高級茶ブランドのHOJO

ジャスミン茶(茉莉龍珠)7晩かけてジャスミンの香りを吸わせます。 :お茶の専門店HOJO

送料無料
FAX
【HOJO代表 北城彰】

当店にお越しいただき、ありがとうございます。HOJO代表の北城彰です。中国茶販売から紅茶まで、お茶のことならお任せください。

▼ 北城のプロフィール

こちらのリンクをクリック>>

▼ 北城のブログ

日々の活動はこちらです>>

メルマガ申込み

高級茶バイヤーがそっと教える非常識なお茶の話
お申し込みはこちらから
 

新着情報や読者限定お買い得情報も発信。

●バックナンバーはこちら >>

 

私たちはブランドコンセプトをこうして実現しております HOJOのお茶が安全な理由 ジャスミン入荷 本山蛇塚煎茶

プーアル茶

日本の緑茶

中国の緑茶

インドの紅茶

中国の紅茶

台湾の紅茶

台湾の烏龍茶

中国の烏龍茶

プーアル生茶

プーアル熟茶

黄茶

白茶

フレーバーティー

花茶

決済方法

ホームフレーバーティー>茉莉龍珠(ジャスミン茶)

ジャスミン茶

クロネコ@ペイメント

お買い物はこちらで

ジャスミン茶

これまで「単芽」の緑茶をベースとしたジャスミン茶を販売してきましたが、お茶原料の劇的な値段高騰により、芽+茎(下写真参照)の緑茶原料に切り替えました。見た目は多少異なりますが、実際に飲んだときの味香りについてはこれまでの商品に非常に近い内容にてお楽しみ頂けると思います。

 

農薬については、周辺からの悲惨もありますゆえ、購入バッチの検査を行い最終的に日本の基準を満たしていることを確認の上で仕入を行っております。

袋小 :   30g / 価格 1,200円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

缶入り:   100g / 価格 3,300円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

袋大 :   200g(100g x 2) / 価格 6,300円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

お値打ちセット :   600g(100g x 6) / 価格 14,800円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

 

安全性について

ジャスミンパールについては農薬の分析を行い、日本の農薬基準を満たした原料を仕入れております。 ジャスミン茶

原料緑茶、ジャスミンの花、生産法に至るまで、妥協なしの
方法と原料により作られた特注ジャスミン茶です。

ジャスミン茶の品質は何で決まるかご存じですか?

 

ジャスミンの香りで品質が決まると思われがちですが、そうではありません。

ジャスミンの花の香りがするのは当然ですが、それ以上に大切なのは、ジャスミン茶に用いられる茶葉の品質です。茶葉の品質の優劣で、ジャスミン茶の品質の8割が決まると言っても過言ではありません。

 

ジャスミン茶というと、「ジャスミンの花のお茶」とか「ジャスミンの葉から作られたお茶」と勘違いされているお客様がおりますが、正式なジャスミン茶とは、茶葉にジャスミンの香りを吸わせたお茶を指します。このため、使われている茶葉の品質の優劣が、ジャスミン茶の最終的な品質に大きく反映されます。

 

最も高品質なジャスミン茶は春摘に摘まれたお茶の芽のみから作られたジャスミン茶です。春摘みと言っても、3月中旬摘み、3月下旬摘み、4月摘み、5月摘みとあり、時期が早いほど、品質も値段も高くなります。因みに、茶摘み時期は茶葉の白い部分と黒い部分の割合を見ればわかります。早摘みのお茶は、白い部分が多く、色の濃い部分も、どちらかというとシルバーに近い色をしております。

 

私たちは、3月の中旬摘みの茶葉を選んでおります。非常に寒い時期に摘まれたお茶なので、冬の間に蓄えられた成分が新芽に凝縮されております。春を思わせるような緑茶の爽やかな香りと、ジャスミンの花の香りが相成って、とても優雅で豊かな香りです。特に、強調すべきは、味の奥行きが深いことです。香りが何時までも喉に残り、口からの喉に至るまで広い範囲でお茶の美味しさを感じて頂けることと思います。

 

私たちがジャスミン茶に用いている茶葉は、白茶(シルバーニードル)の原料にも使われる品種です。このような品質の茶葉は大手の会社では買うことが出来ません。原料の供給が極めて限られているため、大手の需要に対応出来るだけの生産量がないためです。私の会社が小さいからこそ扱える茶葉です。

 

生産した全ての茶葉を買い取ると約束することで、カスタムオーダーにて、私たちの希望する品質に仕上げてもらっております。原料茶葉の品質から根本的に見直し、普通のジャスミンパールでは到底太刀打ち出来ない品質を作り上げる事に成功しました。


このお茶の特徴として、以下の5つが上げられます。


  • 1)まったく苦味がなく、まろやかで甘い。
  • 2)お茶はきれいな黄色をしており、暫く放置しても品質が劣化しない。
  • 3)5-6煎は平気でいれられ、経済的にもお得。
  • 4)ロンググラスやマグカップでも簡単に入れられる。
  • 5)緑茶の芽だけを使用していることから水出しがとても美味しい。

 

HOJOのラインアップの中で一番始めに体験していただきたい、中国茶入門にも最適なお茶です。

まずはそのお茶としての魅力からお伝えします。

伝統を大切にしつつ、鋭い感性と創造力で新たな染め物の世界を創造している染め物作家、仁平幸春氏がご自身のブログでジャスミン茶の感想を語ってくださりました。 売る側ではなく、飲む側の意見の一つとして参考にしてください。

仁平氏の感想

ジャスミン茶

華僑がカルチャーショックを受ける美味しさ

マレーシア在住の華僑がどのような人々かご存じでしょうか?彼らはビジネスの成功者、つまり裕福な生活をしている人たちです。もちろん中華料理を常食としており、頻繁に高級ジャスミン茶を飲んでいます。

私たちはマレーシアの最大級のショッピングモールMid Valleyに直営の店を所有しております。最初は日系ブランドが販売するこの中国茶に対して半信半疑だった彼らですが、実際に飲んでいただいての評価は高いものでした。

  • 「香りが本物の花のよう」
  • 「強すぎず、弱すぎない」
  • 「ジャスミンの香りが口の中に残らない」
  • 「後味が甘くて美味しい」
  • 「何度淹れても爽やかなジャスミンの香りが続く」

驚いたことに、このようなジャスミン茶は初めての体験であり、今まで飲んでいたジャスミン茶は何だったんだろう?と言ってくださります。

また、日本での様々なモニターテストでも同様の感想をいただきました。

  • 「香りが鼻からすっと抜け、緑茶の甘い味が残るため、食事とともに飲むことが出来る」
  • 「ジャスミン茶の香りではなく、ジャスミンの香りがする」
  • 「嫌味がなく、心地よくなる香り」
  • 「匂いたつ香り、神経を静める心地よさ」
  • 「香りがとても良いのに驚いた」

HOJOのジャスミン茶”茉莉龍珠”は、本当にそこにジャスミンがあるかのような上品で自然な香りがし、それが5~6煎目まで淹れても続きます。

高級茶ならではの経済性

一回分の茶葉(3g)で5煎目になっても香りが持続します。3000円/100gと言うことは、3gあたりの金額は、90円。

つまり、一杯あたりの金額は20円を切ります円と言う計算になります。この値段で中華料理の最高級レストランを遙かに超越した品質のジャスミン茶をご自宅でお楽しみ頂けます。

茶葉は無農薬茶園産、更に、出荷前・入荷前検査により安全性を確認しており。毎日お子様と飲んでいただいても安心です。

ジャスミン茶のふるさと"福建省産"です

茶葉は3月の一番最初に出芽した若芽のみを使用しております。実はジャスミン茶の品質の9割りが茶葉の選定で決まると言っても過言ではありません。私たちは春の内に未だジャスミンの香りの着いていない緑茶を試飲し、ジャスミン茶に向いた最適な緑茶を選びます。

グラスを使えば淹れ方も簡単

 

ジャスミン茶を飲むためには、特別な茶器は必要ありません。
ロンググラスを使えば誰でも簡単に、この世界最高のジャスミン茶を楽しむことが出来ます。(淹れ方詳細へ >> )

以下はロンググラスの中で、お湯を注がれたジャスミン茶の茶葉が開いていく様子です。

ジャスミン茶の淹れ方 ジャスミン茶の淹れ方 ジャスミン茶の淹れ方
小さじ一杯の茶葉を入れて下さい。欲張って沢山いれる必用はありません。 沸騰した湯を少し冷まし、80-85℃のお湯をグラスにそっと注ぎます。 直ぐに茶葉が開き始めます。品質が高い程、開く速度が速いと言われております。
ジャスミン茶の淹れ方 ジャスミン茶の淹れ方 ジャスミン茶の淹れ方
ついついグラスを揺らしたくなりますが、デリケートな味を得るためにはそっとしておいてください。 3分経ちました。茶葉の産毛が抜け、水中に舞います。そっと揺らして濃度を一定にしてください。 飲み終わったら更に湯を注いでください。5-6回飲むことが出来ます。

@@ 何と言っても美味しいのは水出し @@

HOJOのジャスミン茶は冬直後に収穫されたやわらかい芽だけから作られた緑茶を原料としております。従来、白茶にも用いられるこの茶葉は、水出しにすると、家族も吃驚!の美味しさです。 作り方は極簡単!>



  • 1)5g(例)に対し、500ml程度の水を準備します。
  • 2)急須は使いません。ペットボトル等のプラスチックかガラスの容器に茶葉と水を入れてください。
  • 3)上記容器を冷蔵庫に入れて1時間以上おいておくだけ。
  • 4)茶葉が完全に開いたら飲み頃です。
  • 5)濃いようでしたら、水を足してください。飲み終わったら、水を足しておけばもう何回か飲めます。

水出しのメリットは、味がすご~くまろやか、そして後味が甘く、作ったその場で飲まなくても、1-2日間、冷蔵庫に保管しておいても大丈夫!


もし作りすぎてしまったら?その時は、氷にしておきましょう。

ジャスミン茶

他店の商品とどこが違うの? 茶葉の違いを詳しく解説

「あ!このお茶知っている!」


と言われます。

多くの方が、い形状をしたジャスミン茶は皆同じ種類と思われているようです。

しかし、この球形をしたジャスミン茶「ジャスミンパール」は、中国・台湾・インドの至る所で、何百・何千もの異なるグレードが生産されている事をご存じでしょうか?ジャスミン茶を作っている会社だけでも数百社以上あり、それぞれの会社で同じような形状のジャスミン茶を生産しております。

実は形状が同じでも、その品質、それに伴う値段には大きな差があります。丸い形状にする目的は、ジャスミンの花と混ざりやすくする為です。
しかし、その混ぜ方、使用するジャスミンの種類、茶葉の種類、茶葉の加工法、その他諸々の要素が品質に大きく影響します。何よりももっとも品質に影響する要素は使用する緑茶の品質です。緑茶は3月から収穫が始まり、4月、5月、6月更には秋摘み迄もが市場に流通しております。5つ星レストラン級の中華料理屋で出るジャスミン茶は、中国香港でも5月摘みが一般的な程で、収穫時期が早まる程、お茶の価値とそれに伴う値段は上昇します。

左側がHOJOのジャスミン茶、右側は他のお茶専門店で購入したジャスミン茶です。違いがお分かりになりますか?

ジャスミン茶

正直、私たちプロでもこの写真から違いを理解するのは困難です.....と言いたいところですが、本当は見た瞬間に分かります。見慣れないとどれも同じに見えてしまいます。とても似ているために、多くの方が同じ品質だと思われます。

実際にお茶を淹れた際の水色、お茶を飲んだときに感じられる味・香りの差は歴然としております。お茶に、特に茶葉には丸い形状からだけでは伝えられない違いがあります。


その違いをご説明しましょう。


まず、お茶を淹れた際に顕著な違いが見られます。HOJOのジャスミン茶は薄黄緑色の水色なのに対し、一方はは、とても黄色く濃い水色となりました。濃い水色は加工技術不足により茶葉が酸化した為か、茶葉が古く酸化が進んでしまった為だと推察されます。

ジャスミン茶

茶殻に関しても大差があります。全体に均一な緑色に覆われているHOJOのジャスミン茶と比べ、もう一方は茶葉に茶色の斑点や破損部位があり、また、全体的に暗い緑色をしております。斑点は、釜炒りによる殺青をする前に、茶葉が乱暴に取り扱われ、傷が付いた事を示しております。

ジャスミン茶

ジャスミン茶は「丸い」と言うだけでは品質の判断が難しいお茶です。インターネットショップの場合、私たちの説明にも限界があります。福建省産の芽だけを手で摘み取り、広西産のジャスミンと混ぜる事で作られたHOJOのジャスミン茶は、本場中国で最も贅沢なジャスミン茶です。

もっとも簡単に品質を評価する方法、それは茶殻を指でつまんでみることです。品質の違いは、茶葉のやわらかさに反映しており、その差は顕著です。一番茶は、ふわふわのやわらかい茶葉なのに対し、後半に摘まれた茶葉は輪ゴムのように硬いものです。

とにかく一度、香り・味を感じてみて下さい。お茶に詳しくない方でもその差は歴然です。

 

ジャスミン茶の淹れ方詳細へ >>

世界の高級茶を集めたHOJOのラインナップの中でも、
一番始めに試していただきたい一押しの商品です。

お客様の声

伝統を大切にしつつ、鋭い感性と創造力で新たな染め物の世界を創造している染め物作家、仁平幸春氏がご自身のブログでジャスミン茶の感想を語ってくださりました。 売る側ではなく、飲む側の意見の一つとして参考にしてください。

ジャスミン茶

 

東京都 H様

先週ちょっと高めの中華レストランでたまたまジャスミン茶を飲みましたが最低でした。出がらしの日本茶にジャスミンの香を付けたみたいで、苦くて最悪でした。やはり茶葉が全然違うからでしょうか、HOJOのジャスミンは格別に美味しいですね。

静岡県 I様

一番なじみがあることから良く購入しているお茶です。以前から飲んだことがあるお茶ですが、ここまで香りが強く濃厚なジャスミン茶は記憶になく衝撃的でした。また、何回入れても濃厚な味がでることから週末は読書、おやつの友としております。

静岡県 S様

以前はジャスミン茶=芳香剤っぽいと言う印象で苦手なお茶でした。しかしHOJOさんのジャスミン茶は本当に自然なジャスミンの香りで、実家に自生しているジャスミンの香りを思い出させてくれます。更に良質な茶葉の風味とのバランスが良く今まで飲んだジャスミン茶は何だったんだろう?と思うくらいの絶品で今では病み付きになってしまいました。

岩手県 H様

おいしかったです。品質は香港の友人(中国人)のお宅で飲んだお茶と似ていました。入れた後の茶葉がきれいでした・・・。香りもいいですね。丁寧に大切に作られたお茶という感じがします。
友人には すでに五人ぐらい飲ませました。香りと新鮮さ、そして安全であることを話しました。その中の一人はすぐに反応して両親に飲ませたいといっていましたので、私が誕生日プレゼントに差し上げることにして注文いたしました。
一度商品を受け取って飲んだら、信頼感が一層増しました。WEBから伝わる印象と商品がぴったり一致していると思います。そして信頼感が増すと今度はあれもこれも飲んでみたくなります。

東京都 S様

初めてこのようなすばらしいジャスミンティーを頂きました。匂いたつ香り、神経を静める心地よさに敬服しました。
知り合いのお茶好きのお客様に推薦しました。
価格は他のお茶屋さんに比較してすごく高いかもしれないが、飲めばそれ以上の満足感が得られます、といっております。

埼玉県 N様

香水のように品が良く、味も香りも最高のジャスミンティーでした。今まで飲んだジャスミンティーは、何だったんだろうと思うくらい素人でも違いが分かりますね。また、普段飲むものとは比べ物にならない程、(これでもかというくらい)何回も飲めるのにも驚きました。
友人だけでなく、大切な家族にもオススメ&自慢したくなるお茶でした。安心して飲める上に、味にも見た目にも高級感があるのでリッチな気分を味わいたい時や気分を変えたいときにお薦めという点を強調したいです。

神奈川県 K様

今まで飲んでいたものとは似ても似つかない素晴らしい品質のお茶でした。缶を開けた時点(袋は開けていない)でのかほりにわくわくしました。
この高級なお茶を頂くときなんとも言えない幸せな感じがしますが、それはブログを読みたくさんの知識を得ているということが大きいと思います。
高級茶の知識なしに高価なお茶を薦められても、なかなか受け入れてもらえません。

新潟県 S様

香りが芳香で生花のようでした。渋みもなく苦さもなくすっきりと飲める良いお茶です。

千葉県 K様

上品な香り・味わいであると同時に、うまみ、とろみが強く、ボディのしっかりした印象で飲み応えがありました。高級品の名に恥じない、ジャスミンティーだと思います。珠がほどけた後の茶葉の美しさに驚きました。
嫌味のない、自然で上品・芳醇な香りと、花の蜜を思わせるピュアな甘味は、飲む人を選ばない気がします。誰にも安心して薦められます。
くつろぎたい時に、お茶だけで飲むも良し、おいしいお菓子と一緒に頂いても良さそうですね。

