• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化

こんなお茶には要注意!飲まずにお茶の品質を予想する3つの方法

[2013.01.25] Posted By

インターネットの画面、小売店の店頭で、試飲せずにお茶の善し悪しの目星が付けるための3つの方法を紹介します。

 

茶葉の保存方法

 

お茶の保存は無酸素状態が基本です。酸素を除去せずにお茶を保存した場合、お茶は日に日に劣化します。脱酸素剤の有無がお茶の鮮度を評価する重要なポイントになります。

特に6月〜9月のような暑く湿度も高い時期にはお茶は1週間もすれば目に見えて劣化します。このような理由から、お茶は完全に酸素を除去した状態でシールして保存することが基本です。ちなみに、真空包装機は99%の酸素を除去しますが、残り1%の酸素を除去することができません。したがって、脱酸素剤を使用することはたいせつです。

小売店で量り売りをしている場合、容器に入っていたとしてもお茶は常に酸化し続けます。量り売りしている店舗の場合、お茶の品質変化に気が付いていない、或いは、取り扱っている茶葉の鮮度がもともと低く、劣化を気にしないのいずれかでしょう。

 

シールしない状態で冷蔵庫にいれてある場合は、さらに問題です。お茶は冷蔵庫から出すと必ず結露します。茶葉表面に水分が付くため、数日で急速に酸化劣化します。

 

私は国外からお茶を仕入れる際も、可能な限り現地で脱酸素パック、それが無理な場合、アルミ2重包装で日本へ送ります。それほどに、お茶の保存環境を管理することは重要です。

 

「最高級」という言葉を多用している場合

 

最高級という言葉は、もっとも高級という意味です。スポーツで言えばオリンピックで金メダルです。自社の商品の中で最高級というのは言えても、中国最高級などとはとても恐れ多くて言えるものではありません。

私も原料を買い付けする際には、情報の客観性を重視します。重要なのは自分の求める品質を仕入れることであり、その為に、茶園、樹齢、環境、製法、保存法などの一つ一つの情報を求めます。

最高級という言葉を使っている売り手がいたとしたら、客観性が欠けていると即座に判断するでしょう。

 

等級が多用されている

 

お茶には本来等級は存在しません。それは日本の農家であっても同じです。例えば、日本のお茶農家、リンゴ農家、ミカン農家、100ある農家の品質はそれぞれ全く異なります。それぞれの農家で作られる果物やお茶を一律に等級分けすることはできません。

もちろん、農協のような流通会社が介在すれば、そこの規準により特級、超級、1級と分けられる場合があります。大きさの規準だったり、形の美しさで等の物差しに基づき等級が決まります。

お茶のばあい、高級茶になればなるほど生産量は小規模となります。間に原料問屋が1人はいる程度で、ほとんどが個人ベースでの取引となります。このため本来高品質のお茶に等級などはありません。1種類のお茶に対して数百種類のロットがあるのに等級などを付けようがありません

等級が存在するのは、大きな工場(例えばキームン紅茶工場)で作られた場合です。工場内での規準により等級が付けられます。ダージリンティの場合も大きな工場で作られているために等級がありますが、ダージリンの等級は茶葉の形状や状態を説明するためのものであり、品質の上下を示しているわけではありません。

 

もう一つのケースとしては、大手の貿易会社からお茶を購入している場合、貿易会社はお客さんに分かり易いように独自の等級をもうけます。

と言うのも、彼らは量を扱かってなんぼの商売です。さらに、同じ鉄観音でも10種類以上持っているため、コード代わりに等級を付けております。もちろん、貿易会社から良いお茶を仕入れることは限りなく不可能です。

 

日本国内外で、超級、特級、インペリアルグレード、宮廷級など、様々な級が見られますが、これらの等級が付いているお茶は、工場製か、貿易会社経由の仕入れ、或いは、販売店が独自に等級を付けている場合がほとんどです。

等級付けは客観的な情報を提供する代わりの権威付けに過ぎません。お茶を買うときは判断基準となる客観情報が提供されているかどうかが重要なポイントです。面接で人を選ぶときと同じで、お茶を選ぶときも履歴書に書かれているような正確な情報が必要です。

 

以上、3つの品質判断のポイントを紹介しました。もし、これら全てのマイナス点が当てはまるお茶を見つけたら、是非飲んでみてください。私の言っている意味を実感できると思います。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP