• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化

蜜香紅茶
今回雲南省産の蜜香がする紅茶を発売しました。ただ、今回発売した雲南蜜香紅茶、雲南古樹紅茶 杏蜜香、共に私が販売している台湾の蜜香紅茶ほどに強い蜜香はしません。
むしろ、仄かに香る程度で、蜜香はむしろバックダンサー的な役割を担っております。同じ蜜香という名が付くお茶ですが、台湾の蜜香紅茶のように蜜香を前面におしだしたお茶ではありません。

蜜香の強さとお茶の質は概して反比例関係にある

実は私が雲南省で仕入れをしていた際は、もっと強力でインパクトのある蜜香を発しているロットの紅茶もありました。ただ、重要な点としては、蜜香が強くするお茶ほど、お茶の質自体は低下傾向にあります。
この理由を理解して頂くためには、蜜香の発生メカニズムを理解する必要があります。蜜香はウンカによる攻撃を受けた茶葉により作られます。虫の攻撃を受けた茶葉は、人間で言う抗体のような役割の物質を生合成します。この物質は生茶の状態では青々しい香りがしておりますが、発酵(酸化)することでマスカットのような香りのする物質へと変化します。

蜜香とウンカの関係
当然のことですがウンカをはじめとする昆虫類はは夏に向かうほど数が増えます。逆に、未だ肌寒い3月の頃はウンカの数はあまり多くありません。皮肉にも、茶葉の品質は春の一番早い時期ほど良く、夏に向かうにつれて質は低下します。つまり、蜜香のみを追い求めた場合、より遅くに摘まれたお茶がよく、逆に、質を追い求めた場合、より早い時期に摘まれたお茶が理想と言えます。
まさに、以下のグラフに示すとおり、蜜香の強度とお茶の品質は反比例関係にあります。
(注:下記のグラフは数値に基づいて作られたのではなく、私の経験をイメージ化したものです。)

蜜香と品質の関係

以上の事実から、蜜香を売りとしている東方美人やダージリン2ndフラッシュのマスカテルタイプのお茶は6月に摘まれます。その結果、味は早春に摘まれたお茶と比べるとやや荒削りな感じとなり、春摘み独特の軟らかな舌触りと喉に染み入るようなやわらかさは感じられません。

蜜香も大事だが最終的にお茶の質をより重視して仕入れを行う

今回、雲南蜜香紅茶を仕入れるに当たり、蜜香を重視するか、質を重視するか非常に悩みました。蜜香を重視して4月に摘まれたお茶を選んだとしても、原料に自然栽培茶を使用しているだけに満足の行く品質はえられます。ただ、やはり3月の1番摘み摘み茶を飲んだとき、味の良さに圧倒されました。やはりお茶は飲んだときの満足感が重要だと思い、蜜香は弱めですが今回は3月摘みの一番茶を仕入れました。

蜜香に影響を与える他の要素

尚、蜜香の強度(感じられる度合い)は使用する水によって大きく変わります。水に含まれるカルシウムの量などが関係し、同じお茶でも使用する水によって蜜香が強く感じられたり弱く感じられたりします。蜜香があまり感じられないときは、よりボディが強めの水(カルシウム量が多め)を使用してみると良いかもしれません。また、東方美人と同じく、蜜香の強さはお茶の保存期間によっても変化します。一般的に多少長めに保存した方が蜜香は強くなる傾向にあります。

 

今回仕入れた雲南省のお茶は、蜜香という観点だけからすると、穏やかな香りですが、早摘みの質の高い原料を使って作られているため、とても飲み応えがあり、満足の行く品質だと感じております。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

舘正規作の信楽荒土急須、冷まし、フリーカップが入荷
三重県四日市市の急須作家、舘正規氏作、HOJOオリジナルの信楽粗土で制作した急須、冷まし、フリーカップを発売し …
マレーシアで5年以上熟成さたビンテージプーアル茶2種を発売
マレーシアで長期熟成した2種類のお茶を発売しました。常夏のマレーシアでは熟成が早く進むことから、ビンテージ茶特 …

最新の記事 NEW ARTICLES

舘正規作の信楽荒土急須、冷まし、フリーカップが入荷
三重県四日市市の急須作家、舘正規氏作、HOJOオリジナルの信楽粗土で制作した急須、冷まし、フリーカップを発売し …
マレーシアで5年以上熟成さたビンテージプーアル茶2種を発売
マレーシアで長期熟成した2種類のお茶を発売しました。常夏のマレーシアでは熟成が早く進むことから、ビンテージ茶特 …
台湾烏龍茶のスペシャルグレードを限定で発売
2019年の春、台湾に仕入れに行った際、定番商品に加え、際だって印象に残った3種類のお茶を仕入れました。毎年リ …
紫茶単株プーアル生茶の限定販売
紫茶の単株茶(たんしゅちゃ)を発売しました。単株茶とは、一本のお茶の木のみから作られたお茶のことです。紫茶は稀 …
標高2300mの野生化した自然茶園産のプーアル生茶、白岩山高山茶
白岩山高山茶というプーアル生茶を発売しました。このお茶は2300mという非常に標高の高い地域にある、野生化した …
在来種と品種物のお茶の驚くべき違い!
お茶には、「挿し木で増やされる品種物」と「種から蒔かれる実生のお茶」の2種類があることをご存じでしょうか? 品 …
台湾三希の牙白シリーズ磁器を2種類新発売
台湾三希より新しい商品を仕入れました。 今回新たに追加したのは、大型の茶壺(急須)とやや大きめの茶杯です。 h …
プーアルジャスミンパールを品質アップグレードして発売
HOJOのオリジナルのお茶、プーアルジャスミンパールを品質アップグレードして再発売しました。長年のプーアル茶と …
プーアル茶は開封後1週間位で甘い香りが形成される
HOJOのプーアル茶は開封直後に直ぐ飲むよりも、封を開けて、最低1週間くらいおいてからの方が香りが遙かに強くな …
とにかく余韻が好きと言う人にお勧めのプーアル茶、大茶林古樹生茶を発売!
大茶林紫茶と大茶林古樹生茶の2種類のプーアル茶を発売しました。大茶林古樹生茶は高級プーアル茶の代名詞である単株 …

PAGETOP