大阪府 K様

香りがとても良いのに驚きました。中には、香水のようなものもあり、頂くのに抵抗を感じるようなものもジャスミン茶には多いように思いますが、貴社のジャスミン茶の香りは嫌味がなく、心地よくなる香りでした。

茨城県 H様

早速、透明なポットを温めて、ジャスミンティーをひとさじいれました。沸かしたてのお湯を注ぐと、丸まっていたお茶の葉がぷか~っと水面に浮いて、静かに沈んでいきました。茶葉が上下する様子は、なんだか熱帯魚を見てるみたいに癒される光景です。
そして、ジャスミンのいい香り。きつくもなく、うすくもなく、胸の奥にすっと入っていくような心地よい香りです。味も、さっぱりまろやかでした。

こちらの包装でお届けします (缶 / お試しパック)※ラベルの色は商品により異なります。

ジャスミン茶 ジャスミン茶
ジャスミン茶 ジャスミン茶

ジャスミン茶は出荷前に日本国内で篩がけと目視選別を行っております。

茉莉龍珠(ジャスミン茶)
このページの先頭へ

1. 歴史と文化  中国産の品質が一番良い理由

ジャスミンの花はイランが原産です。ジャスミンの花は唐の時代にシルクロードを経て中国に持ち込まれ、中国に入ってきてから既に1700年が経つと言われております。

最初の頃はジャスミンの花はデコレーションの目的のみに用いられておりました。ジャスミンの花をお茶に用いる取り組みは南宋(1240年)の頃、広東省で始まりました。明の時代になり、ジャスミンの花の香りを茶葉に吸着させる技術が劇的に革新され、原料の選定方法、ブレンドのレシピ、乾燥方法を始めとする具体的な加工法が確立され、マニュアル化されました。大規模な工業生産は清の時代に福州で開始されました。1900年には福州でのジャスミン茶の生産量は1500トンに達しました。最も多いとき(1928-1938)には、ジャスミン茶の合計生産量は7500トンに達したと言われております。19世紀の終わりになると、外国の貿易会社が福州にオフィスを構え、ジャスミン茶は外国との重要な貿易アイテムとして取引されました。

ジャスミン茶 11

人気が高まるにつれ、ジャスミン茶の生産は南部から北部及び東部(浙江、四川、湖南、広西、雲南)へと広がりを見せました。しかしながら、ジャスミンは寒い環境下では生育することができず寒い地方では、ジャスミンを暖房下の室内に移動する必要がありました。これらの管理は非常にコストがかかることから、北部の生産会社は採算が合わなくなり淘汰されました。

中国の他にもジャスミンの香りは台湾の茶貿易商人の注目を集めました。1873年には台湾より茶葉が福州に輸出され、ジャスミンの香りを付けるための委託加工作業が行われるようになりました。1882年には台湾の業者がジャスミンの種を持ち帰り、台湾国内で栽培を開始しました。1939年までには台湾におけるジャスミン茶の生産量は年間1300トンに達するようになりました。

しかしながら、台湾の特徴的な気候のため、ジャスミンの花の香りは中国産のそれと比べると香りの点で劣っておりました。

1980年以降、広西の政府はジャスミン茶の生産を拡大するため多大な努力を行いました。同時に、広西はジャスミンの花の生産地として中国の商業省から認定されました。これら一連の改革により今日、広西のジャスミン園は最大で、しかも高品質のジャスミンが生産されることで知られるようになりました。

このページの先頭へ

2. 生産地域 茶葉は福州、花は広西、最高のジャスミン茶は最高の素材が出会うことで作られます

  
ジャスミン花

ジャスミンは元々熱帯性の気候を好む植物で20℃以上の温度を必要とします。これまで広西のジャスミン栽培地区は気候的に最も生育に適していることが証明されております。この地域は亜熱帯性のモンスーン気候に位置します。この気候のおかげで、ジャスミンは容易に越冬することができ、凍結・霜の心配がありません。花が開花する時期は、大気温度が25℃以上あることが望まれます。ジャスミン園は丘陵地帯のスロープに位置しております。この立地は、良好な水はけとジャスミンに十分な太陽光が降り注ぎます。加え、土地が非常に肥沃であるため、サイズが大きく香りの強い花を付けます。この品質的な優位性により、他の花の70%の量で同等のレベルの香りが得られると言われております。

ジャスミン茶 ジャスミン茶
  
茶葉

ジャスミン茶生産に用いられる茶葉は福建省で生産されます。茶園が立地する地域一帯は自然の山により囲まれております。また、24の自然の川が流れており、お茶に必要な水の供給源となっております。良質のジャスミン茶を示す重要な要素に芳醇な味があります。この味はテアニンと呼ばれるアミノ酸に由来します。若い芽は高い割合のテアニンを含んでいるのですが、太陽の光を受けることでカテキンをはじめとするポリフェノールに生合成されます。他方、日光が十分に当たらなかった場合、生合成が進まないため、茶葉には豊富な量のテアニンが蓄積されます。ジャスミン茶の産地は非常に霧が濃く、それ故に茶葉は直射日光が当たらず、アミノ酸が豊富な口当たりまろやかな性質を有しております。

味に関して優れていることに加え、最適な環境で育った芽と葉は豊富な水分を含んでおり、珠状に丸められた際、よりエレガントに見えます。

ジャスミン茶
このページの先頭へ

3. 栽培品種と摘採 ジャスミンなら何でも良いわけではありません


ジャスミンの花

ジャスミン茶
【ジャスミンの花畑1】

ジャスミンの花は幾つかの種類に分かれますが、大別すると3つのグループに分けることが出来ます。

  • 1) Single-Petal(花びら) Jasmine

    1963年以前はこの種類のジャスミンが主にジャスミン茶加工用として栽培されておりました。この種類のジャスミン花はDouble-Petalジャスミン(8~9時)と比較すると早い時間(6~7時)に開花します。生産量が非常に少なく農園の単位面積あたりDouble-Petalジャスミンの半分くらいしか収穫が出来ません。加え、病気に非常に弱く、環境に対しても適応能力が低いため、近年ではほとんど栽培されておりません。

  • 2) Double-Petal Jasmine

    生産量が非常に高いこと、環境への適応能力が強いこと、花が一斉に開花すること、花からは強い香りが放たれていることから、ジャスミン茶の生産に適しております。

  • 3) Multi-Petal Jasmine

    摘花した後、花は7~8時に開花します。但し、花の開花の仕方が一定でなく、徐々に、更にランダムに開花することから、ジャスミン茶の加工用として用いた場合、香りが弱く適しておりません。

花の収穫時期は気候と生育地域の条件の違いにより一定ではありません。一般には、4つの主なシーズンに分けられます。

  • 1)春花:一般的には5月~6月、年間生産量の15%が生産されます。
  • 2)夏花:一般的には7月、年間生産量の30%が生産されます。
  • 3)伏花:夏の終わり、一般的には8月、年間生産量の30%が生産されます。
  • 4)秋花:一般的には9月~10月、年間生産量の25%が生産されます。

ジャスミン茶 ジャスミン茶

 

春の間は、環境の温度が低いことと、植物内に栄養が蓄積されていないことから生産量は少なく、品質的にも劣ります。早春と晩秋に収穫された花はサイズが小さく黄色みかかった色をしております。ほとんど開花しないことからジャスミン茶加工用には向いておりません。ジャスミン茶加工用に最も適している花は、夏と夏の終わりに収穫されたものです。温度が高く十分な日光と雨に恵まれており、これらの要素はより多くの花と、より大きなサイズ、よりすぐれた品質を作り出すために適しているのです。

摘花で重要なポイントは、摘んだ花が夜開くかどうかという点です。そのため、摘花のさいは、ジャスミン茶の加工に適した花が注意深く選ばれ、摘まれます。摘花の基準は以下のようになっております。

  • 1)花びらが完全で白い色をしており、長い茎があること。
  • 2)緑色の花びらの物は開かないため、摘花しません。
  • 3)既に開花している花は香りの多くが失われているため、摘花しません。


茶葉の品種

福雲6号と福県大白豪が主にジャスミン茶の加工に用いられる品種です。これらの品種は他の種類のお茶と比較して、早い時期に発芽が起こります。芽は非常にみずみずしく、白い毛に覆われていることから、ジャスミン茶に加工した際、味・見た目の両面で優れた品質が得られます。

摘採は3月に開始されます。一般的には1つの芽と2枚の茶葉が手作業により摘まれます。摘採の後、茶葉は室内の温度の低い場所に移動されます。

このページの先頭へ

4. 加工 全てが職人さんの手作業により作られます

ジャスミンパールは極めて複雑な手作業によりつくられます。緑茶は早春に加工され、その後、ジャスミンのシーズン(夏)が来るまで保管されます。香り付け工程では、最高の香りを茶葉に吸着させるため、花に対して過剰なまでのケアが施されます。

ジャスミンティ用の茶葉の加工  何故高級ジャスミン茶は粒状なのでしょう?

高級ジャスミン茶はどれもパール状をしております。何故この形なのか、理由をご存じですか?実は、ジャスミンの花との混合分散がスムーズに行われるよう、茶葉を球状に加工することで、ジャスミンの蕾と同じ形、同じサイズにしているのです。茶葉とジャスミンの蕾、それぞれ丸い球同士お互いに良く混ざり合うことが出来るのです。

室内萎凋

摘採後の茶葉は丁寧に薄い層に広げられます。ダメージをうけた茶葉は褐変や黒変を生じ、最終製品の品質に影響を与えます。萎凋工程は茶葉の水分量が70%になるまで続けられます。萎凋工程により、茶葉からは青臭い香りが抜け、苦味と渋みが減少し、アミノ酸の割合が増すことで甘みが強く感じられます。

殺青 :酵素の不活性化

260℃に加熱されたドラムに茶葉を通すことで、一気に加熱を行い、酸化酵素(ポリフェノールオキシデース)の不活性化を行います。同時に、高温での処理は青臭い香りを抜くことにも貢献してくれます。

加熱処理により茶葉は柔らかくなります。柔らかくなることで、後工程に控える揉捻に適した性質になります。

1回目の乾燥

茶葉の水分が30%になるよう乾燥機で乾燥が行われます。

揉捻

乾燥後の茶葉は冷却され、完全手作業によるローリング(揉み)工程へと進められます。特徴的な珠状の形にする理由は、表面積を増やすことでジャスミンの香りを吸着しやすくするためです。全てを手作業で行うため、熟練の職人でも1日に2kgの製品しか仕上げることが出来ません。

2回目の乾燥

珠状に成形されたお茶は、再び乾燥機で乾燥されます。最初は110-120の高め、その後95-105℃の低めの温度に調節されます。乾燥後の製品は7%の水分を含んでおります。

乾燥された茶葉はジャスミンのシーズンが来るまで倉庫で保管されます。保管中は水分量が9%を超えないよう、真空の入れ物で日陰の温度の低い場所に保管されます。

香り付け工程へ進む前に茶葉は前処理を施されます。

分級

茶葉の珠は篩にかけられ、サイズ毎に分級されます。また、同時に破片等、不揃いな茶葉を除去します。

復火

茶葉は再び乾燥機にかけられます。茶葉に焦げ臭い香りを付けないため、乾燥機の温度は低く保たれます。(100~110℃)乾燥することで保管中に茶葉が再吸収した水分を蒸発し、同時に保管級に付着した香りを揮発させます。乾燥後の水分は5%以下になります。

冷却

乾燥後の茶葉の温度は60-80℃位です。茶葉は薄い層に広げられ、室温より1-3℃高い程度まで冷却されます。茶葉が十分に冷却されていない場合、その後の香り付けの工程に影響を及ぼします。ジャスミンの花は環境温度の変化に対して非常に敏感であり、開花には低い温度が必要です。

ジャスミン茶 ジャスミン茶 ジャスミン茶

ジャスミンティ製造用の花の準備 まるで花屋さん並の厳重な品質管理!

摘まれたばかりのジャスミンの花は以下の項目に基づき管理されます。

冷却

花を工場まで輸送している間、花は呼吸をし続けているため、温度は徐々に増加し、38℃まで到達します。温度の上昇は、後の工程における開花に影響が生じるため、花は10cm以下の薄い層に広げられます。もし花が雨の後に収穫された場合、更に薄い層に広げ、送風機で空気を送ることで水分を揮発させます。

鮮花養護(せんかようご)

この工程は、積みあげられた花の温度を厳密に管理するために行われます。必要な時に花を開花させるため、この工程は非常に重要な役割を担います。ジャスミンの花の開花は温度の変化に大変敏感に出来ております。予定通りに開花させるためには、花の温度を32-37℃に維持する必要があります。もし、積み上げられた花の温度が30℃以下の場合積み上げる厚さを増すことで花の温度をあげ、逆に38℃を超すようであれば、層を薄くすることで温度を下げます。

篩(ふるい)い分け

約60%の花が開花した時点で花は篩にかけられます。篩い分けを行う理由は、花をサイズ毎に分級するためです。更に、緑の芽と茎を除く目的もあります。均一なサイズの花だけが集められ、用いられます。これは同じタイミングで開花を行うために重要な要素です。

ジャスミン茶 ジャスミン茶

茶葉とジャスミン花の混合 ファーストクラス並みのケア

これは最終製品の品質に大きく影響する非常に重要な工程です。以下、6つの重要な要素を示します。

1)茶葉と花の混合比率

使用される花の量は最終製品のグレードに依存しております。高品質の製品はより多くの花を必要とします。最高級のジャスミン茶100kgを作るためには、100kgの花が必要とされます。100kgの花は4回に渡り用いられます。1)最初の着香:38kg、 2) 2回目の着香:30kg、3) 3回目の着香:26kg、4回目の着香は6kgで行われます。1級品の場合最終着香がありません。低いグレードのジャスミン茶になると、茶葉は使用済みの花で着香が行われます。

2)開花の割合

80%以上の花が開花した時点で茶葉と花が混ぜられます。開花が不十分な内に混合されてしまった場合、花は茶葉の重さで圧され、その後も開花することが出来ません。また、より大きく開花している方が表面積は大きくなり、着香がより効率よく行われます。

3)水分量

着香を行う際、茶葉の水分は4-4.5%に維持されます。着香の後、茶葉の水分は劇的に増加します。しかしながら、水分量が18%を超えないように管理が必要です。水分が18%を超えた場合、花が傷み始め、不快な香りが発生します。

4)積み上げられた花と茶葉の厚み

厚さの調整の目的は、茶葉と花の温度を管理するためです。一般的には30-40cmの厚さが用いられますが、様々な外部要因により厚さは随時調整されます。

5)茶葉と花の混合作業

敏速に行われる必要があります。時間をかけるほど、花の香りが飛んでしまいます。

ジャスミンと茶葉の混合作業
【ジャスミンと茶葉の混合作業】

混合作業は全て手作業により執り行われます。まず、茶葉と花は3~5つのグループに分けられます。最初のグループは10-15cmの層に広げられます。その上に、同じく最初のグループの花が積み重ねられます。同様に各層とも茶葉と花を交互に積み重ねます。そして、最終的に熊手を用い混合を行います。花と茶葉の混合層はその後5~6時間静置されます。

通花

通花とはベンチレーション(通気)の意味です。ベンチレーションを行う理由は、1) 温度を下げるため。2)花に空気を与えることで、連続的に開花させるため。3) 二酸化炭素を放出させるためです。

職人は熊手を使い、茶葉と花の混合物を10-15cmに広げます。この作業は15分ごとに行われ、1時間続けられます。その後、温度の変化に合わせ、茶葉と花の層の厚さが調整されます。

合計すると着工のプロセスは10-12時間かかります。温度が下がると、香りが十分に付かず、温度が上がりすぎると花が黄色くなり変質した香りが付くため、温度調節はジャスミン茶の品質を構成する非常に重要な要素です。

起花-花と茶葉の分離

着香が完了した時点で、古くなった花は除去されます。除去するタイミングが遅くなった場合、花は劣化し、不快臭が茶葉に移ります。

ジャスミンと茶葉の混合作業 ジャスミンと茶葉の混合作業
一晩たち開ききったジャスミンの花 花が開くことで、ジャスミンの花は茶葉(パール)よりも嵩が大きくなり、篩で容易に除去することが出来ます。

烘焙 (Hong-bei) - 乾燥

着香が完了した茶葉は乾燥機により乾燥されます。乾燥の条件は着香の回数により変わります。

  • 1回目の着香- 110~120℃, 水分 5.0~5.5%
  • 2回目の着香- 100~110℃, 水分 5.5~6.0%
  • 3回目の着香 - 90~100℃, 水分 6.0~6.5%

