高級茶ブランドのHOJO

渡辺陶三 佐渡無名異焼 : お茶専門店HOJO

送料無料
FAX
【HOJO代表 北城彰】

当店にお越しいただき、ありがとうございます。HOJO代表の北城彰です。中国茶販売から紅茶まで、お茶のことならお任せください。

▼ 北城のプロフィール

こちらのリンクをクリック>>

▼ 北城のブログ

日々の活動はこちらです>>

メルマガ申込み

高級茶バイヤーがそっと教える非常識なお茶の話
お申し込みはこちらから
 

新着情報や読者限定お買い得情報も発信。

●バックナンバーはこちら >>

 

私たちはブランドコンセプトをこうして実現しております HOJOのお茶が安全な理由 ジャスミン入荷 本山蛇塚煎茶

プーアル茶

日本の緑茶

中国の緑茶

インドの紅茶

中国の紅茶

台湾の紅茶

台湾の烏龍茶

中国の烏龍茶

プーアル生茶

プーアル熟茶

黄茶

白茶

フレーバーティー

花茶

クロネコ@ペイメント SSLショッピングカート
決済方法

ホーム茶器>渡辺陶三 佐渡野坂

 

 

 

Japanese teapot

 

渡辺陶三氏

佐渡島では、無名異という赤土がを使い急須が伝統的に作られております。 この赤土は原土の状態でも赤色をしており、中国宜興の紅泥に近い性質の土です。 しかし、佐渡島には無名異土の他に黄色の天然粘土も出土します。此までこの土は殆ど注目されておりませんでした。 しかし、中国宜興では黄色の土こそ、朱泥と呼ばれ最も性能の高い土として知られております。 朱泥は焼き上がった状態が朱色を呈することから朱泥と呼ばれており、純度の高い朱泥はお茶の味を劇的に改善します。 HOJOでは数年前から、国産の急須で宜興の最高級レベルの土に匹敵する性能の急須を作りたいと願い、様々な土のサンプリングをはじめ、焼成温度、ブレンド比などの研究を進めてきました。

その結果、黄土100%の土を使用して試作品を製作したところ、予想を遙かに裏切る好結果が得られました。 この土は、宜興の最高級の土をも圧倒する品質を示し、あらゆる種類のお茶に適しております。お茶がまるで「ねっとり」するように感じられるほどに、コクが増し、強烈に強い後味を呈します。 お茶に限らず、ジュース、ビール、スープ等々、ありとあらゆる液体の味を変化する能力を有しており、私が知る限りでは世界でもトップレベルの性能を誇る土です。


HOJOでは清水 謙氏に続き、渡辺陶三氏にも野坂土による作陶をお願いしております。HOJOで紹介する野坂急須は渡辺陶三氏の定番商品とは全く異なる仕様の土、及び焼き方にて作られております。尚、HOJOでは土に関して、生成法、メッシュサイズ、焼き方等、各作家と頻繁に打ち合わせを行っており、土の仕様は日々進化しております。


作家の伝統工芸技術と私のお茶へのこだわりが融合することで、他では入手できない特別仕様の急須をお届けいたします。

 

この土は、HOJOでのテストの結果、あらゆる種類のお茶に体して性能を発揮します。飲み水の味を美味しくするために水だけ茶器に通すというのもお薦めです。

 

佐渡の焼き物の詳細ページ>>

 

野坂と一般的な無名異焼の違い

 

無名異焼とは伝統的に相川金山周辺から採掘される赤土と、生の状態では黄色をしている野坂土をブレンドした2種類の天然土から作られる焼き物です。この手法は長年佐渡の無名異作家の間で受け継がれてきました。しかしながら、急須作家は陶芸のプロであり、お茶のプロではありません。

私達は逆にお茶と味を客観的に評価することを専門としております。そこで、私達と佐渡の作家がコラボレーションすることで、優れた味の土選びをしてきました。その結果、「灯台下暗し」ではないですが、野坂土単品で焼くことで非常に優れた性能が発揮されることに気がつきました。野坂とは、相川金山の裾にある地域名です。野坂土は黄色〜ベージュの色をした粘性の高い土ですが、実際に野坂の山へ行くと、層によって様々な種類の土があります。土選びから、焼き方に至るまで、作家と共に最適な状態に仕上げるべく、試行錯誤を繰り返してきました。こうして完成したのが、「佐渡野坂シリーズ」の茶器です。実は中国宜興で最高峰の土として知られる「朱泥」は、生の土の状態でも、焼いた土の状態も外観的には野坂とそっくりです。本来、朱泥とは、朱色、つまり柿のような明るいオレンジ色(習字の時に使う朱色)を指します。(但し、渡辺陶三氏の茶器は濃いオレンジ色をしております。粗土を使用しているために、意図的に焼成温度を高めに調節しているためです。)野坂土は見た目だけでなく、性能に関しては今では殆ど入手することも不可能となった年代物の宜興製天然朱泥同等、またはそれ以上の性能を示します。

