四川・広西壮族自治区の出張から戻りました。

[2012.06.09] Posted By

約10日間弱の中国出張から戻りました。
今回の出張では以下の3つの地域でのお茶の探索を目的でした。
1.四川昇名山地域の蒙頂山周辺で生産される緑茶及び黄茶
2.広西壮族自治区の凌雲鎮で生産される紅茶・緑茶
3.広西壮族自治区の悟州、六堡鎮で生産される六堡茶
今回は訪れたタイミングがやや遅かったこともあり、私が求めている明前~4月の上旬に収穫された一番良いグレードのお茶は残っている量がかなり限られておりました。それでも10種類以上のお茶を仕入れることができたので、急ぎ、HPの製作をしているところです。
今回の出張で感じた点ですが、四川や広西も有名な産地の多くが観光地化しており、茶園を視察すると、生産者の意識が品質ではなく量へ傾いていることを感じました。
茶葉が青々としており、葉のサイズが大きく、表面がワックスを塗ったように光っているのは窒素肥料が入った茶園の典型で、毎年深刈り剪定も行われていることを意味しております。
日本の一般的な茶園では当たり前に行われている管理手法ですが、この方法ではお茶の木はどんどん生長しようとするためにポリフェノールが少なく、ミネラルの薄いお茶になります。
IMG_2203.jpg
同じ茶園でも緑の茶葉と黄緑の茶葉がある場合があります。このような違いを目にした際は、その理由を解明することが重要と考えております。因みにこの茶園では、山羊の糞から作られた堆肥が施肥されておりました。通路からの距離、肥料のやり方の不均一性が、お茶の成長に影響しており、その結果茶葉の色にも反映しております。黄色の茶葉の方が遙かによい味がしました。
R0010935.jpg
静岡でも当たり前の風景ですが、枝刈りをした茶園。こうすると新芽が勢い良く伸びるために収量が増えます。同時にミネラル分が少なく、香りの弱いお茶が出来ます。
私はお茶はゆっくり成長すればするほど良い品質が出来ると信じております。
お茶をゆっくり成長させるためには、有機・無機に関係無く窒素肥料を与えないこと、剪定を行わないこと、そして粘土質の土壌が重要となります。
このような条件で育ったお茶は、栄養不足から、色が黄色くなり、茶葉も非常に小さくなります。
同時に細胞がきめ細かくなり、芽が太くしっかりとし、このようなお茶から作られ他お茶は味が濃く、香りも深くなります。
IMG_2241.jpg
この写真の木は若い木ですが完全自然栽培で作られているお茶です。お茶の木が植えられて数年は濃い緑の葉を作り出しますが、7−8年継続的に自然栽培を実施することで茶葉が小さく黄色く変化します。この黄色い茶葉はお茶が自然の木に戻ろうとしていることを示しており、その美味しさは格別です。
黄色く小さな葉のお茶は自然栽培を実施している農家しか作る事が出来ません。
青々とした緑の茶葉から作られ他お茶は、現地に行きさえすれば誰にでも買うことが出来ますが、小さな黄色のお茶から作られ他お茶を仕入れるためには、色んなノウハウが必要です。
今回仕入れたお茶は全てが無農薬は勿論、自然栽培の茶園を限定して探したことで、深い喉越しのお茶を選択的に仕入れることが出来たと思います。
R0010888.jpg
四川省の緑茶:現地ではグラスに直接入れて出してくれます。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP