急須のサイズと湯の温度の関係

[2017.11.22] Posted By

急須のサイズは色々有りますが、大きさによって冷える速度が違うことをご存じでしょうか?

急須の体積が小さくなるにつれて温度は下がりやすくなる

これは体積に対する表面積の割合(比表面積)は体積が大きくなるほど小さくなるという法則がゆえです。急須のサイズが小さくなるほどに急須内面の表面積比が増えるため、その結果、より水が急須の内面と接地する面積が増え、それによって温度が下がりやすくなります。つまり、小さな容積の急須は湯の温度が下がりやすく、逆に大きな急須になればなるほど、お湯の温度が下がりにくくなります。

初心者には大型の急須がお勧め

慣行栽培の日本茶は苦味が強いため、苦味の原因であるカフェインが抽出されにくいとされる80℃以下まで湯の温度を冷やしてからいれる方法が一般的に紹介されております。但し、烏龍茶茶、紅茶を初め、低肥料、無肥料栽培のお茶は、もともと苦味が少なく、温度を下げてお茶をいれる必要がありません。逆に、お茶の味香りを安定化させ、茶葉内に多く含まれるポリフェノールや香気成分をより効率的に抽出するために、出来るだけ高い温度でいれることが重要になります。高い温度でいれると言っても、意外に簡単ではなく、茶器を加熱したり、茶葉に湯通しして加熱するなど様々な淹れ方のテクニックが求められます。このような事情から、初心者には大型の急須がお勧めです。前述したとおり、大型の急須は湯の温度が下がりにくいため、お茶をいれるのに不慣れでも湯の温度が高く維持され、無意識にお茶が美味しくはいります。もちろん、小さな急須も適切な技術を習得すれば非常に簡便な道具です。
https://hojotea.com/jp/posts-1029/

急須のサイズと温度低下の関係を実験

上のビデオは同じ素材(佐渡島の秋津無名異急須 酸化焼成)の異なる容積の急須に沸騰水を注ぎ入れ、1分間静置した後の温度を比較した実験です。右から体積が100ml, 140ml, 300mlの順番です。小型の急須と大型の急須では6℃の開きがありました。
沸騰した湯をそれぞれの急須に注ぎ、一分後に温度を計測しました。注ぎ出す瞬間に一瞬温度が冷えるため、最初、少量の湯を捨ててから注ぎ始めました。尚、実験に用いた急須は予熱しておりません。

100ml 79℃
140ml 83℃
300ml 85℃

実験を行った部屋は暖房が効いており非常に暖かい環境でした。寒い室内で同じ実験を行った場合、温度は更に10℃以上下がると思われます。急須や茶葉の予熱を行わない場合、思っている以上に温度が下がりやすい事を理解しておく必要があります。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

台湾三希製の茶漉し付マグカップ販売
台湾の三希製の磁器が何点か入荷しました。これまで品切れとなっておりました商品も入荷しましたので是非ご覧ください …
自然栽培のプーアル熟茶、火草山産の宮廷金毫2018販売開始
プーアル熟茶ファンに朗報です。HOJOの熟茶の中でも絶大な人気のある火草山から作られた宮廷金毫 2017を発売 …

最新の記事 NEW ARTICLES

台湾三希製の茶漉し付マグカップ販売
台湾の三希製の磁器が何点か入荷しました。これまで品切れとなっておりました商品も入荷しましたので是非ご覧ください …
自然栽培のプーアル熟茶、火草山産の宮廷金毫2018販売開始
プーアル熟茶ファンに朗報です。HOJOの熟茶の中でも絶大な人気のある火草山から作られた宮廷金毫 2017を発売 …
自然栽培プーアル生茶、烏木龍古樹生茶2018を販売開始
烏木龍古樹生茶(ウームーロンこじゅなまちゃ) 2018を発売しました。このお茶は2018年産のプーアル茶の中で …
鳳凰単叢烏龍茶7種発売。知名度の低い名称のお茶がおすすめな理由
鳳凰単叢烏龍茶2017産を多数発売しました。鳳凰単叢烏龍茶は仕入れた直後よりも暫く熟成した方が香りも味も良くな …
中国茶の王様とも言える鳳凰単叢烏龍茶
烏龍茶というと台湾の烏龍茶を思い浮かべる人が多いかと思います。事実、HOJOの烏龍茶の中でも台湾の烏龍茶は非常 …
屋台食べ歩きと烏龍茶ファンの聖地、潮州
潮州の鳳凰鎮に仕入れに行ってきました。潮州と言えば鳳凰単叢烏龍茶の産地です。潮州へは必ず毎年行き、現地にて仕入 …
无量山古樹生茶2018(プーアル茶)販売開始
人気のプーアル生茶无量山古樹生茶2018の餅茶 200gを発売しました。今年は餅茶に加工した際に、乾燥方法を一 …
中国茶好き必見!高級ジャスミン茶の作り方
これまで数回に分けてジャスミン茶について特集してきましたが、今回はジャスミン茶がジャスミンの花の産地である広西 …
嘘のようにお茶が美味しくなる工夫式のいれ方
工夫式のいれ方について、よく質問を戴くため、あらためて、工夫式で美味しくお茶をいれる方法を紹介したいと思います …
中国茶で人気の安渓産鉄観音 中焙火の販売を開始
中国安渓の鉄観音の中焙を発売しました。品質と日本の農薬基準の両方を満たす商品が見つからず、これまで長年にわたり …

PAGETOP