農薬

[2006.11.16]
東方美人の無農薬茶園

今回の台湾出張の最大の目的は、最高の品質の東方美人を買い付けることでした。 東方美人は6-7月に飛来するウンカに汁を吸われた茶葉だけを選択的に摘むことで作られます。 その昔、有る農家が忙しさのあまり、茶園を放置したところ …

[2006.11.10]
無農薬陳年老茶30年もの

先日、台湾で購入したお茶の1つを紹介します。本当は、他のお茶もどんどん紹介したいのですが、最近他にも紹介したいことが目白押しなので(嬉しいことですが)、順番に紹介していきます。烏龍茶のプロセスについても、定期的に公開しま …

[2006.09.09]
ただ検査をすれば良いわけではない中国茶の農薬事情

農薬に関し、どうすることで確実に信用できるお茶が入手出来るのか?これは本当にややこしく、難解な問題でした。 まず、どの業者も必ず言ってくるのが、「うちでは昔から海外に販売しているから心配ないです」という言葉でした。 しか …

[2006.09.07]
お茶における安全と安心の違い

近年では食品に関わる限り、常に「安全安心」と言う言葉が聞かれます。 私は「安全」と「安心」は根本的に異なる概念だと思います。 以下、私の思う、安全と安心の定義を示します。 安全とは「明確な規格」による「論理的な危害除去」 …

[2006.08.10]
中国産ウーロン茶、基準値超える殺虫剤を検出

中国産の烏龍茶から基準値を超える農薬が検出されたと、「YAHOOニュース」に載っておりました。 Yahooニュースからの抜粋 中国産ウーロン茶の葉から、残留基準値を超える有機リン系殺虫剤「トリアゾホス」が相次いで検出され …

[2006.07.11]
中国における有機茶園の実態

今回湖南省に来た目的の一つは、湖南省にあるお茶生産会社との商談をする事です。 写真:農園に向かう道は舗装されてなく、途中から徒歩で農園に向かった。 今回は有機緑茶の生産地の見学をさせて貰いました。有機茶と一概に言っても、 …

[2006.06.18]
農薬のない安全な中国茶を仕入れる方法

2006年5月29日より農薬のポジティブリスト制が施行されました。私たち食品の輸入に携わる業者としては、非常に深刻な問題であり、確実な方法にて残留農薬の管理に臨まねばなりません。 残留農薬を管理するためには、日本における …

[2006.05.22]
お茶に対する日本の農薬基準

5月29日より新しい農薬基準が施行されます。それは通称ポジティブリスト制と呼ばれ、私も含め、農家を含め、食品の生産加工や輸入に従事している人は心穏やかではありません。と言うのも、この法律の施行により、従来とは比較にならな …

[2006.05.21]
収穫時期により異なるお茶の農薬事情

  お茶の収穫時期と残留農薬の関係について説明したいと思います。 注目すべきはお茶の収穫シーズンです。高級茶加工用の茶葉は春先に摘まれます。特に高級なお茶は一番茶の中心芽(一針)のみを収穫するため、非常に早い時期の収穫と …

[2006.02.23]
残留農薬の無い安全な中国茶の確保

私は中国製品=品質の不安というイメージが実在する事を深刻に受け止めております。 2006年5月より日本の農薬基準が改正 今年の5月より日本における農薬基準が劇的に改正されます。これまで、ネガティブリスト制という管理方法だ …

PAGE 2 OF 2

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

ガラスティーポットを3種発売
ガラスの急須を3種類発売しました。 HOJOでは正規の輸入を行っており、正式に検疫を通して輸入をしております。 「ガラスは味の点でニュートラル」は間違い ガラスは味への影響がニュートラルと考えられがちですが、実際にはそう …
佐渡島、渡辺陶三氏の新シリーズ野坂粗土炭化還元を発売
佐渡島の渡辺陶三氏から、新しい商品:野坂粗土 炭化還元焼成の急須、茶壺、宝瓶を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka_carbonized.htm 野坂粗土炭化還元とは …

人気記事ランキング農薬

PAGETOP