武夷山に今も存在する2つのラプサンスーチョン

[2013.10.30] Posted By


ラプサンスーチョン(正山小種)といえば、イギリスの紅茶ブームの火付け役でもあり、紅茶に関わる多くの人の興味の中心となるお茶だと思います。ラプサンスーチョンと聞くと、正露丸のような香りがするお茶のイメージがありますが、実際にはいろんな種類が存在します。もっとも高級なグレードになると、甘いフルーツの香りがし、煙の香りはしません。ただし、煙の香りがするタイプも桐木村で製造されており、今ではどちらのタイプも伝統的なラプサンスーチョンとして認知されているのが現状です。

一般的に知られているラプサンスーチョン

一般的な知識として、松の木を燃やして茶葉を急速に乾燥したのがラプサンスーチョンが開発されたきっかけと書かれております。事実、ラプサンスーチョンには独特の煙臭さがします。松の木を燃やす際に発生する松の精油分が茶葉に染みこむためです。ただし、上手に作られたラプサンスーチョンの場合、ただ煙臭いだけではなく、同時に乾燥ナツメのような甘い香りがし、お茶をいれたあとの茶殻はオレンジ色をしております。

ただ、不思議に思いませんか?
なぜ、煙臭い、ラプサンスーチョンがイギリスの王室でもてはやされ、女王にも愛飲されたのでしょう?

まるでフルーツのような香りのラプサンスーチョン

上記疑問への回答ですが、実際に武夷山の桐木村を訪ねると、煙臭いタイプのラプサンスーチョンに加え、フルーツのような甘い香りがするタイプも存在します。武夷山桐木村の生産者にとってはどちらも「伝統的な」ラプサンスーチョンなのです。フルーツの香りがするタイプは、甘い蜜のような香り、乾燥フルーツのような香り、花の香りに加え、文字通り乾燥龍眼のような香りがします。一番最初の時点でイギリス王室を虜にしたラプサンスーチョンというのは、おそらくこのタイプだったのだろうと推察されます。

煙の香りがするお茶が作られるようになったのは1800年以降

実際、中国におけるお茶の専門書や桐木村の生産者からの情報によると、煙の香りをつけるようになったのはかなり後期の事であり、この方法はラプサンスーチョンの需要が拡大した1800年以降に発展したと考えられます。その証拠に、1800年代にラプサンスーチョンの代替として開発されたキームン紅茶の高級グレードになると、松の香りはせず、代わりにフルーツの香りがします。特にキームンの特貢グレードになると、フルーツ香のするラプサンスーチョンとかなり近い香りがします。もし当時から松を燃やす製法がとられていたとすると、ラプサンスーチョンの代替えとして開発されたキームン紅茶も、同じく正露丸のような強い煙香がするはずです。

もともと工夫烏龍茶の製法から派生したラプサンスーチョンの製法

桐木村で1800年以前から続いている紅茶の製法では、発酵・乾燥した荒茶を100℃以下の低い温度で長い時間炭焙します。低い温度で熱を加え続けることで熟成香であるフルーツの香りが形成されます。原理的には鳳凰単叢烏龍や武夷烏龍の作り方と全く同じで、特徴的なフルーツの香りは低温長時間の炭焙技術により作り上げられます。

2種類のラプサンスーチョンを発売

今回、2種類のラプサンスーチョンを発売しました。何れも本物にこだわり、桐木村産の原料のみを仕入れました。

  1. 正山小種
  2. 正山小種 小赤甘

正山小種の名称の商品は、一般的な煙の香りがするタイプです。尚、正山小種小赤甘については、龍眼のような甘いフルーツの香りがするタイプです。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

佐渡島渡辺陶三氏作の無名異焼各種を発売
渡辺陶三氏作の茶器が大量に入荷しました。今回は仕上がりが非常に良く、また、味の点でも非常に満足できる内容です。 …
桃のようなフルーツ香が凄い!正山小種 奇種を発売
正山小種 奇種という名称のお茶を発売しました。HOJOの正山小種(ラプサンスーチョン)の中で最も高級なお茶にな …

最新の記事 NEW ARTICLES

佐渡島渡辺陶三氏作の無名異焼各種を発売
渡辺陶三氏作の茶器が大量に入荷しました。今回は仕上がりが非常に良く、また、味の点でも非常に満足できる内容です。 …
桃のようなフルーツ香が凄い!正山小種 奇種を発売
正山小種 奇種という名称のお茶を発売しました。HOJOの正山小種(ラプサンスーチョン)の中で最も高級なお茶にな …
珍しいジャスミン茶!茉莉野生白芽茶を発売
茉莉野生白芽茶という、HOJOオリジナルのジャスミン茶を発売しました。茉莉とはジャスミンことです。おそらく世界 …
ダージリン、正山小種小赤甘など新茶数種類を発売
数種類の新商品を発売しました。今回発売したのは以下の4種類です。 天池梨山茶 軽焙 文山包種茶 正山小種 小赤 …
タンニンだけじゃない!お茶の渋味の本当の原因
お茶の渋味=タンニンというのがお茶業界では常識のように考えられておりますが、実はタンニンを原因とするお茶の渋味 …
標高2100mの老木から作った古樹白茶を発売
古樹白茶を発売しました。このお茶は文字通り、老木から1芽2葉で摘んだ茶葉で作った白茶です。華やかなフレーバーと …
白樹の自然栽培茶、鳴鳳山古樹生茶2019を発売
鳴鳳山古樹生茶2019(めいほうさん)を発売しました。鳴鳳山は突出して樹齢の高いお茶の木が多いことから、臨滄地 …
お茶とタピオカのプロが教える美味しいタピオカドリンクの作り方
私は「お茶の専門店HOJO」を起業する以前は食品メーカーにて技術系の仕事をしておりました。当時私が関わった仕事 …
美味しい水出し茶の作り方とお勧めのお茶
暑い季節に最適の水出し茶の作り方と、水出し茶にお勧めするお茶を紹介したいと思います。 水出し茶には専用のお茶で …
標高とお茶の品質の深い関係
お茶の品質を決める非常に重要な要素の1つが茶園の標高です。その割に、世の中では茶園の標高が余り注目されてないよ …

PAGETOP