 

写真の作家は清水謙氏

 

豊富な土に恵まれた佐渡

以下のビデオを見て頂くと、ミネラルに富んだ佐渡島の土事情をご理解頂けるかと思います。

 

 

伝統の手作業による土作り

 

現在、国内の多くの急須産地では、自身で土を探したり、作ったりする急須作家が急激に減少しております。実際、急須作家の多くが業者や窯業組合のようなところから土を入手します。つまり、専門の土業者がいて、そこから完成した粘土を仕入れるのです。
国内で使用されている土は、産地に関係なく、その多くが複数の土のブレンドにより作られ、ブレンド原料としては信楽や瀬戸の土をはじめ、最近では中国産の土なども多く使われます。
また、佐渡に限らず、常滑やなどの様に朱泥を伝統とする産地の場合、より赤い発色を求め、ベンガラと呼ばれる酸化鉄が極めて当たり前に添加されております。
ベンガラ自体、健康面への問題は全く心配ないのですが、酸化鉄の場合融点が600-800℃と低く、ゆえに急須のように1100-1200℃で焼成を行った場合、鉄分は完全に溶け、まるで砂糖をフライパンの上に載せたかのように液状化するため陶器の素材は多孔性を失い、お茶の味へ全く寄与しません。佐渡島や常滑の土産物屋で見かける赤い色をした急須でも、お茶の味を全く良くしない土はごく当たり前にあります。

渡辺陶三氏は山から天然の状態の土を入手し、それを自ら手作業で粘土へと精製しております。このように土作りから行っている急須作家は私が知っている限り極めて希です。
山から出土した生の状態の土には、木の根や砂利などの様々な不純物を含みます。これらの不純物を取り除き、土の粒子を揃え、粘土として使える状態にするには大変時間と手間がかかります。
因みに、同じ土を使用していても、精製方法が異なると、土の性質が変化し、お茶を淹れたときの味も異なります。これは、不純物として含まれている砂利などのミネラルとの相互作用により生じます。

以下、清水氏が実際に行っている天然土の精製作業の手順です。

 

 


野坂の原土


1日に数個しか仕上げられない伝統の生磨き手法

 

私達の店舗でも後手の茶壺は常に人気があります。
もっと沢山の種類を紹介出来ればよいのですが、作家が仕上げることの出来る量には限界があります。
なぜなら、表面がツルツルの急須は全て手作業による「生磨き」が行われているからです。生磨きとは、轆轤引きが終わった急須を一定期間乾燥した後、手作業により表面を押し、土を締めてゆきます。
一度締め終わった急須は乾燥し、再び生磨きが行われます。これにより土の密度が上がり、引き締まったソリッドな仕上がりになります。生磨きゆえに、持ち手や注ぎ口が、まるで木の枝が生えているかのように自然に仕上がります。
この手作業による生磨き工程は中国の宜興から伝わりました。中国宜興の茶壺(急須)同じく生磨きで仕上げが行われます。現在、日本国内で手作業による生磨きを昔のままのやり方でやっているのは私が知る限り佐渡島だけです。

 

生磨き実演

以下、渡辺陶三氏の奥さんによる生磨きの実演です。使用している土は「無名異」です。佐渡では作家とその奥さんが二人三脚で作品作りをしております。指先に長年の経験と生磨きの苦労が表れております。

 

 

 

 

 

HOJOでは、高い性能を求め土を調べ、使用する土選びを作家と一緒にやっております。

 

HOJOではお「茶を美味しく飲む」為の茶器選びをしております。
一般的にデザインや作家の名前が先行しがちな茶器選びですが、HOJOでは、茶器のお茶に対する性能に着目し、土の選定、焼き方に至るまで、各作家とのコラボレーションにより、オリジナルの茶器を制作販売しております。HOJOの茶器は、その独特のセレクションと素材の性能ゆえに、ヨーロッパをを初め海外にも多くの利用者がおります。

