世界で一番おいしい紅茶はどれだと思いますか?こんな質問をすると、お茶の美味しさは主観的なので「おいしい」の規準は人それぞれという声が聞こえてきそうです。そこで、私が思う、世界一美味しい紅茶を紹介したいと思います。

一番おいしいお茶は何かと考えたばあい、紅茶の歴史を見ることでその答えをかいま見ることができます。

 

西暦1000年頃の宋の時代は緑茶の製法が開発されました。そして、その500年後の明の時代になると、発酵茶の技術が発達しました。

1600年頃には、福建省を中心に紅茶が作られるようになりました。言わずとしれた正山小種(ラプサンスーチョン)です。

これらのお茶は発酵に加えて、低温長時間の火入れ熟成が行われ、フルーツを想像するようなあまい香りが特徴のお茶です。

 

明の時代に脚光をあびたのは武夷烏龍茶と鳳凰単叢烏龍茶のような高度な製茶技術とフルーティな香りがとくちょうの烏龍茶でした。

同時期に、同地域で生産された正山小種にかんしても、これら烏龍茶の製法が模倣されていることから、同じような高い完成度のお茶だったにちがいありません。

煙臭いというイメージがつよい正山小種ですが、元祖の正山小種は果物のような香りがしていたはずです。

 

正山小種の製法を模倣して作られたキームン紅茶

福建省で発達した紅茶は、世界にも紹介され、その需要はいっきに拡大しました。これにより、福建省だけでは紅茶の供給がまにあわなくなり、その結果、安徽省のキームンでお茶が開発されました。

キームン紅茶と正山小種はなにかと共通点がありますが、これはキームンが正山小種の製法をまねて作られていることにきいんします。

また、現在でもキームン特貢やキームン極品など、上の品質になるほどに、フルーツの香りが強く感じられます。

そのキームン紅茶の製法を改良して作られたのがダージリンティ、そしてセイロンティと続きます。

つまり、紅茶の歴史の中で、全てのお茶のモデルになっているのは正山小種の製法です。

 

現在一般的に流通している正山小種と言えば、煙臭い紅茶ですが、元々のお茶がただ煙り臭いだけだったらキームンを始めとする他産地が模倣するはずがありません。正山小種の「正山」とは、本物の、正真正銘のという意味です。世の中に多くの模倣品が出たからこそ、この様な名前が付いたそうです。

 

本場、星村に存在する極上の正山小種

実は武夷山の星村鎮桐木に行くと、昔の正当派、正山小種を思わせる超高級茶が存在します。

烏龍茶のような長時間の萎凋を技術を伴う発酵に加え、低温で数十時間に及ぶ火入れ熟成が行われており、まるで鳳凰単叢烏龍のような甘いフルーツの香りがします。その香りは余りにフルーティ過ぎて紅茶と言うよりも烏龍茶を飲んでいるようです。

このお茶を飲むと、なぜ正山小種がイギリスで大ブームになったのか、なぜ、多くのお茶が正山小種の製法を真似ようとしたのか、全てが一瞬で理解できます。

残念ながら、値段が恐ろしく高すぎて私も未だ仕入れたことがありません。1kgが数十万円します。ただ、いつかは仕入れたいと願っており、今年の目標の1つです。

個人用に購入した茶葉がありますので、参考までに写真を添付致します。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …

最新の記事 NEW ARTICLES

佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …
ほのかに香る蜜香が特徴!標高2300m付近の自然栽培茶による高山白茶を発売
高山白茶を発売しました。このお茶は標高2100m〜2300mの高地で摘まれた1芽2葉のお茶から作られた白茶です。味がやわらかく、草木、紫蘇、蜜、桃を連想するような爽やかな香りが特徴のお茶です。 茶園が村から離れているため …
標高2000mにある樹齢数百歳の自然栽培茶、古樹白茶2021を発売
古樹白茶2021を発売しました。 力強い余韻と、花やハーブのような甘い香りがするお茶です。 原料の質は白茶の品質の要 一般的に白茶と言えば福建省産がよく知られております。ただ、福建省の白茶は、製茶技術こそ非常に素晴らしい …
プーアル茶の当たり年!2019年産の宮廷金毫を発売
宮廷金毫2019を発売しました。2019年は当たり年と言うことも有り、乾燥フルーツ香がしっかりと感じられ、質の良いお茶に仕上がっております。 https://hojotea.com/item/d41.htm 熟茶の質は生 …
佐渡島渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須・茶壺を発売
佐渡島の渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須と茶壺を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka.htm ふくよかさと後味を強化する野坂粗土 野坂粗土の酸化焼成は、ふくよかさ( …
知ってますか?発酵食品とお茶の発酵の違い
紅茶や烏龍茶は「発酵茶」と表記されますが、実際のところ、発酵食品なのでしょうか? 本コラムでは、お茶と一般的な発酵食品の違いについて詳しく説明したいと思います。 一般的な発酵食品とは 一般に発酵食品といえば、生産に微生物 …
松林大樹茶園 単株古樹生茶2019を限定量のみ発売
2019年産の単株プーアル生茶、松林大樹茶 単株生茶 2019 を発売しました。 このお茶は、松林の間にひっそりと自生する、樹齢300歳越えの大木から収穫された単株生茶です。 日陰の木のみ選んで収穫していることから、日陰 …
古樹白茶:7種類の茶園の飲み比べセットを期間限定で予約販売
茶園ごとに包装した古樹白茶の飲み比べセットを予約販売します。 ブレンド前の今の時期のみ可能な、限定のセットになります。 農家に白茶の正しい作り方を指導することで原料と加工の質を両立 雲南省には、標高の高い茶園、樹齢の古い …
標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …

PAGETOP