無農薬陳年老茶30年もの

[2006.11.10] Written By

先日、台湾で購入したお茶の1つを紹介します。本当は、他のお茶もどんどん紹介したいのですが、最近他にも紹介したいことが目白押しなので(嬉しいことですが)、順番に紹介していきます。烏龍茶のプロセスについても、定期的に公開しますので楽しみにしてください。

今回紹介するお茶は、「陳年老茶30年物」です。こんなお茶があることをご存じでしたでしょうか?
20061110124801.jpg
陳年老茶、中国語ではチンネンラオチャと発音します。このお茶は、烏龍茶を「かめ」の中に入れ、30年間寝かした物なのです。プーアル茶はカビによる発酵を伴う物の、このお茶は、発酵は一切関係しません。寝かすことにより、成分がゆっくりと熟成します。物凄くスムーズな口当たりにもかかわらず、歴史を感じさせる深みのある香りがするのです。
このお茶を熟成させる際は、ただかめの中に放置しておけばいいわけではなく、数年おきに取り出しては、乾燥してあげなければなりません。乾燥をせずに放置すると、カビが生え、「黒茶」になってしまいます。この乾燥の選択でも品質は大きく変わります。乾燥方法としては、1)熱風で乾燥、2)オーブンで乾燥、3)電子レンジで乾燥、4)炭火で乾燥、5)ドラム型の焙煎機で乾燥がありますが、一番良いのは炭火なのです。

炭火と聞くと、何だか焦げ臭いイメージがありますが、本当に完全燃焼した炭火は、全く臭みがなく、スッキリとした鼻に抜けるような香りに仕上がるのです。実際、台湾の多くの会社では、オーブンでの乾燥を行っております。オーブンでの乾燥は、茶葉に「焙煎臭」を与え、結果として、焦げ臭いイメージのお茶になってしまいます。
20061110125042.jpg
おじいさん、腰大丈夫?と思わず心配になってしまいました。こうした熟練の職人により、陳年茶は作られていくのです。

20061110124944.jpg
20061110125005.jpg
自慢の炭で作った火。全く煙臭が感じられませんでした。
20061110125022.jpg

