福建省の白茶・白毫銀針2013が入荷:あえて毛茶を仕入れました

[2013.05.25] Posted By

白茶

本日より、白毫銀針を2013年産を発売しました。2012年産も未だ残っているのですが、白茶は熟成することでマスカットのようなフルーツ系の香りを生み出すため、2012年産は熟成に回すことにしました。さて、今年の白毫銀針ですが明前である3月20日頃に摘まれた1番芽から作られた毛茶(荒茶)を仕入れました。毛茶は普通市場に流通することがありません。その理由を理解していただくためには、白茶の工程を理解していただく必要があります。

白茶の萎凋

白茶は色が白いだけでなく、緑茶とは全く異なる工程により製茶されます。

  1. 萎凋
  2. 乾燥
  3. 火入れ

白茶は発酵茶

白茶は発酵茶のなかまで紅茶や烏龍茶に近いお茶です。風邪通しの良い場所で水分を徐々に蒸発することで、茶葉に含まれる酵素の発酵をうながします。このため、白茶の生産現場に行くと、収穫されたままの茶葉が竹のトレイに並べられており、まるでドライフラワーか乾燥野菜を作っているような光景です。それは見た目だけでなく、作業空間には花のような香りが充満しており、まるで花屋やさんに足を踏み入れたかのような華やかな香りがします。萎凋がおこなわれた白茶ですが発酵が進み、理想とする香りになった時点で茶葉は乾燥機にかけられ、それにより発酵は完全に停止します。この状態を業界では毛茶と呼びます。
白茶の萎凋

毛茶でのみ味わえるふんわり感

じつは毛茶の状態だと、お茶の香りがとてもやわらかく、口に含んだときに、生花のような優しい香と舌触りが感じられます。これは日本茶の荒茶と同じです。日本でも生産者は荒茶の味香りが好きで荒茶を好んで飲みます。火を入れる事で、香ばしさが付与されるために一般受けするかもしれませんが、同時に失うものもあります。火をいれるということは、カテキンなどの成分を酸化することで、揮発性の物質を生成します。ただし、熱による酸化反応で新鮮なお茶独特のふんわりとした香りがきえてしまいます。例は不適切かもしれませんが、ちょうど、蒸したエビと焼いたエビ、蒸したトウモロコシと焼いたトウモロコシ、炊きたてのご飯と焼きおにぎりのような違いです。当然、焼いた方が香りとしては強くなるし、香ばしさがでることで、香りをかいだ瞬間のインパクトはあります。売り手としては、火をいれるという作業をおこなったほうが「売りやすい」でしょう。ただし、蒸した食材の方が「ふんわり感」があります。

白茶の水色

火をいれないほうが白茶らしい理由

私の意見ですが、本来ふんわり感は白茶をの本質的な要素だと思います。白茶は殺青もせず、揉捻もせず、極力熱をかけずにつくられているにもかかわらず、最後に熱を加えると言うことはある意味矛盾しており、せっかくの白茶としての個性が薄れてしまいます。昔は白茶を生産をするのに火入れ工程はなっかったようですが、近年では火をいれずに出荷されることは殆ど有りません。今年は3月の20日過ぎの白茶の生産が開始された直後、タイミング良く福建省の福鼎を訪問したため、工場にお願いして火入れ前のお茶を仕入れることが出来ました。このため今年の白毫銀針と白牡丹は何れも毛茶で仕入れたものです。1番芽から作られた毛茶独特のふんわり感を是非体験してみてください。なお、白牡丹の発売は来週くらいを予定しております。

購入はこちらで

http://www.hojotea.com/item/w01.htm

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

台湾三希製の茶漉し付マグカップ販売
台湾の三希製の磁器が何点か入荷しました。これまで品切れとなっておりました商品も入荷しましたので是非ご覧ください …
自然栽培のプーアル熟茶、火草山産の宮廷金毫2018販売開始
プーアル熟茶ファンに朗報です。HOJOの熟茶の中でも絶大な人気のある火草山から作られた宮廷金毫 2017を発売 …

最新の記事 NEW ARTICLES

台湾三希製の茶漉し付マグカップ販売
台湾の三希製の磁器が何点か入荷しました。これまで品切れとなっておりました商品も入荷しましたので是非ご覧ください …
自然栽培のプーアル熟茶、火草山産の宮廷金毫2018販売開始
プーアル熟茶ファンに朗報です。HOJOの熟茶の中でも絶大な人気のある火草山から作られた宮廷金毫 2017を発売 …
自然栽培プーアル生茶、烏木龍古樹生茶2018を販売開始
烏木龍古樹生茶(ウームーロンこじゅなまちゃ) 2018を発売しました。このお茶は2018年産のプーアル茶の中で …
鳳凰単叢烏龍茶7種発売。知名度の低い名称のお茶がおすすめな理由
鳳凰単叢烏龍茶2017産を多数発売しました。鳳凰単叢烏龍茶は仕入れた直後よりも暫く熟成した方が香りも味も良くな …
中国茶の王様とも言える鳳凰単叢烏龍茶
烏龍茶というと台湾の烏龍茶を思い浮かべる人が多いかと思います。事実、HOJOの烏龍茶の中でも台湾の烏龍茶は非常 …
屋台食べ歩きと烏龍茶ファンの聖地、潮州
潮州の鳳凰鎮に仕入れに行ってきました。潮州と言えば鳳凰単叢烏龍茶の産地です。潮州へは必ず毎年行き、現地にて仕入 …
无量山古樹生茶2018(プーアル茶)販売開始
人気のプーアル生茶无量山古樹生茶2018の餅茶 200gを発売しました。今年は餅茶に加工した際に、乾燥方法を一 …
中国茶好き必見!高級ジャスミン茶の作り方
これまで数回に分けてジャスミン茶について特集してきましたが、今回はジャスミン茶がジャスミンの花の産地である広西 …
嘘のようにお茶が美味しくなる工夫式のいれ方
工夫式のいれ方について、よく質問を戴くため、あらためて、工夫式で美味しくお茶をいれる方法を紹介したいと思います …
中国茶で人気の安渓産鉄観音 中焙火の販売を開始
中国安渓の鉄観音の中焙を発売しました。品質と日本の農薬基準の両方を満たす商品が見つからず、これまで長年にわたり …

PAGETOP