凄い急須が出来そうです!

[2011.07.20] Posted By

日本にはあちこちに赤土と言われる土があります。
ただ、私が知る限り、その多くは赤と言うより黄色に近い色をしております。
これらの黄土ですが、ちょっと調べてみると、出土地域が縄文人が住んでいた土地と重なります。
つまり、縄文人はこれらの黄土が豊富な土地に住み、その黄土を使って縄文土器を作っていたと推察できます。
まず、黄土が出土する場所ですが、基本的にいわゆる「低地」にはありません。低地はどのように出来たかというと、川又は海の浸食により作られたわけで、低地の場合、海川由来の砂を多く含みます。
黄土が多く見られるのは、やや小高い場所です。
黄土というのは、実は鉄分を多く含む土で、粒子径が非常に小さいために粘度が高く、サラサラの赤土と異なり、黄土100%でも壺、茶碗、急須へと成形できる特徴があります。この為、歴史的に赤土で急須を作る際に、そのつなぎとして黄土が使用されてきました。
黄土100%で茶器を焼く場合ですが、焼く温度が高すぎた場合、粒子系が小さい=融点が低いことから土は溶けてしまいます。溶けてしまうと言うことは、つまり、ガラスを意味します。
ガラスのように一端表面が溶けると表面積が少なくなるため、また、鉄分(鉄鉱石の微粒子)が他の成分で覆われてしまうために、お茶を入れた際、ガラスの茶器でいれるのと殆ど変わらなくなります。
実は、中国宜興における、「朱泥」も黄色い土から作られます。宜興の朱泥も黄色をしており、粒径が細かいために低い温度で焼成をします。
黄色の土は焼くことで、オレンジ色へと変化します。オレンジ色ゆえに「朱泥」と呼ばれるわけです。つまり、本物の宜興の朱泥は習字で使う朱色の色をしており、赤色ではありません。
赤い色をしているのは、紅泥と呼ばれます。但し、宜興の朱泥は吸水性が非常に高い為、使用し始めるとみるみるうちにお茶の成分を吸い込み、そして吸収された成分は酸化により褐変をするため、最終的に朱泥は赤く変色します。
既に変色した朱泥急須の写真が多く流通しているため、朱泥=赤と考えている人が多くおりますが、誤りです。
実は現在、佐渡の黄土を用いて急須を作る実験をしております。
既にプロトタイプが届いたのですが、その色はまさに朱色をしております。
佐渡において「黄土」は、無名異土(赤いサラサラの土)のつなぎとして用いられておりました。赤土だけではサラサラで轆轤に適さないために粘性の高い黄土を混ぜる必要があったのです。
佐渡の無名異土も性能的には優れているのですが、性質の異なる黄土と混ぜると、性能が相殺されるため、どうしても宜興製の高性能な土にはかないませんでした。
ただ、混ぜている黄土自体も、天然の土ですし、色合いが宜興の朱泥にそっくりであるため、密かにこの土には昔から興味を抱いておりました。
高い温度で焼くと、溶けてしまうため、敢えて低い温度条件で焼いて戴いたところ、何と、想像を絶するほどに宜興製の朱泥と同じ色の急須が出来てしまいました。
更に性能をテストしたところ、それはそれは、凄いの一言です!遂に、日本製の急須が宜興の天然朱泥のレベルに到達した瞬間でした!
現在、焼成温度の最適化を行っている段階で、製品化にはあと数ヶ月かかりそうです。
佐渡黄土-1
佐渡の黄土を使ったプロトタイプの急須
佐渡黄土-2
佐渡の黄土を使ったプロトタイプの急須
yixing-1.jpg
中国宜興製の天然朱泥急須
yixing-2.jpg
中国宜興製の天然朱泥急須

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP