• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化

中国で最も一般的な社交の場:ティーハウス

[2006.09.18] Posted By

TEA HOUSEってご存じですか?日本では余り馴染みのない名称です。

 
ティーハウスとは?
ティーハウスは中国でも地方により、その作りや内容が大きく異なります。
ティーハウスはお茶を飲みながら友人と話をする場所です。これだけ聞くと、喫茶店のようなのですが、喫茶店と違うところは;
店でお茶をたのむと、フルーツ、お菓子類を好きなだけとって食べられます。
ティーハウスの場合「話をする場所」ですので、喫茶店のようにお客さんの回転率を上げると言うより、お客さんにゆっくりと話をしつつくつろいでもらう為のサービスが中心となります。その分、お茶一杯の値段は高く、一杯1000円くらいの値段設定でした。でも、支払うのはお茶代だけという明瞭会計です。
中国茶は何煎もいれられるため、何時間もくつろぐことも可能です。また、それを前提としてティーハウスは運営されております。
ゆっくりとくつろげる場所と美味しい飲み物を片手に、大切な友人、或いはビジネスパートナーと話をする場所がティーハウスなのです。
私は湖南省の長沙に行った際、1日かけて様々なティーハウス巡りをしました。
20060918221549.jpg

20060918221754.jpg
ホールの中央にはデザート皿が並んでおり、好きなだけ食べても良いのです!
20060918214401.jpg
驚いたのはどのティーハウスも非常に絢爛豪華なのです。
お茶の出し方は店により大きく異なりました。女性が付きっきりでお茶をいれてくれるところもありました。また、ビールジョッキのようなグラスで緑茶が出され、飲み進むと湯を注ぎ入れてくれるところもありました。
最後に行った所は、茶屋の主人が始めたと言うティイーハウスでしたが、一階がお茶屋になっており、2階部分がティーハウスになっておりました。5店舗ほどチェーン展開しているそうです。
全てが個室になっており、最高にくつろげる空間でした。友人との話に集中できる点、環境の良さ、サービスの質どれをとっても最高でした。なにより、町中で友人とじっくり話をしたい、数時間「満たされた気持ちでゆったりと話をしたい」と言うときに、至る所にティーハウスがあるのが便利です。
20060918221109.jpg

最後に訪れたティーハウス。一階がお茶屋で2階がティーハウスになっておりました。
20060918215828.jpg
女性がてきぱきとお茶をいれてくれます。
20060918221902.jpg

20060918220458.jpg
因みに、ティ-ハウスは東南アジアにもあります。但し、中国での過当競争で勝ち残ったティーハウスと異なり、東南アジアのティーハウスは非常に悪質な喫茶店風です。マレーシアに帰国してからペナンの最近出来たばかりのティーハウスに行きました。店内は薄暗く、まるで町食堂のようにパイプ椅子が雑然と並んでおりました。・・・・これ以上の説明は虚しいだけなので省きます。
中国の書店には、ティーハウスを設計する本まで売られているほど、ティーハウス文化は一般的です。私も思わず一冊買ってしまいました。
ティーハウスはその地域、国によっても大きく異なります。とても面白いので、是非、体験してみてください。

 

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP