上手に発酵された紅茶と、発酵に失敗した紅茶とでは香りの違いには雲泥の差があります。発酵がうまく制御できている紅茶は甘い香りがするのに対し、発酵がうまく制御できなかった紅茶は酸っぱいような、蒸れたような香りがします。

発酵の状態は茶葉の色に表れる

発酵の優劣は、お茶の水色にも表れます。発酵がうまくいったお茶は黄色、逆に、発酵がうまくいかなかったお茶は茶色をしております。色が違うのは水色だけでなく、お茶をいれた後の茶葉の色も発酵の制御の優劣が反映されます。じつは、発酵が上手に制御できているお茶と、そうでないお茶とでは、含まれる成分にも雲泥の差があります。

ゴールデンリングの正体はテアフラビン

紅茶の成分はタンニンと言われますが、タンニンという言葉は余り意味がないため無視した方が賢明です。と言うのも、タンニンとは植物成分が酸化して複雑に結合してできた物質の総称であり、タンニンという物質があるわけではないため混乱の元です。
上手に作られた紅茶にはテアフラビンという物質が豊富に含まれます。テアフラビンには複数の種類があります。テアフラビンは茶葉に含まれる酸化酵素の働きでフラボノイド(ポリフェノール)が2つ、または3つ合体(重合)して形成されます。この物質は明るい黄色をしております。質の良い紅茶をいれると、カップの縁にはゴールデンリングができますが、このゴールデンリングこそがテアフラビンの正体です。

テアルビジンは紅茶における失敗の象徴

テアフラビンはカテキンなどのフラボノイドが2−3重合(結合)してできた物質ですが、酸化が進みすぎたばあい、テアフラビン同士が結合し、その結果、特定の分子構造を持たない巨大な物質が形成されます。これは業界ではテアルビジンと呼ばれております。分かりやすく言うと、酸化発酵により生じるテアフラビン以外の褐色の物質はなにもかも、全てテアルビジンと呼ばれます。つまり、テアルビジンとは特定の物質を指す名称ではありません。このテアルビジンは茶色を呈する物質で、不特定の物質からなる混合体の「総称」です。テアルビジンが生成されると、香りは酸臭を伴い、蒸れたような不快な香りがします。

良い紅茶とは、発酵が途中で止まっている状態

質の良い紅茶に含まれるテアフラビンは、ポリフェノール(カテキン)→ テアフラビン → テアルビジン(タンニン)と生成していく過程の中間的な物質ゆえ、ちょっと制御を間違えると「行き過ぎ」てしまいます。じつは紅茶作りというのは非常に難しく、テアフラビンのみを優先的に作るためには、発酵に関係する萎凋、揉捻、発酵、乾燥を芸術的なレベルで制御する必要があります。

茶葉の色による発酵の優劣
上記の理論はお茶の茶殻の色に反映されます。紅茶の茶殻の色を観察することで、そのお茶が上手に発酵しているかどうかは一瞬で見極める事が出来ます。酸臭を伴ったり、蒸れ臭を伴う紅茶の場合、茶殻を見るとたいてい黒褐色をしております。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

伊賀天然朱泥の宝瓶・茶壺入荷
暫く品切れとなっておりました、伊賀天然朱泥の宝瓶、急須・茶壺が入荷しました。 600万年前に琵琶湖の底に沈殿し …
渡辺陶三作、無名異上赤・野坂粗土還元の急須・茶壺・宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須・茶壺・宝瓶類が入荷しました。今回は無名異上赤土と野坂粗土還元の茶器が入荷しました。 …

最新の記事 NEW ARTICLES

伊賀天然朱泥の宝瓶・茶壺入荷
暫く品切れとなっておりました、伊賀天然朱泥の宝瓶、急須・茶壺が入荷しました。 600万年前に琵琶湖の底に沈殿し …
渡辺陶三作、無名異上赤・野坂粗土還元の急須・茶壺・宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須・茶壺・宝瓶類が入荷しました。今回は無名異上赤土と野坂粗土還元の茶器が入荷しました。 …
10年ビンテージの雲南陳年紅茶を限定発売
10年ビンテージの雲南紅茶、雲南陳年紅茶を発売しました。 このお茶は2010年に生産され、雲南省の現地で有酸素 …
高山の自然栽培茶、古樹白茶2020を発売
古樹白茶の2020年新茶を発売しました。 白牡丹に続き、作り方を大きく改善したことで、品質をアップグレードして …
知ってますか?同じお茶の木でも摘む部位により味が異なる事
お茶の葉の味は同じ木ならどれも同じだと思いますか?お茶の味は、同じ木から収穫しても、部位によって味が全く異なる …
夏にお勧めのアイスティと水出し茶の美味しいいれかた
暑い日々に最適な冷たいお茶を美味しく飲む方法を紹介したいと思います。 暑い季節になると、冷たいお茶が美味しく感 …
ジャスミン茶愛好家が知っておくべき品質の物差し
HOJOではジャスミン茶には非常に力をいれており、原料となる茶葉を独自に選定した上で、特注にてジャスミン茶に仕 …
原料と製茶方法を変え大雪山野生茶2020を発売
雲南省臨滄市の大雪山産の野生のプーアル生茶2020年産を発売しました。今年はお茶の原料も、生産者も、生産方法も …
臨滄の名産地、鳴鳳山産のプーアル生茶散茶2020を2種類発売
鳴鳳山古樹生茶の2020年の散茶を限定発売します。 在庫に限りがありますので、興味のある方はお早めにお買い物く …
白岩山高山茶の散茶2020年産を限定発売!
白岩山高山茶の散茶を発売しました。 2種類発売しますが、非常に限られた量のみの限定販売ですので、興味のある方は …

PAGETOP