意外に知らないお茶の発酵の基礎

[2006.09.17] Written By


お茶の解説にはとても頻繁に「発酵」という言葉が出てきます。
頻繁に出てくるだけに、今更「発酵って何?」とも聞き辛いし、まして知らないとお茶について理解を深められません。
そんなわけでお茶の発酵について出来るだけ「詳しく易しく」説明してみたいと思います。

お茶の発酵とはどんな現象?

本来発酵とは、微生物が関与する、人間にとって有益な現象を指す言葉でした。
しかしその後、よくよく研究をしてみると発酵には微生物の体の中にある「酵素」が関係していたのです。
「じゃあ酵素だけ取り出せたら、或いは酵素だけ作り出すことが出来れば微生物がいなくても発酵を自由自在に制御できるのでは?」と研究者たちは考えました。これがいわゆるバイオテクノロジーです。実際食品や薬品をはじめとする広い分野で、微生物から取り出された酵素が使われております。バイオリアクター、固定化酵素等様々な関連する技術が発達しました。
ともあれ今では微生物発酵も酵素発酵も「発酵」と定義されるようになりました。
お茶の場合「酵素による発酵」と、「微生物による発酵」があります。
以下の分類をご覧ください。2.は酵素による発酵で作られるお茶、それに対し3.は微生物による発酵で作られるお茶です。

1.不発酵 :緑茶、黄茶

2.酵素発酵  2-1.発酵度が僅か :白茶
2-2.発酵度が中間 :烏龍茶茶/プーアル生茶
2-3.発酵度が高い :紅茶

3.微生物発酵:黒茶(プーアル熟茶等)

発酵という限りは、人にとって有益な現象を指していなければなりません。
お茶の場合、発酵とは具体的にどういった現象なのでしょうか?

酵素による発酵-白茶、烏龍茶、プーアル生茶、紅茶

お茶の場合、酸化酵素による「酸化反応=発酵」です。酸化酵素の正式名称はポリフェノールオキシダーゼ(PPO)とよばれ、文字通りポリフェノールの酸化を触媒する(仲介する)酵素なのです。
お茶における酸化は、リンゴが茶色くなる現象と似ております。リンゴが茶色くなるのは、リンゴに含まれるポリフェノールが酸化酵素によりし、タンニンと呼ばれる色素に変化するためです。リンゴの表面のpHを酸性にしてあげたり、塩で酵素に嫌がらせをしたりするとリンゴは酸化しにくくなります。だから、切ったリンゴに塩水やレモン汁をつけると色が茶色くなりません。
強引に言えば、これも発酵、いえ、茶色のリンゴはあまり有益ではないため、やっぱり腐敗です。
お茶の場合、酵素の仲介する酸化で何が起こるのでしょう?お茶にもポリフェノールが重量の数十%も含まれており、それが酸化の主役です。お茶が酸化した結果主には以下のような現象が起こります。

1-苦みが渋みに変わる
2-生の葉に特有の香りが消え、別の「よい香り」が形成される。
3-緑色が退色し、同時に赤や黄色の色素が形成される。

これらはすべて酸化による結果です。

微生物発酵-黒茶

これについては以前にも説明しました。
黒茶の場合、主には緑茶を原料に微生物で発酵させます。チーズや味噌の発酵と同じです。カマンベールチーズの表面にはカビがついてますが、黒茶も同じで、良質のものは割ると中にカビが生育しているのが見えます。
カビが生育した結果、緑茶の成分がカビの作り出す酵素で分解され、さらに酵素の関与しない化学的な酸化も相成って黒茶特有の香り、色、味が形成されます。

以上をまとめると、
1-白茶・烏龍茶・紅茶は、お茶自身が持っている酵素による発酵
2-黒茶は、微生物の持っている酵素による発酵
ということになります。
黒茶の場合、製造に用いられる微生物が変われば当然その微生物に含まれる酵素も変わります。そうなると、作り出される香りも、味も、色も、更にはお茶の機能性も変わってきます。逆に言うと、危険性も秘めています。
しかし、安全性さえきちっと検証できているならば、黒茶には普通のお茶とは本質的に異なる成分が含まれている可能性があり非常に面白いと思います。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

東洞庭山産、無農薬無肥料の碧螺春を発売
碧螺春(Biluochun)は中国を代表する緑茶の一つで、その優れた品質と独特の風味で有名です。HOJOでは、無肥料無農薬栽培による、余韻の長い碧螺春をお届けします。 https://hojotea.com/item/g …
マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …

最新の記事 NEW ARTICLES

単株茶を含む2022年産の鳳凰単叢老欉を3種類発売
単株を含む、鳳凰単叢の老欉を3種発売しました。今回発売したお茶は以下の三種類です。何れも標高1200mの茶園産の茶葉原料から作られており、濃厚な香りと深い後味がする素晴らしいお茶です。 鳳凰単叢老欉夜来香 2022 鳳凰 …
東洞庭山産、無農薬無肥料の碧螺春を発売
碧螺春(Biluochun)は中国を代表する緑茶の一つで、その優れた品質と独特の風味で有名です。HOJOでは、無肥料無農薬栽培による、余韻の長い碧螺春をお届けします。 https://hojotea.com/item/g …
マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …
雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
HOJO独自の新製法で実現した香り高い紅茶:雲南での挑戦
雲南省に1.5ヶ月滞在した期間中、良質な白茶やプーアル茶の生産はもちろん重要な課題でしたが、今回の大きな目標は、小ロット生産にも対応した新しい紅茶の生産方法を開発することでした。 一般的に雲南紅茶といえば、当店のラインア …
2024年の雲南省お茶シーズン:予想外の気温と収穫の混乱
長い雲南省の仕入れを終え、現在マレーシアのクアラルンプールに滞在しております。輸入したお茶の評価や海外用のお茶の発送など細かな手配が必要なため、クアラルンプールの会社に来月まで滞在予定です。 今年はシーズンの最初である3 …
2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …

PAGETOP