籠の下は炉になっており、茶葉はカラッとスッキリした味に仕上がっていきます。
私が訪問した工場では、熟練のおじいさんが黙々と火入れを行っておりました。勿論、乾燥は炭火です。烘籠(中国語でホンロン)と呼ばれる、籠を用い完全燃焼した火であぶるのです。火入れを行う部屋は、非常に熱く、その中でおじいさんが黙々と働いておりました。私が購入を決めた会社では、この火入れ工程に物凄いこだわりを持っているのです。彼らは使用する炭にこだわっておりました。使用木材の種類、炭の質が、最終製品の味・香りに大きく影響するそうです。
ビンテージ物のお酒と同じく、どのお茶でも寝かせられるわけではありません。例は悪いですが、ウイスキーの角瓶を30年寝かしたところで、あまり価値は上がりません。
健康的に育った、みずみずしく高品質の茶葉をから作られた烏龍茶のみが、陳年茶の製造に適しているのです。
今から30年前と言えば、私はまだ右も左も分からない小僧でした。陳年茶と言って喜んでおりますが、意外と私も古かったのですね・・・。
当時の製茶技術は今とは大きく異なっておりました。まず、萎凋室にエアコンがなく、袋に入れて揉捻をする、包揉の機械化も進んでおりませんでした。そのため、茶葉の形状は、現在の玉のような烏龍茶とは異なり、リーフがよれたような形状をしております。どちらかというと、中国福建省の伝統的な烏龍茶(岩茶等)にそっくりの形状です。
今回購入した、陳年老茶30年物ですが、何と、無農薬茶なのです。私としても、無農薬茶以外は輸入しないため、今回の旅で無農薬の陳年茶が見つけられるかどうかが重要なポイントでした。無農薬の陳年老茶は、更に確認のために、農薬テストを行い、科学的にも汚染がないことが確認されております。
20061110124816.jpg
最後に、陳年老茶30年物の味について説明します。このお茶は、成分が十分に熟成しているため、茶葉は濃い焦げ茶色をしているにもかかわらず、水色は意外に濃くありません。どちらかというと、薄目の茶色で、お茶を淹れると、何とも言えない、スッキリとした香りがします。多少焙煎香がする物の、同時に乾燥フルーツのようなフルーティな香りが感じられ、サッパリとした飲み心地です。
20061110124834.jpg
茶に湯を注ぐときは、比較的高い位置から、10%位の湯がこぼれる程度に湯を入れます。急須の下にあるのは、中国茶専用のセットです。
20061110124848.jpg
ポットの温度が下がらないよう、熱湯をかけてあげます。烏龍茶の味と香りは、温度が高いほど美味しく抽出されます。
20061110124908.jpg
最後の一滴まで落とすのが大切です。最後に残った滴には美味しさが凝縮されております。
20061110124923.jpg
茶葉が黒いにもかかわらず、水色は透明で、薄い茶色をしております。< 油っぽい食事をしたあとには、特に美味しく感じます。台湾では脂肪を流してくれるのだと言われておりました。全く、渋みや苦味がないため、子供から老人まで飲むことが出来、私が大好きなお茶の一つです。因みに、陳年老茶は熟成茶であるため、お茶を水筒に入れて会社に持っていったとしても味が変わりません。温かい老茶をお洒落葉水筒に入れ、外で飲んでみるのも良いですね。これからの季節にはぴったりのお茶です。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種:老欉東方紅と鴨糞香を発売
2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種類発売しました。 2022年は各お茶産地に共通して、雨が多い年でした。しかしながら、鳳凰単叢烏龍茶の収穫期前は意外にも晴れの日々が続き、予想外に香りがしっかり出ております。 https: …
濃香な三次火蜜蘭香など3種類の鳳凰単叢2021を発売
鳳凰単叢烏龍茶を3種発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm どれも非常に個性的なお茶でお勧めです! 鳳凰単叢老欉蜜蘭香 2021 蜜蘭香はライチを連想するとてもフルーティな香 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種:老欉東方紅と鴨糞香を発売
2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種類発売しました。 2022年は各お茶産地に共通して、雨が多い年でした。しかしながら、鳳凰単叢烏龍茶の収穫期前は意外にも晴れの日々が続き、予想外に香りがしっかり出ております。 https: …
濃香な三次火蜜蘭香など3種類の鳳凰単叢2021を発売
鳳凰単叢烏龍茶を3種発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm どれも非常に個性的なお茶でお勧めです! 鳳凰単叢老欉蜜蘭香 2021 蜜蘭香はライチを連想するとてもフルーティな香 …
古樹白茶2022(無農薬無肥料の自然栽培茶)を発売
2022年産の古樹白茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/w25.htm 樹齢数百歳のお茶の木 古樹白茶は無農薬無肥料の自然栽培茶園で作られたお茶を原料に1芽1葉の茶葉から加工した白茶です …
武家平掌古樹生茶2020年産 357g餅茶と2021年産 200g餅茶を発売
武家平掌古樹生茶 2020と2021を発売しました。 このお茶は中国雲南省臨滄市の南西部、ミャンマー国境から数十キロに位置する、2100m前後の茶園産です。 https://hojotea.com/item/d137.h …
単株白茶2018年の散茶と餅茶、鳳凰単叢玉蘭香2021を発売
単株白茶2018年の散茶と餅茶、鳳凰単叢玉蘭香2021を発売しました。 単株白茶 2018 マレーシア熟成 https://hojotea.com/item/w18.htm 単株茶は特定の1本だけの木から作られたお茶です …
マレーシアで5年熟成したミャンマー果敢産のプーアル熟茶を発売
マレーシアで5年間熟成した果敢古樹熟茶20216年を発売しました。 果敢は中国雲南省のお隣、ミャンマーの地域の名称であり、非常に稀少なお茶です。 https://hojotea.com/item/d88.htm 雲南省と …
マレーシアで3年熟成した単株プーアル生茶2019の餅茶200gと357gを発売
マレーシアで3年間熟成した単株プーアル生茶2019を発売しました。 単株茶とは、特定の1本のお茶の木のみから収穫し、製茶されたお茶のことで、プーアル茶や烏龍茶の中では最も高級なお茶とされるカテゴリーです。 このお茶は20 …
自然の山で収穫された大雪山野生白茶 散茶2022年産を発売
大雪山野生白茶 散茶 2022 を発売しました。 https://hojotea.com/item/w11.htm 大雪山野生茶は、中国雲南省臨滄地区の大雪山で収穫された野生のカメリアタリエンシスから作られた白茶です。 …
プロがお茶を評価するときに重視する余韻とボディとは?
お茶を選ぶとき、多くの人は香りに注目しがちです。 香りが重要なのは勿論ですが、我々プロが重視するのは、味香りの立体感です。幾ら香りが強くても、味香りに立体感のないお茶は美味しいと感じられないからです。 立体感と言われても …
無農薬無肥料の自然栽培プーアル生茶5種を発売
プーアル生茶を5種類発売しました。 武家寨古樹生茶2022 武家寨は中国雲南省臨滄の南西部に位置する小さな村の名称です。 標高2000m〜2300m、完全無農薬無肥料の老木から作られたプーアル生茶の散茶です。 今年も樹齢 …

PAGETOP