• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化
緑茶カテキンが豊富な月ヶ瀬緑茶(日本茶)

健康や美容によいといわれている緑茶カテキンは、具体的にどのような働きが期待できるのでしょうか?特に注目度の高いカテキンの種類について知り、健康や美容に活かしましょう。効果的な緑茶の淹れ方(入れ方)も紹介します。

緑茶カテキンの特徴

緑茶カテキンは健康にも美容にも注目されている成分です。どのような特徴と種類がある成分なのか解説します。

緑茶カテキンとは?

緑茶カテキンはポリフェノールの一種で、お茶の味わいに清々しさを出す成分です。すっきりとした透明感のある味わいのもとですので、おいしいお茶に欠かせません。

カテキンはお茶の中に含まれるアミノ酸の一種テアニンが、日光に当たって変化することで生成されます。そのため、一番茶に12~14%ほど含まれているのに対し、二番茶には14~15%ほど含まれているのです。

二番茶を選ぶと、カテキン含有量の多い、すっきり感のある強めの渋みを感じられる緑茶が淹れられます。

緑茶に含まれるカテキンの種類

緑茶に含まれるカテキンは全部で8種類あり、ガレート基を持つ「エステル型カテキン」と、持たない「遊離型カテキン」に分類されます。

エステル型カテキンは、エピガロカテキンガレート・エピカテキンガレート・ガロカテキンガレート・カテキンガレート、の4種類です。

遊離型カテキンは、エピガロカテキン・エピカテキン・ガロカテキン・カテキン、の4種類です。

同じカテキンであっても、その働きは種類ごとに様々あります。ガン予防やコレステロールによいといわれているものはもちろん、美容にも役立つ抗酸化作用のあるものもあるのです。

特に注目されているカテキンの効果

緑茶カテキンには様々な働きがあることが研究により分かっています。その中でも、特に注目されている2つの効果について知り、健康や美容に活かしましょう。

緑茶カテキンの抗酸化作用

緑茶カテキンには、健康やアンチエイジングに欠かせない抗酸化作用が期待できます。

抗酸化作用というのは、活性酸素を取り除く働きのことをいいます。活性酸素は、老化や病気の原因になることが分かっている物質です。

普通に暮らしているだけで自然と作られていくものなので、緑茶を習慣的に飲むことで、対策するとよいでしょう。

免疫力アップにエピガロカテキン

カテキンの中でも、特に免疫力を高めることで注目を集めているのが、エピガロカテキンです。長期的に摂取することで、自然免疫系の働きを適切な状態に改善できるという研究結果があります。

白血球のひとつで、体内に侵入した菌やウイルスへ対抗するマクロファージを活性化させる働きがあることも確認されています。

そのため、緑茶を免疫力アップに役立てたいなら、エピガロカテキンを意識して飲むとよいでしょう。

カテキンを摂取するための緑茶の淹れ方(入れ方)

緑茶カテキンを効果的に摂取するには、淹れ方の工夫が大切です。期待する働きによって効果的な抽出方法は違います。淹れ方の違いを知ることで、効果的に緑茶カテキンを活かせます。

抗酸化作用を期待するならより高い温度が最適

緑茶カテキンはお湯の温度が高いほどよく抽出される成分です。そのため、急須で淹れる温かい緑茶を飲んでいれば、自然と摂取できます。

温かい煎茶を淹れる場合、70~80度のお湯を使うのが一般的です。その場合でも、お湯は必ず沸騰させましょう。沸騰させることで水道水に含まれるカルキ抜きができますし味に甘味が出ます。

