• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化

試飲してから買ったのに、自宅でいれたら違う香り!中国茶屋マジック

[2010.03.12] Posted By

IMG_8280.jpg

街のお茶屋さんで地元の品質をチェック

福建省の福州へ言ったときの話です。福建省はお茶の名産地だけのことあって、福州の町中には大量のお茶の店が建ち並んでおりました。
時間が許す限り、これらの店を回り、地元で売られているお茶の品質を理解しようと思いました。店に入ると、早速、「どうぞうどうぞ」と着席を進められました。座ったら、買わずに帰れなくなるので、本当は座りたくないのですが、かと言って座らないと試飲も出来ません。取り合えず、数個のお茶をサンプルがてら買うことにして、着席しました。

正山小種と鉄観音を試飲

早速、正山小種(ラプサンスーチョン)を試しました。出てきた茶葉を見た瞬間に、本物とは違うと思いました。実際、福州の街の殆どの店がゴールデンマンキーという福州で緑茶や白茶に使われる品種をただ加工した紅茶をそのままラプサンスーチョンとして出しているか、多少燻煙を行って、煙臭さを高めてからラプサンスーチョンとして売っておりました。この店で飲んだお茶も、ただのゴールデンマンキーでした。ただ、飲んでみたところ、恐ろしく喉越しが豊かで、味も香りもAクラスです。あまりの美味しさに感動しました。

次に安渓鉄観音をお願いしました。飲んだ瞬間に、鉄観音とは違う香りがしましたが、非の打ち所がないほどの余韻と、喉越しが感じられました。茶葉を見せて貰ったところ、鉄観音とは随分かけ離れた烏龍茶でした。茶葉の見た目と今実体験している品質にギャップが有り過ぎるのです。

中国のお茶屋が使用している水は極上品

どのお茶を飲んでもあまりに美味しいので、水が良すぎるのではと思い、水のみをリクエストしました。水を飲んで吃驚!水だけでも、深い余韻が感じられ、「これじゃお茶が美味しいに決まってる!」と思いました。後で聞いたのですが、山の水をくみ、陶器に数日から1週間ほど入れたのちに使用しているそうです。

私の店を訪れるお客さんから、「中国でお茶を飲んだら美味しかったので、買ったんだけど家でいれたら全然美味しくなかった。騙された」と言う話を良く聞きます。実際、茶葉は同じの場合が多いように思います。全然違うのは、茶葉ではなく、水の場合が殆どでしょう。
中国でお茶を買う場合、先ずは水を飲み、その味を良く理解した上でお茶を飲み、水の味とお茶の味の差をしっかりと確認した上で茶葉を買うことが重要です。ただ、これを見極められるのはよほどのマニアか、プロでないと厳しいと思います。そんなわけで、中国でお茶を買うのは、半ばギャンブルのような物です。恐るべし、中国のお茶屋です。

PS: 店で買ってきたお茶を試しに自宅で飲んだところ、喉越しが全く感じられないフラットな味でした。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

プーアル生茶の散茶、武家寨2018を発売しました。
2018年産の武家寨 プーアル生茶を発売しました。このお茶は2018年に作ったのですが、より個性を際立たせるた …
朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …

最新の記事 NEW ARTICLES

プーアル生茶の散茶、武家寨2018を発売しました。
2018年産の武家寨 プーアル生茶を発売しました。このお茶は2018年に作ったのですが、より個性を際立たせるた …
朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …
渡辺陶三氏作の秋津無名異還元焼成急須と野坂粗土宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須と宝瓶が入荷しました。 今回入荷したのは、秋津無名異還元焼成の急須と、野坂粗土の宝瓶 …
独木春古樹生茶の散茶を限定量発売
独木春古樹生茶の散茶(春茶)を発売しました。このお茶ですが、2018年産、2019年産、2020年産をブレンド …
一工夫で劇的に美味しく!プロお勧めの緑茶や紅茶の淹れ方
中国茶をいれる際、茶葉にお湯を通して洗いますよね?これは茶葉を洗うことが目的ではありません。 お湯を通すことで …
大雪山野生白茶2020年産の散茶を限定発売
大雪山野生白茶2020を発売しました。今年は産地、生産者、生産方法の3つを大きく改善したことで、とても満足のゆ …
ミルクティやカカオを連想する甘い香り、甜香 白毫銀針を発売
甜香 白毫銀針を発売しました。甜香とは甘い香りという意味です。この商品は白茶でありながら紅茶のような仄かな甘い …
珍しい白茶の茎茶、白茎茶を限定量発売!
白茎茶を発売しました。実はこのお茶、とても珍しい白茶の茎茶です。 お求めやすい値段設定になっておりますゆえ、白 …
やってはいけないお茶の3つの保存方法
お茶の保存に関してやってはいけない3つのお茶の保存方法について、説明したいとおもいます。 1. 冷蔵庫/冷凍庫 …

PAGETOP