嘘のようにお茶が美味しくなる工夫式のいれ方

[2018.10.27] Written By

工夫式のいれ方について、よく質問を戴くため、あらためて、工夫式で美味しくお茶をいれる方法を紹介したいと思います。
工夫式は中国語では功夫式と書きます。つまり、「こだわったいれ方」という意味と考えてください。
工夫式のいれ方は、潮州が発祥とされております。鳳凰単叢烏龍茶のような、非常にこだわって作られた工夫茶(功夫茶)をより美味しく味わう為に、考えられたいれ方と言えます。実際、このいれかたをマスターすると、同じお茶とは思えないほど美味しくお茶がはいります。

工夫式のポイントは徹底した余熱

工夫式のいれ方のポイントは、お茶を徹底的に予熱することで、「お茶の香りを起こす」ことです。スルメや海苔を焙ることで、香りがよくなるのと全く同じ原理で、沸騰水で熱処理することで、お茶の香りを立たせ、味に関しても雑味を無くし、透明感を引き出します。
大事な点は「茶葉の温度」を限りなく100℃に近づけることです。ただ、茶葉に沸騰水を注いでも、一瞬で温度が下がり、70℃(冬場だと60℃)位に冷えてしまいます。そこで、余熱を段階的に行うことで、茶葉の温度をあげ、香りと味を瞬時に改善してしまおうと言うのが工夫式の淹れ方になります。

具体的な工夫式の淹れ方

具体的ないれかたですが、茶葉の量は正直何グラムでも良く、好みに応じて増減してください。目安として、濃く飲みたければ5g以上、薄めが良ければ2g以下でよいでしょう。急須や蓋碗のサイズも制約はありませんが、茶器があまり大きいと余熱で使用する湯が無駄になります。一般的には50-200ml位の茶器が工夫式の淹れ方に向いております。尚、工夫式の淹れ方は、どのお茶に対しても応用できます。烏龍茶、プーアル茶、白茶、紅茶、緑茶、どのお茶も工夫式のいれかたでいれると、違いがはっきりと感じられます。

1. 茶器の余熱:沸騰した湯を茶器になみなみ注ぎ入れ、10秒置きます。

2. 茶葉投入

3. 余熱1回目:沸騰した湯を注ぎ入れ10秒間置きます。

4. 余熱2回目:沸騰した湯を注ぎ入れ10秒間、又は5秒間置きます。※注1

5. 1煎目:沸騰した湯で一定時間蒸らします。※注2

6. 2煎目以降:沸騰した湯を通すだけです。湯をいれて数秒内に注ぎだしてください。

※注1 余熱は2回とも10秒間行うことが理想です。ただし、プーアル茶の散茶、烏龍茶、紅茶などは味香りが出るのが速いため、私は勿体ないと思い、妥協して5秒としております。プーアル茶の餅茶のように塊になっているお茶は、10 x 2回で予熱してください。ただし、最高に美味しくお茶をいれる必要がある場面では、私は茶葉の形状に関係無く10秒 x 2回の余熱を行います。

※注2 蒸らし時間ですが、鳳凰単叢、プーアル茶の散茶、紅茶のようなルーズな形状の茶葉の場合、私は5秒蒸らします。味を濃いめにしたい場合は、10秒間蒸らします。また、餅茶のように、塊状になっているお茶については30秒位蒸らしたりします。蒸らし時間は、ただ単に濃淡の好みなので、自己判断で適切なタイミングを探られると良いかと思います。

具体的な淹れ方は以下の動画を参照してください。(誤操作で露出が強すぎたため、やや明るくなりすぎてしまいました。)

一旦冷えてしまった茶葉でお茶を再開する場合

お茶を飲んでいる途中で、茶葉が完全に冷めてしまった場合、どのように再開すべきか説明したいと思います。実際、最初に高い温度で余熱処理が出来ていれば、茶葉が冷えた状態で湯を注いでも、余熱処理をしてないお茶とは比にならないレベルで美味しくお茶をいれることができます。プーアル茶や紅茶、緑茶などはこの方法で十分です。ただ、特に烏龍茶や白茶などは、冷めてしまった茶葉に湯を注ぎ入れると、香りがぼけた感じになります。本場潮州の工夫式の淹れ方の場合、茶葉が冷えてしまった場合、しっかりと水分を切り、再度沸騰水を通して予熱することで、再び継続してお茶をいれます。この方法を採ることで、先ほどまでと同じような質の良い味香りを呼び戻すことが出来ます。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …
標高2100mのシングルガーデン産プーアル生茶、 火地古樹生茶2021を発売
火地古樹生茶2021を発売しました。 このお茶は、小さな単一茶園(シングルガーデン)のお茶のみから加工されたプーアル生茶です。 https://hojotea.com/item/d147.htm シングルガーデン産のお茶 …
ペットボトル入りのお茶の味に大きく影響するビタミンCの存在
近年、多くの人々にとって、お茶を飲むということはペットボトル入りのお茶を飲むことが普通な今日この頃ですが、本コラムでは、ペットボトル入りお茶の特徴的な味に焦点を当ててみたいと思います。 酸化防止目的のビタミンCの添加 コ …
鳳凰単叢蜜蘭香2023と老欉姜花香2022を発売
鳳凰単叢烏龍茶を2種類発売しました。今回販売したのは、蜜蘭香濃香2023 No.1と老欉姜花香2022です。 https://hojotea.com/item/houou.htm 質の良い鳳凰単叢の特徴 良質な鳳凰単叢は …
ちょっと変わった白茶の楽しみ方!驚きの応用アイデアをご紹介
水出しで抽出した白茶と、お湯で淹れた白茶はまったく異なる香りになることをご存じでしょうか?本コラムでは、水出しを更に応用した白茶の楽しみ方を紹介したいと思います。 殺青工程の無い白茶には酵素が残存 白茶の特徴は、製茶工程 …

PAGETOP