お湯の温度調節は湯飲みを使うと簡単です。湯飲みにお湯を移すと約20度温度が下がるので、沸騰したお湯を湯飲みに1度移し替えることで適温に調節できます。

自然栽培茶の場合、沸騰水で短時間でいれる方法をおすすめしています。
知らなきゃ損!プロが教える高温で日本茶を美味しくいれる方法

免疫力アップには水出し冷茶

免疫力アップに役立つエピガロカテキンは、低い温度でも抽出されやすい性質があります。そのため、水出しや氷出しで緑茶を淹れるのがおすすめです。

水1lに茶葉5gを入れ、冷蔵庫で最低1時間、好みにより3~4時間抽出しましょう。置いておくだけで、すっきり感と程よい甘味が楽しめる冷茶ができます。

おいしく飲むだけで免疫力アップが期待できるので、冷蔵庫に常備しておくとよいでしょう。

おいしい緑茶でカテキンをたっぷり摂取しましょう(まとめ)

カテキンは毎日のお茶で手軽に摂取できます。

よりよく活かしたい働きによって、緑茶の淹れ方を変えるのがおすすめです。抗酸化作用を活かすなら温かい緑茶を、免疫力アップに役立てるなら水出しの冷たい緑茶を飲みましょう。

おいしいお茶を楽しむだけで、自然と健康や美容に役立てられます。

参考出典
お茶の成分 | お茶の知識 | 三井農林 お茶科学研究所
https://www.mitsui-norin.co.jp/ochalabo/knowledge/knowledge20150520.html
カテキン|お茶の成分と健康性|お茶百科
http://www.ocha.tv/components_and_health/benefits_greentea/catechin/


日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

ダージリン、正山小種小赤甘など新茶数種類を発売
数種類の新商品を発売しました。今回発売したのは以下の4種類です。 天池梨山茶 軽焙 文山包種茶 正山小種 小赤 …
標高2100mの老木から作った古樹白茶を発売
古樹白茶を発売しました。このお茶は文字通り、老木から1芽2葉で摘んだ茶葉で作った白茶です。華やかなフレーバーと …

最新の記事 NEW ARTICLES

ダージリン、正山小種小赤甘など新茶数種類を発売
数種類の新商品を発売しました。今回発売したのは以下の4種類です。 天池梨山茶 軽焙 文山包種茶 正山小種 小赤 …
タンニンだけじゃない!お茶の渋味の本当の原因
お茶の渋味=タンニンというのがお茶業界では常識のように考えられておりますが、実はタンニンを原因とするお茶の渋味 …
標高2100mの老木から作った古樹白茶を発売
古樹白茶を発売しました。このお茶は文字通り、老木から1芽2葉で摘んだ茶葉で作った白茶です。華やかなフレーバーと …
白樹の自然栽培茶、鳴鳳山古樹生茶2019を発売
鳴鳳山古樹生茶2019(めいほうさん)を発売しました。鳴鳳山は突出して樹齢の高いお茶の木が多いことから、臨滄地 …
お茶とタピオカのプロが教える美味しいタピオカドリンクの作り方
私は「お茶の専門店HOJO」を起業する以前は食品メーカーにて技術系の仕事をしておりました。当時私が関わった仕事 …
美味しい水出し茶の作り方とお勧めのお茶
暑い季節に最適の水出し茶の作り方と、水出し茶にお勧めするお茶を紹介したいと思います。 水出し茶には専用のお茶で …
標高とお茶の品質の深い関係
お茶の品質を決める非常に重要な要素の1つが茶園の標高です。その割に、世の中では茶園の標高が余り注目されてないよ …
水出し普段飲みに最適な白牡丹 2ndフラッシュ発売!
白牡丹のセカンドフラッシュを発売しました。 このお茶は自然栽培茶園の老木から摘まれた茶葉を原料としており、花や …
高級ジャスミン茶!スノージャスミン(碧潭飄雪)を発売
長いことお待たせしました!スノージャスミン(碧潭飄雪)を発売しました。 ジャスミン茶愛好家や高品質なジャスミン …
烏龍茶風の甘い香り!高山紫茶2019を発売
高山紫茶を発売しました。このお茶は今年発売するプーアル茶の中でも非常に面白いお茶の1つです。 雲南省でも非常に …

PAGETOP