銀の急須はお茶の味にどう影響するのか?銀の長所と短所

[2021.02.03] Written By


近年、海外のお茶愛好家の間で銀の急須が流行っております。
銀の急須は見た目が非常に豪華ですが、味の点では注意が必要です。
本コラムでは、銀の急須がお茶の味にどう影響するか解説します。

銀器は毒殺を未然に防ぐ役割も!

銀器はヨーロッパを中心に昔から使われておりました。銀のポットなどは映画のシーンなどでもよく見かけますね。

銀器は高価なため、財力の象徴でもありましたが、銀器が好まれたもう一つの理由として、ヒ素による毒殺を察知できたためとも言われてます。ヒ素は無味無色無臭で水溶性ですが、銀器に料理を盛り付けた際、銀が黒変することで、ヒ素の混入が検知できたという話です。実際にはヒ素と銀が反応していたわけではなく、当時のヒ素には不純物である硫黄化合物が含まれており、それが銀と反応していたそうです。

アジア海外における銀急須のブーム

近年の銀急須のブームの発端は、私が知る限り、日本の東京銀器の急須の影響が非常に大きいと思ってます。
2010年くらいから、東京銀器の急須などが台湾の茶藝雑誌で盛んに紹介されるようになり、台湾の富裕層のお茶愛好家に支持されておりました。銀器は見た目が非常に美しく、写真映えも素晴らしく良い事から、瞬く間にその存在が認知され、それが東南アジアや中華圏での銀器ブームに火を付けました。更に、近年になり、更に欧米のお茶愛好家の間でも認知度が高まった感じです。

因みに、現在世界に流通している銀器は日本製もありますが、多くは中国製です。中国製と言ってもかなり質が高く、細部まで非常に精巧に作られている印象です。

銀器でいれたお茶の味の特徴

銀の急須のお茶への影響ですが、最大の特徴はボディ(ふくよかさ、広がり)を非常に強力に高めることです。

しかしながら、同時に銀器は後味(余韻、コク)を完全に消し去ります。

また、舌にこびりつくような(膜を張るような)渋味を呈するのも銀器の特徴です。

このような銀器の味の特徴は銅と非常に似ております。

多くの人は意識してないかと思いますが、味には横の感覚と縦の感覚があります。

横の感覚はふくよかさ、ボディ、味や香りの広がりを指します。この感覚は中国語では口感と呼ばれ、英語ではBodyです。

一方、余韻(後味、コク)は縦の感覚、奥行きを指します。この感覚は中国語では回甘、英語ではAftertasteです。

詳しくは上のイラストをご覧ください。

銀器が紅茶を美味しくすると感じられる理由

質の低いお茶は元々余韻が殆ど無いため、銀が余韻を消すとは言え、無い余韻はそれ以上減りません。銀器でいれても、ゼロの余韻はゼロのままゆえ、失うものはありません。

一方銀急須でいれた場合、ボディが増すため、お茶の質が上がったように感じられます。

渋味に関しても同じで、質の低いお茶の多くは春摘みではありません。この為、お茶自体が渋味を呈するため、銀器で生じる渋味は余り気になりません。

このような事実から、質の低いお茶を飲んでいる人が銀器を使うと、お茶の質が上がったかのように感じられます。銀器でボディ(味・香りの広がり)が高まる事で、特に紅茶はとても華やかに感じられます。例えば一般的なダージリン、アッサムやセイロンティは茶葉自体の余韻が軽いため、銀器で質が上がったと感じる人は多いはずです。

質の良いお茶に銀器を使うと余韻が消滅

しかしながら、質の高いお茶は余韻を楽しむものです。
中国や台湾で高級茶と呼ばれるお茶は例外なく、余韻と値段が相関関係にあります。より高いお茶を求めると言うことは、余韻に対してお金を支払っていると言っても過言ではありません。

これはお茶だけにとどまらず、料理も同様で、良い素材にはコクがあります。美味しいスープにはコク(後味)がありますよね?

これらの質の良いお茶や料理に銀器を使用した場合、最も大事な余韻が消え去るため、幾ら味の広がりを増幅しても、素材の価値が失われます。
また、感度の鋭い人は、銀器によって生じる渋味も気になるかとおもいます。

以上の理由から、お茶を販売する私の立場からすると、HOJOのお茶を飲む際は銀器はお勧めいたしません。HOJOではお茶の余韻を非常に重要視してお茶選びをしているためです。私が現地まで赴いてお茶探しをしているのも、余韻の長い後味の濃いお茶を探すためです。

例えば、HOJOの商品の中でも鳳凰単叢老欉やプーアル茶の単株茶は、ひときわ余韻が長いお茶です。もし、これらのお茶を銀器でいれた場合、余韻は見事に消え去り、量産品に近い味香りへと変化してしまいます。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …

最新の記事 NEW ARTICLES

佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …
ほのかに香る蜜香が特徴!標高2300m付近の自然栽培茶による高山白茶を発売
高山白茶を発売しました。このお茶は標高2100m〜2300mの高地で摘まれた1芽2葉のお茶から作られた白茶です。味がやわらかく、草木、紫蘇、蜜、桃を連想するような爽やかな香りが特徴のお茶です。 茶園が村から離れているため …
標高2000mにある樹齢数百歳の自然栽培茶、古樹白茶2021を発売
古樹白茶2021を発売しました。 力強い余韻と、花やハーブのような甘い香りがするお茶です。 原料の質は白茶の品質の要 一般的に白茶と言えば福建省産がよく知られております。ただ、福建省の白茶は、製茶技術こそ非常に素晴らしい …
プーアル茶の当たり年!2019年産の宮廷金毫を発売
宮廷金毫2019を発売しました。2019年は当たり年と言うことも有り、乾燥フルーツ香がしっかりと感じられ、質の良いお茶に仕上がっております。 https://hojotea.com/item/d41.htm 熟茶の質は生 …
佐渡島渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須・茶壺を発売
佐渡島の渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須と茶壺を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka.htm ふくよかさと後味を強化する野坂粗土 野坂粗土の酸化焼成は、ふくよかさ( …
知ってますか?発酵食品とお茶の発酵の違い
紅茶や烏龍茶は「発酵茶」と表記されますが、実際のところ、発酵食品なのでしょうか? 本コラムでは、お茶と一般的な発酵食品の違いについて詳しく説明したいと思います。 一般的な発酵食品とは 一般に発酵食品といえば、生産に微生物 …
松林大樹茶園 単株古樹生茶2019を限定量のみ発売
2019年産の単株プーアル生茶、松林大樹茶 単株生茶 2019 を発売しました。 このお茶は、松林の間にひっそりと自生する、樹齢300歳越えの大木から収穫された単株生茶です。 日陰の木のみ選んで収穫していることから、日陰 …
古樹白茶:7種類の茶園の飲み比べセットを期間限定で予約販売
茶園ごとに包装した古樹白茶の飲み比べセットを予約販売します。 ブレンド前の今の時期のみ可能な、限定のセットになります。 農家に白茶の正しい作り方を指導することで原料と加工の質を両立 雲南省には、標高の高い茶園、樹齢の古い …
標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …

PAGETOP