでは清香型を鳳凰単叢の主力としてきましたが、今後、清香型に加え濃香型についても良いお茶があれば仕入れていきたいと思っており …
2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種:老欉東方紅と鴨糞香を発売
2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種類発売しました。 2022年は各お茶産地に共通して、雨が多い年でした。しかしながら、鳳凰単叢烏龍茶の収穫期前は意外にも晴れの日々が続き、予想外に香りがしっかり出ております。 https: …
濃香な三次火蜜蘭香など3種類の鳳凰単叢2021を発売
鳳凰単叢烏龍茶を3種発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm どれも非常に個性的なお茶でお勧めです! 鳳凰単叢老欉蜜蘭香 2021 蜜蘭香はライチを連想するとてもフルーティな香 …
古樹白茶2022(無農薬無肥料の自然栽培茶)を発売
2022年産の古樹白茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/w25.htm 樹齢数百歳のお茶の木 古樹白茶は無農薬無肥料の自然栽培茶園で作られたお茶を原料に1芽1葉の茶葉から加工した白茶です …
武家平掌古樹生茶2020年産 357g餅茶と2021年産 200g餅茶を発売
武家平掌古樹生茶 2020と2021を発売しました。 このお茶は中国雲南省臨滄市の南西部、ミャンマー国境から数十キロに位置する、2100m前後の茶園産です。 https://hojotea.com/item/d137.h …

PAGETOP