台湾三希の蓋碗と茶杯の新商品を発売

[2017.01.27] Posted By

s15_03

台湾の三希製、牙白のラインアップに新しく3つの新商品を追加しました。

https://hojotea.com/item/taiwan_teaware.htm

ガラスでいれるよりも香りが華やかになる牙白

HOJOでは三希製の磁器に関しては釉薬が異なる2種類を取り扱っております。そのうち、牙白と呼ばれる磁器はボーンチャイナ風(牛の骨灰は添加されておりません。)の釉薬で作られております。このタイプの釉薬は台湾や中国では比較的多くの会社が生産しておりますが、同じ牙白でも釉薬の違いにより優劣が生じるため、材質の見極めが重要になります。良い製品にあたると、味がふくよかになり、香りに広がりが付与され、全体にお茶が華やかになります。
HOJOで紹介している三希は台湾のメーカーです。三希の牙白シリーズは見た目、質感、味への影響の点でどれも非常に満足の行く内容だった事から以前より自分用に使用しておりました。非常に気に入ったため、数年前よりお客様にも販売しております。三希の牙白シリーズはふくよかさ(ボディ)を高める性質があり、香りや味に広がりを与えます。また、同時に余韻を減少しないため、感覚的にお茶が美味しく感じられます。朱泥の陶器程の強烈な変化ではありませんゆえ、お茶元来の味香りを楽しみたいという方にお勧めです。更に、陶器との相性が非常に良い材質ゆえに、私自身、朱泥の茶器と組み合わせて使用しております。もう一点、多くの磁器は舌の表面にざらつき(渋味)を呈するのですが、三希の牙白シリーズは飲み心地が非常にクリアーゆえに個人的に大変満足しております。

磁器からも溶出し味に影響を与えるるミネラル分

磁器の場合、釉薬は融点に達する(ガラス化する)まで焼成されているため、「ミネラルが溶出するはずがない」と主張する人もおりますが、実際には一般的なガラス容器であっても水を通すだけでもごく僅かの金属イオンが溶出し、それが味に対して良くも悪くも影響を与えます。

詳細に興味がある方は、矢田部俊 一, 窯業協会誌 80 [12]1972 479をご参照ください。

また、中島ガラス工場株式会社のHPでは以下のように説明があります。

ガラス(ソーダライムガラス)は窓以外にも食器や保存容器に使われ、強度が高く化学的に安定しているイメージですが、最も身近な液体である水に溶けます。ただし溶けるといっても、ガラスの主成分であるシリカ(SiO2)自体は水に溶けないので、見る間に形が変わるようなことはもちろんありません。しかし水とガラスが接している面からは極微量なガラスの成分(Na:ナトリウムイオン)が水に溶け出しています。この成分は食品にも含まれているありふれたもので、量的にも成分的にも人体には影響ありませんし、建物の窓ガラスやガラスの食器や保存容器も大半は目に見えて影響が出ることはありません。しかしガラスの表面では水滴の付着から乾燥までに概ね下図のような現象が起きており、高湿度環境になる風呂場の鏡や雨水が掛っても放置されやすい自動車のリヤウィンドウなどでは長期間に渡り何度もこの浸食が繰り返されることで、洗っても落ちない白く濁った「白やけ」や反射光が虹色にみえる「青やけ」の状態になります。

以上のように、ガラスや磁器の釉薬からもイオンは溶出します。実際、10種類の磁器を並べてお茶の比較テイスティングをすると、10通りの異なる味香りがあります。

牙白なら良いというわけではない

img_4332

右はHOJOで販売している蓋碗、左は余韻がフラットになるため仕入れなかった蓋碗。見た目はほぼ同じ。

前述したとおり、一般に牙白と呼ばれていても、メーカー毎、或いはシリーズ毎に微妙に種類が異なります。昨年三希を訪問した際、新らしい釉薬による牙白シリーズを見せて貰いました。しかし、テイスティングをしたところこのシリーズはふくよかさ(ボディ)は強力に高める物の、余韻をフラットしてしまう事が分かりました。低品質のお茶であれば、少なくともふくよかさは高めてくれるためメリットがありますが、質の高い余韻御強いお茶には向きません。私が販売している牙白シリーズと、新しく出来たという磁器は、見た目は全く同じですが、釉薬の種類の微妙な違いで顕著に味が変化します。正直、外観から見分ける方法はありません。実際に水やお茶を通し、一つ一つ評価する以外に方法はありません。

大型の蓋碗が入荷

今回仕入れた蓋碗は200mlの大きめのサイズです。私はこのサイズが非常に好きで毎日使用しており、とても重宝しているために仕入れて販売することにしました。

img_4333
なぜ便利かというと、私はお茶が大好きゆえに沢山のお茶を飲みます。沢山飲むために、仕事中はガラスコップで飲んでます。200mlの蓋碗でいれた場合、ガラスコップ直接注ぎ入れた場合、ちょうど8分目になるのです。日本茶用の湯飲みなども多くが200mlサイズゆえ、この蓋碗でいれると茶海が不要になります。
因みに、小型の蓋碗(100ml)は高いお茶をいれるときに使用しております。普段飲み用のお茶にはもっぱら200mlが大活躍です。

s16_01

s16_02

s17_02

s17_01

茶杯を発売

これまでラインアップになかった新しい形状の茶杯を発売しました。容量は60mlです。

s15_01

s15_02

s15_04

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …

最新の記事 NEW ARTICLES

朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …
渡辺陶三氏作の秋津無名異還元焼成急須と野坂粗土宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須と宝瓶が入荷しました。 今回入荷したのは、秋津無名異還元焼成の急須と、野坂粗土の宝瓶 …
独木春古樹生茶の散茶を限定量発売
独木春古樹生茶の散茶(春茶)を発売しました。このお茶ですが、2018年産、2019年産、2020年産をブレンド …
一工夫で劇的に美味しく!プロお勧めの緑茶や紅茶の淹れ方
中国茶をいれる際、茶葉にお湯を通して洗いますよね?これは茶葉を洗うことが目的ではありません。 お湯を通すことで …
大雪山野生白茶2020年産の散茶を限定発売
大雪山野生白茶2020を発売しました。今年は産地、生産者、生産方法の3つを大きく改善したことで、とても満足のゆ …
ミルクティやカカオを連想する甘い香り、甜香 白毫銀針を発売
甜香 白毫銀針を発売しました。甜香とは甘い香りという意味です。この商品は白茶でありながら紅茶のような仄かな甘い …
珍しい白茶の茎茶、白茎茶を限定量発売!
白茎茶を発売しました。実はこのお茶、とても珍しい白茶の茎茶です。 お求めやすい値段設定になっておりますゆえ、白 …
やってはいけないお茶の3つの保存方法
お茶の保存に関してやってはいけない3つのお茶の保存方法について、説明したいとおもいます。 1. 冷蔵庫/冷凍庫 …
伊賀天然朱泥の宝瓶・茶壺入荷
暫く品切れとなっておりました、伊賀天然朱泥の宝瓶、急須・茶壺が入荷しました。 600万年前に琵琶湖の底に沈殿し …

PAGETOP