良い素材から作られた茶器は、鉄イオンを初めとする、ミネラルイオンをお茶や水の中へと放出することで水の品質そのものを変えます。実際に比較すると、ガラスや白磁の急須で淹れたお茶とは比にならない厚みのある味となります。また、まろやかになる「程度」ですが、優れた陶器の場合、南部鉄器とは比にならないレベルでお茶をまろやかにします。

「美味しく感じられる」、「豊かな味」とは何かというと、「喉韻」或いは「回甘」と呼ばれる感覚を指します。
良い素材の茶器は、お茶の味や水をより豊で、奥深く、円やかな味に変えます。お茶の場合、香りがよりシャープに感じられ、お茶のボディが強まり、香りと甘みが喉の周りに何時までも残ります。

 

このような変化は体験されてない方にはなかなか信じられないかと思います。但し、実際に試飲をして頂くとその差は非常に顕著であり、実際に体験された多くのお客様が驚き、興奮されます。
私達の舌には味蕾細胞と行って味を感じる細胞があります。実は、舌だけではなく、味を感じることの出来る細胞は喉にもあります。
この喉に位置する細胞は、味の種類を感じ取るのではなく、味の質、つまり、味の奥深さ、ミネラルによる後味を感じ取ります。
優れた素材で作られた急須は、水をさっと通すだけで、その味を変化し、美味しくしますが、この「美味しい」とは、喉にある味覚細胞が反応することを意味します。

使いやすさですが、私が特に重要視するのは、水が流れる速度です。
早く流れれば流れる程良い急須と定義しております。但し、本ページで販売する急須は全て手作りゆえ、流速には製品による個体差があります。
水の流れ具合に関して非常に気にされるお客様、或いは、より詳細な情報が必要なお客様には追加情報や写真をメールにてお送りいたしております。遠慮無くお申し付けください。

上記の品質基準を満たすため弊店では各作家にお願いし、HOJO専用の土の選定、ブレンド方法、焼き方、デザインを指定した上で制作して頂いております。
急須づくりのプロである作家さんと頻繁に打ち合わせを行うことで、私自身も含め、お茶好きの人に喜ばれる急須、道具として優れた急須を開発出来る様に努力しております。

 

佐渡の焼き物の詳細へ>>

 

茶器

 



野坂粗土 生磨き仕様

Japanese teapot Japanese teapot

XTN011s 渡辺陶三 佐渡野坂急須 90ml 紙箱入り 16,500円(税抜き)

売り切れ

XTN055 渡辺陶三 佐渡野坂急須 150ml 紙箱入り 16,500円(税抜き)

売り上げ

茶器

■ 送料について

全国一律540円です。
5,000円以上のお買上げで送料無料です。
※お届け先が2箇所以上の場合は、1箇所に付き5,000円以上のお買いあげで送料無料です。
詳しくはこちら >>

■ 配送について

商品はヤマト運輸でのお届けとなります。
配達日付指定は最短で6日から承っております。日付指定がない場合は、準備が出来次第発送致します。通常の実績では、2-3日内に発送致しております。尚、事情により早く納品が必要な場合は、注文時の備考欄・もしくはメール・電話にてご相談ください。

※日本国外への発送も承っております。メールにてお問い合わせください。

■ ギフトラッピングについて

2缶セット、または3缶セットのギフトラッピング(箱入り)を無料で承ります。
ショッピングカートの【商品お届け先画面】で「ギフトセットラッピング」、または「ギフトセットラッピング&手提袋」を選択してください。
詳しくはこちら >>

ギフトセット包装

■ お支払いについて

お支払方法は、クレジットカード、インターネットバンク、銀行振込、郵便振替、代金引換より選択いただけます。
※ご入金確認後の発送となります。
※振込手数料・代引き手数料はお客様負担となります。

ご利用になれるクレジットカード

■ セキュリティーについて

ショッピングカートは通信を暗号化処理されており、安心してお買い物いただけます。

SSLショッピングカート

■ 返品、交換について

ご注文いただきました商品の返品・交換は原則としてお受けできませんので、予めご了承ください。食品につき、ご容赦ください。但し、下記の場合、至急対応させていただきますので、商品到着後7日以内にご連絡ください。
 ●お届けの商品に、欠陥等不備があった場合
 ●お届けの商品が注文内容と違った場合

■ 問い合わせ先

株式会社HOJO お問い合わせ先
このページの先頭へ

A GIFT FROM THE MOUNTAIN

Copyright(C) 2006 HOJO CO., LTD. All Rights Reserved.