乾燥後、茶葉の温度を40℃以下に冷やす必要があります。温度が下がった茶葉は次のラウンドの着香工程へと進められます。

提花(Ti-hua) - 最終着香

この工程はジャスミン茶にとても新鮮な花の香りを付ける重要な工程です。最終着香の目的はジャスミンの香りを高める目的と、新鮮な生の花の香りを付ける2つの目的があります。この工程には最も高級な品質のジャスミン花(大きな花びら、白い色、強い香り)が用いられます。自然な花の香りを残すため、最終着香の後の茶葉は乾燥されません。最終着香をする前に、お茶の水分量が分析され、花の香りを混ぜた後の水分量を計算した上で花の使用量を算出します。最終製品の水分は8.5%以下に管理されます。

ジャスミン茶
【茉莉龍珠(ジャスミン茶)】
ジャスミン茶
【茉莉龍珠(ジャスミン茶)】
このページの先頭へ

5. 品質の評価方法 香りが良いだけでは高級ジャスミン茶ではありません

乾燥茶葉

かたく丸い形に丸められている。それぞれの粒は白い毛で覆われた芽が含まれており、手に取ると重みが感じられます。茶葉は少し緑色で表面には白い毛が観察されます。

均質性

良質の茶は、形・色共に揃っております。低い品質の物は、粒のサイズが不揃いで、小さな粒や緩い粒が見られます。また、色に関しては、グレーや茶色に変色した粒が観察されます。

異物等

高品質のジャスミン茶はジャスミン花をほとんど含みません。ただし、少量のジャスミン花が含まれてるのは避けることが出来ません。この他、竹や砂などの異物が含まれていないことを確認して下さい。

香り

乾燥茶葉からは新鮮なジャスミン花の香りがします。品質的に劣る製品は、香りの強弱に関係なく、新鮮なジャスミンの香りがしません。高品質のお茶の場合、ジャスミンの香りは3煎目まで残ります。また、ジャスミンの香りは茶殻からも強く感じられます。低品質の製品の場合、香料によりジャスミンの香り付けをしていることがあり、その場合、1煎目は香りが強く感じられるものの、2~3煎目になると顕著に香りが弱くなります。

水色

透明で、明るく、明るい琥珀色をしております。低品質のお茶の場合、茶色系の水色が観察されます。

とてもスムーズな口当たりで爽やかな香りが感じられます。ボディが感じられ甘い味が舌と口の中に暫く残ります。

茶殻

茶殻は明るい黄緑色をしております。芽の色と長さは均一です。粒が水を吸収して開くと芽と葉がはっきりと見えます。手で触ると、芽は厚みがあり、柔らかく、弾力性があります。ジャスミン茶の場合、茶殻を見ることで品質は一目瞭然です。低品質の茶殻は緑色をしていなかったり、芽の代わりにある程度大きく成長した葉が用いられたりしております。加え、茶葉に赤い斑点や虫食い穴が多く見られる場合、原料及びその取り扱いに問題が合ったことを示しております。

このページの先頭へ

6. 美味しい飲み方 新しくスタイリッシュなドリンキングスタイルを提案します

急須を使った淹れ方

お好みに応じて、画面のサイズや解像度を調節ください。

ロンググラスを用いる飲み方

ロンググラスは高級な中国緑茶を淹れる際、頻繁に用いられます。茶葉をよく観察するため、模様ない、ストレートでシンプルなグラスがお勧めです。予算に余裕がある場合、クリスタル製を検討してみてください。クリスタルの場合、透明度が高く、茶葉がとても美しく見えます。 淹れ方の基本は蓋椀と同じです。ただし、ロンググラスで淹れる場合、蓋をかぶせる必要はありません。

【飲み方 1】
ジャスミン茶の淹れ方

150~200mlに対し3gの茶葉を準備してください。
写真のティースプーン一杯でおよそ3gです。

【飲み方 2】
ジャスミン茶の淹れ方

このような容器があると、茶葉をこぼさずに取り扱うことが出来便利です。

【飲み方 3】
ジャスミン茶の淹れ方

茶葉をよく観察するため、模様ない、ストレートでシンプルなグラスがお勧めです。

【飲み方 4】
ジャスミン茶の淹れ方

グラスにお湯を注いでグラスを温めてください。

【飲み方 5】
ジャスミン茶の淹れ方

10~20秒ほど温めたら、グラスの水を捨ててください。

【飲み方 6】
ジャスミン茶の淹れ方

温まったグラスに茶葉を入れてください。茶葉を入れる際、指で触ると、香りが移ることがありますのでご注意ください。

【飲み方 7】
ジャスミン茶の淹れ方

湯をそっと注ぎ入れてください。

【飲み方 8】
ジャスミン茶の淹れ方

お湯を注ぎ終わったらそのまま静かにお茶が抽出されるのを待ちます。ジャスミンの珠が開いていく様子はまるで花の開花のようです。

【飲み方 9】
ジャスミン茶の淹れ方

2分程待ちます。茶葉が開き、辺りは爽やかなジャスミンの香りで満たされます。

【飲み方 10】
ジャスミン茶の淹れ方

茶葉の写真です。良質の茶葉はお茶を淹れた後も、強い香りを放っております。茶葉はお茶以上にお茶の品質を語ってくれます。

蓋椀を用いる飲み方

蓋椀は白をお勧めします。白の場合、水色や茶葉をより美しく見せてくれます。蓋椀は3つのパーツ、皿、椀、蓋により構成されております。茶を淹れる際は必ず蓋をかぶせ、温度の低下を防いで下さい。

お茶を淹れる水には軟水を使用して下さい。硬水を使用した場合、お茶の味や香りを十分に楽しむことが出来ません。

湯は直前に沸かしてください。必ず沸騰させることが大切です。5分ほど沸騰させることで、水に含まれるカルシウムや塩素化合物を揮発させてください。沸騰していない水を用いると、カルキ臭く、せっかくのお茶が台無しになってしまいます。尚、あまり長時間沸騰しすぎると、水に含まれるミネラルの濃度が上昇し、硬水に近い性質に変わってしまうため、避けてください。

お茶を淹れる前に、グラスに湯を注ぐことで、容器の温度を高めてください。これによりお茶を淹れた際に温度を一定に保つことが出来ます。温めた後の湯は捨てて下さい。

お茶を淹れるさいには2段階に分けて湯を注ぎます。最初に少量の湯を注ぐことで、茶葉に十分な湯を吸収させ開かせます。ついで、必要量の湯を注ぐことで、茶葉から香りと味を効率よく得ることが出来ます。具体的な方法は以下の通りです。

  • 150ml-200mlに対し3gの茶葉を準備してください。茶葉の量は好みに応じて調整してください。
  • 茶葉をグラスに入れてください。
  • 沸騰した湯をゆっくりと注ぎ入れてください。湯の量はグラスに対して1/3か、茶葉に水がかぶる程度に調節してください。ジャスミン茶の場合、高温で入れることで効率的に香りを抽出することが出来ます。
  • ゆっくりとグラスを揺らすことで、茶葉に湯を染み込ませてください。
  • 約1分後、残りの湯を蓋椀の7割まで注いでください。湯を注ぐ際は、ポットを上下させながら注ぐことで茶葉が良く攪拌されるように工夫してください。
  • 蓋をかぶせ、3分間蒸らしてください。お茶を飲む前に、蓋の香りを楽しんでください。
  • 飲む前に、蓋椀の軽く揺らすことで、お茶の濃度を均一にしてください。蓋椀から直接、或いは別の容器に移してお飲みください。飲むのも味が強すぎた場合、沸騰した湯を足してください。

このお茶は5~7煎を目安にして下さい。

ジャスミン茶
150ml-200mlに対し3gの茶葉を準備してください。
ジャスミン茶
茶葉をグラスに入れてください。底が隠れるくらいが目安です。
ジャスミン茶
沸騰した湯をゆっくりと注ぎ入れてください。

茶葉の保存方法

常温にて保管されることをお薦めいたします。
お茶は湿度に弱く、水分を少しでも吸収した場合、即劣化が開始されます。
水分は以下のような状況で意図せず吸収されますのでご注意ください。

  1. お茶を淹れる際に、近くに置いてあり湯気が触れる
  2. スプーンなどに水分が付着している
  3. 湿度の高い日や場所で開封したため
  4. 冷蔵庫から出した際に、即開封したために、結露が発生
  5. 冷蔵庫から出して、暫く未開封のまま常温に戻したものの、シールが完全でなく結露が発生

 

実際、茶葉が劣化する最大の原因は4と5のようです。
冷蔵庫に保管した場合、袋の内部は冷えており、テープなどでしっかりとシールしていても、かなりの率で外気が中に進入し、結露を起こします。茶葉を結露してしまった場合、2-3日で香りが劇的に変化します。

出来る限り、常温で保管し、しっかりと乾燥した部屋でシールをすることで湿度を避けて保管してください。開封したら数ヶ月内に消費してしまうのが理想です。

未開封で真空包装されている商品につきましては、1年以上の保管が可能です。更に熟成を進めたい場合、常温にて、未開封のまま(真空包装のまま)保管してください。尚、購入直後のままの品質を維持されたい方は冷蔵庫にて保管してください。冷蔵庫に保管された場合は、必ず、24時間かけ常温に戻してから開封するようにしてください。半日もおけば大丈夫と思われがちですが、茶葉は大変表面積が大きく、天然の断熱材と言っても過言ではありません。手で触ってみると、既に常温に戻っているように感じられますが、内部は冷えており、十分に温度を常温に戻すには24時間必要です。尚、一端冷蔵庫からだし、開封された後は、常温にて保管してください。秋~春は外気の温度が低いため、常温保存をしても数ヶ月以上美味しい状態を維持することが出来ます。

市販の商品で、真空状態を作り出すことの出来るタッパーがございます。普及品ではありませんが、お茶の保存には最適ですので、それらの特殊容器を求められるのも良いかと思います。

■ 送料について

全国一律540円です。
5,000円以上のお買上げで送料無料です。
※お届け先が2箇所以上の場合は、1箇所に付き5,000円以上のお買いあげで送料無料です。
詳しくはこちら >>

■ 配送について

商品はヤマト運輸でのお届けとなります。
配達日付指定は最短で6日から承っております。日付指定がない場合は、準備が出来次第発送致します。通常の実績では、2-3日内に発送致しております。尚、事情により早く納品が必要な場合は、注文時の備考欄・もしくはメール・電話にてご相談ください。

※日本国外への発送も承っております。メールにてお問い合わせください。

■ ギフトラッピングについて

2缶セット、または3缶セットのギフトラッピング(箱入り)を無料で承ります。
ショッピングカートの【商品お届け先画面】で「ギフトセットラッピング」、または「ギフトセットラッピング&手提袋」を選択してください。
詳しくはこちら >>

ギフトセット包装

■ お支払いについて

お支払方法は、クレジットカード、インターネットバンク、銀行振込、郵便振替、代金引換より選択いただけます。
※ご入金確認後の発送となります。
※振込手数料・代引き手数料はお客様負担となります。

ご利用になれるクレジットカード

■ セキュリティーについて

ショッピングカートは通信を暗号化処理されており、安心してお買い物いただけます。

■ 返品、交換について

ご注文いただきました商品の返品・交換は原則としてお受けできませんので、予めご了承ください。食品につき、ご容赦ください。但し、下記の場合、至急対応させていただきますので、商品到着後7日以内にご連絡ください。
 ●お届けの商品に、欠陥等不備があった場合
 ●お届けの商品が注文内容と違った場合

■ 問い合わせ先

株式会社HOJO お問い合わせ先
このページの先頭へ