ダージリンティ

[2021.07.18]
標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売

ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …

[2021.05.16]
2021年の中国緑茶(龍井茶・蒙頂甘露)とその他数点のお茶を発売

2021年産の新茶と、その他お茶を数種、発売しましたのでお知らせいたします。 獅峰龍井茶 2021 有名な産地と言うことも有り非常に高額なお茶ですが、とても素晴らしい仕上がりになっております。 本商品は実生のお茶「群体種 …

[2021.04.25]
2021年のお茶の状況:生育状況、品質、値段など

2021年のお茶の状況をお知らせします。 今年はインド、ネパール、中国、台湾において、2月から今に至るまで非常に乾燥した状態が続いており、お茶の成長が極端に遅れております。 私が各産地の状況を確認したところ、今年の収穫量 …

[2018.01.25]
なぜダージリンティの香りは華やかなのか?

ダージリンティは独特の香りがあり、この香りゆえに多くのファンを有します。このダージリン紅茶特有の香りですが、製法が深く関係しております。言い換えるなら、同じような製法で作れば、他の地域産のお茶でもダージリンティに近い香り …

[2018.01.11]
中国紅茶によくある工夫紅茶とはどのような紅茶を意味する?

中国茶関連の書籍には工夫茶(中国語では功夫茶)という名称が良く用いられております。ただ、工夫茶の意味に関しては、割と曖昧で深く理解されていないのが実情かと思います。例えばキームン紅茶は工夫紅茶と言われますが、何がどう工夫 …

蜜香紅茶
[2014.06.29]
反比例関係にある蜜香と紅茶の品質

今回雲南省産の蜜香がする紅茶を発売しました。ただ、今回発売した雲南蜜香紅茶、雲南古樹紅茶 杏蜜香、共に私が販売している台湾の蜜香紅茶ほどに強い蜜香はしません。 むしろ、仄かに香る程度で、蜜香はむしろバックダンサー的な役割 …

ダージリンファーストフラッシュ シンブリティンリン
[2014.06.02]
ダージリンを代表する人気の銘柄、シンブリ、ティンリン

シンブリというとダージリンの中でも歴史と名声を併せ持つ茶園です。シンブリの中にはティンリン地区(Ting Ling)というエリアがあります。この地域はダージリンの中でも高品質のお茶が出来る点で高い名声を誇っており、ダージ …

ダージリンファーストフラッシュ
[2014.05.29]
ダージリンファーストフラッシュ Marionbarie発売

ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 それぞれの特徴を2回に分けて紹介したいと思います。 マリオンバリーエステート 今回紹介するのはマリオンバリー、英語ではMarionbarieと書きます。 バリーは谷の …

[2013.09.20]
渋味が無くやわらかなダージリンセカンドフラッシュにびっくり!

しばらく前にダージリンの2ndフラッシュを発売したのですが紹介し忘れておりました。 私はこれまであまり2ndフラッシュは少し苦手としておりました。と言うのも、暖かくなってから摘まれることが多い2ndフラッシュの場合、渋味 …

リシーハット
[2013.05.23]
ダージリンリシーハット茶園2013年産のファーストフラッシュ入荷

この春、2013年に仕入れたダージリンファーストフラッシュの1つにリシハットのエニグマという銘柄があります。リシーハットはIMOとJAS認証の有機茶園です。 商品銘柄のEnigmaとは英語で謎や神秘を意味する言葉です。言 …

PAGE 1 OF 4

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …
雲南省樹齢100歳以上の無農薬無肥料の白茶-白牡丹2021を販売
雲南省の自然栽培の老木から作られた白牡丹を発売しました。 雲南省の自然栽培茶 HOJOでは2007年から2014年頃まで福建省の白牡丹を取り扱っておりました。 ただ、福建省の白茶は、どの茶園も基本慣行栽培であり、肥料が多 …

人気記事ランキングダージリンティ

PAGETOP